学生からの婚活

先日、SNSで「学生で婚活」という話題に触れてみたところ、とてもたくさんの反響があって驚きました。

現代では、20代で結婚相談所へ入会することも普通です。

「そんなに焦らなくても、そのうち出会いがあるから大丈夫・・・」

といった感覚では、いずれ希望する条件の結婚相手が得にくくなるのを、若い方達の方が良く知っているのかもしれません。

mrht.jpg


情報化社会を生きるSNS世代にとってはこれまでは知る由もなかった、一回り、二回りも上の世代の「婚活事情」をスマホ一つで得ることができるのです。

就職活動婚活も同時進行で・・・人生の大きな選択であるこの二つを両立するのはとても大変です。

結婚相談所に入会して、仲人カウンセラーと二人三脚で婚活を進めていくのも良い選択だと思いますが、まずは婚活の情報収集ということで無料相談を活用して頂ければと思います。

まだ学生の皆様は、新しいサービスと情報を使って賢く将来設計を進めてくださいね。

継続は力なり! ですね

トイレ掃除をすると、運気が上がる?と言われていますね。確かに汚れていたトイレをピカピカにすると気分がいいものです。

 

そして、何か滞っていた事もすぅ~っと流れて行く気もします。私事ですが、なかなか行動に移せなかった事も(領収書の帳簿付けとか・・・)、トイレ掃除をきっかけに「やる気スイッチ」をオンに出来るんです!

 

なので、最近なんとなく滞っているな...とお思いの方は今日さっそくトイレ掃除してみましょう・・・という訳でもないのですが、「やる気スイッチ」をオンにする、自分なりの方法があれば良いのです。

 

大切なのは「気分が乗らない時」でも、自身で気分をコントロール出来る「術」を持つ事です。みなさんは何か一つだけでも持っていますか? お気に入りのお店でちょっと贅沢な食事をするとか、漫画を大人買いするとか!?

 

婚活もその時々で気分に波が出来てしまうと、活動が継続出来なくなってしまって結果に結び付きません。

 

「あぁ、最近惰性で活動しちゃっているな...」と感じているなら、深刻な婚活疲れに陥らないようにリフレッシュしましょう♪


リフレッシュの一環というなら、私達「仲人カウンセラー」と一緒にパーティーを楽しむのもオススメですよ!


こちらは「秋の婚活パーティーin新宿」として11月3日(祝)の文化の日に新宿で開催します。婚活中の方も、これから婚活をスタートしたいとお考えの方も、ぜひご参加下さいね!

 

 

 

 

 

人生100年時代の婚活は?

最近シルバー世代と形容される60、70代での『恋愛』や『婚活』がよく聞かれるようになりました。結婚生活を何十年も営んで来て、パートナーに先立たれてしまった方が寂しさを感じて結婚相談所に入会したという話も聞きます。

 

シルバー世代の婚活では、「若い頃結婚に求めたも」のとは違うものを求めて、新しいパートナーを探しているのだと何かで読んだ覚えがあります。

シルバー世代の婚活から再婚された方のお話によれば、若い頃のように、「なにが何でも相手の人を手に入れたい!」という燃えるような感情ではなく、お互いの「個」を尊重する穏やかな感情をもって結婚生活を送っているそうです。

 

そんなゆったりとした関係性は、「人生の大ベテラン」にしか得られない領域なのかもしれませんが・・・?


シルバー世代ほどではなくても、年月を経て行くうちに「結婚に求めるもの」は変わって来るものだと思います。

 

その瞬間にのみ感じられる「価値」に囚われるのではなく、先々の事にも想像を巡らせてどんな関係性をパートナーと築いていくのか?じっくりと考えてみる時間を持ちたいものですよね!

 

人生100年時代と言われていますが、人生二度、三度目の「婚活」から結婚へ・・・そんな事も当たり前になってきている、私たちは今そんな時代の入り口に立っています。

 

代理で婚活もありなのです

テレビで、「代理婚活」の番組が放映されました。残念ながら見ることが出来なかったのですが...


その内容はというと結婚の「け」の字も見られない「我が子」に代わって、親同士でお見合いをするイベントの様子を追ったものです。

 

私は個人的に、これは「アリ」だな・・・と感じています。というのも、我々仲人がどれほど会員さんの事を理解していったとしても、一般的には彼、彼女の事を深〜く知っている人はご両親に敵うものはいません。

(もちろん仲人がご本人の婚活状況を客観的に捉える、という点も欠かせませんが・・・)

 

きっと、ご両親がアピールしたいとお思いの点は、仲人の我々がプロフィール欄に書けるPR文で全てカバーするのは難しいものがあります。

 

もし、強力な営業マンとして「婚活市場」へ婚活中の男女を売り込みに行くのが彼らのご両親だったら、どれほど頼りになるでしょうか?

 

もちろん、「代理婚活」の場では、男女共にご両親同士で紹介し合う事になります。もし結婚する事になったとしても、既に両家が「知り合いの間柄」であったなら、話もスムーズに進むというものです。

 

でも、これって昔ながらの・・・家同士のお付き合いから紹介を受けてお見合いへ、という古風なパターンでは?


しかし、現代は女性も男性も圧倒的に「待ち」の人が多く、「攻める」姿勢で婚活に臨む人が不足しています。


だから、「時代遅れなスタイル」と感じても、「代理」であったとしても、積極的にお相手を求める「エネルギー」は必要だと思うのです。

 

そんなエネルギーに溢れるご両親がおられましたら、私たち夫婦と作戦会議、しませんか? 

 

いまからスタートして、いつ頃までに何ができそうか? 具体性を持ったプランを一緒に考え、ご本人へ提案してみてはいかがでしょうか?

 

親から相談所への入会を「強〜く!」勧められて妻と「幸せな結婚」ができた私・・・だからこそ強〜くお薦めいたします。

 

 

価値観はきっと伝わります

お見合いの写真で、「普段は絶対に着ないジャンルの服を着る」ということに罪悪感がある・・・

 

だって嘘をついているみたいじゃない?

 

私も昔、撮りましたお見合い写真。当時は相談所の仲人さんが事務所の壁をバックにして、ちっちゃいデジカメで撮影〜! おおらかな時代でした。

 

紳士服の「アオキ」で前週に購入したばかりのスーツを着た私の姿は、仲人さんの目には「入学式」に校門で記念撮影をする学生のように映っていたことでしょう。

 

真新しい制服がまるで似合っていない・・・。

 

衣装に負けている? そんな空気はきっと写真にもしっかりと表れていたはず。(恥ずかしい・・・)

 

実際、スーツとは無縁な職場だったので、ネクタイなんて就職活動の時以来でした。

 

 

 

しかし、お見合い用の「プロフィール写真」ともなれば、ライバル?たちを蹴落とすため (実際は蹴落とされないため・・)

 

スーツで男らしさを演出したいのが人情でしょう。

 

日頃スーツでお仕事をしている男性たちのように「ビシっと」着こなすことなど出来ない私・・・。

 

付け焼き刃にもほどがあるのは重々承知でしたが、それであってもお見合いの場では、

 

「ビシっと」した格好をした方が有利・・・いや、お相手への礼儀としてするべきだ! 

 

と思ったからこそお金を握りしめ「アオキ」に走った私の「価値観」だけは判って欲しいのです。

 

「今はこんなだけど」もっと「こう」あった方が良い! というビジョンは、付け焼き刃

 

でも表現するべきです。

 

ああ 、こんな感じを「目指して」いるのね・・・と、ファッションの好み一つでも自分の価値観を認めてもらうところから

 

「お互いの理解」が始まるのですから。

 

初対面の時から「本物」でなくたってちっとも構わない・・・私はそんな風に思います。

 

 

 

 

 

 秋の婚活パーティーのご案内♫

いつの間にか9月もあと一週間ほど・・・今日は肌寒くて秋を実感しました。もうすぐ10月で秋本番! 

そんな、何をするにも良い気候で「婚活」だって活動的になりますよね。

 

今まであまり足を運んでいなかった「出会いの場」に出かけていくのはいかがでしょうか?

この秋、再び「美女会」が開催する婚活パーティーのご案内です。

 

多摩地区、新宿で開催された「夏の婚活パーティー」も盛況でしたが、衣替え?も終わっている季節に開催となるパーティーでは、また違った魅力を異性にアピールするチャンスです。

 

「ああ、やっと私が映える季節がやって来たのね♫」という方は是非ご参加ください。

 

パーティーの詳細は下記のとうりです。

 

 

 

 

 

 

※本パーティーについてお問い合わせの方、ご参加をご希望される方はHPの無料相談フォームからご連絡くださいね♫

あなたの匂い、数値化します!

 

お父さん、クサイ...? お年頃の娘からこんな風に言われるのは、年頃の父親の宿命ですが、額に汗して働いた分の臭さ(?)と加齢臭は、出来る事ならば別々に嗅ぎ取って頂きたいものです!(ムリか・・・)

 

せめて、臭さが数値化出来たら、えっ出来るの?...数値化。

 

実は、私が娘と妻から「お父さんクサ~い!」と言われないため欲しいのがこれ。

 

タニタ製 体臭測定器 「匂いチェッカー ES100」 です。

 

これは、気になる部位に当てるだけで簡単に臭いを測定出来ます。

 

人と接する仕事の方は、客観的に判断が出来るので安心!もちろん、婚活にも安心!

 

きっとお見合いやデートの準備でも強力な味方となるでしょう。

 

 

また、ストレスが高まっても体臭がきつくなるそうなので、夕方に毎日測定するのも健康管理につながりますよね!

 

 

 

女性にとっても、お気に入りの香水や柔軟剤の香りの強さを確認出来てこちらも安心ですよ。

 

まあ、私の場合は妻の嗅覚がとても鋭く、日頃から臭いについては厳しく 指導❤️されてるので、娘の「お父さんクサ~い」は、遠まわしな愛情表現だと受け取っておきましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

サバ婚・・・よかったです

ついに終わってしまいましたね。そう、ドラマ「サヴァイバル・ウエディング」・・・最終回はどうなるのかな?と一週間ワクワクしてました。

 

ストーリーとラストについては差し控えますが、結婚の理想と現実を目の当たりにしていく主人公が「何を優先するのか?」を見つけていくという流れは、リアルの婚活と一緒だなぁ〜と見入ってしまいました。

 

世界中の異性の中で、たった一人を選ぶのが婚活であれば、決して妥協はしたくないもの・・・で・も、選んだ時点では「まさに理想のお相手」だったとしても、結婚した後は必ず変わっていくものです。

 

生活の環境が変わり、ともに生活をする人が増えていき・・・お互いに対して持っている感情は時間とともに変化していくものです。

 

だから、どんなに一生懸命になってお相手を選んだとしても、その先に割くエネルギーの方が圧倒的に多くて・・・

 

結婚する相手は誰だって変わらない! などとは言いませんが、「結婚したい時にそこにいた人」という理由だけでも、その後の人生が実りあるものであったなら、十分「運命の出会い」だったと言える・・・そう思います。

 

 

 

 

 

 

「結婚したいと思ったタイミングが一緒だった彼女」と実際に結婚した私・・・一緒になってみて、後悔したことは一度たりともありません!

 

このご縁は、「他に替わるもののない宝物」だったと・・・人生最後の瞬間に、迷わず言えるように日々を過ごしていくのが大切なんだなぁ〜と思います。

婚活のやる気スイッチON!

こんにちは。9月は3連休が続いて、何か新しい事にチャレンジするのにとても良いタイミングですよね♫

 

今までどうしても二の足を踏んでしまっていた「婚活」だってそう・・・。

 

婚活を決意した方々は、この連休にもお見合いに、デートにとアクティブに活動しています。

 

年内には成婚したい・・・そんな強い意志を持ち、婚活をスタートするのにも丁度いい季節です! 

 

 

 

 

 

昔の話ですが、私が結婚相談所で初めて妻と出会ったのもちょうど今くらいの時期でした。

 

当時は、「何がなんでも年内に!」という強い気持ちを持っていた訳でもなかっ

たのですが、結果として妻と入籍したのはその年の12月でした。

 

今、振り返ってみると妻とは様々な点で「ご縁」があったのだと実感できますが、当時は初めて出逢ってから僅か2ヶ月での入籍で周囲も驚いていました。

 

でも、二人の仲を取り持ってくれた「仲人さん」の経験によるお相手とのマッチングと、「お見合い」という合理的な「出会いの場」では、そのスピード感溢れる成婚も、今考えてみれば十分に納得できるものでした。

 

 

最近は、無料カウセリングのお問い合わせもいただいており、皆さんの

 

「婚活やる気スイッチ?」ONになっているんだと実感しています。

 

 

 

 

 

 

 

幸福度が高いのは?

最近の若い世代の特徴として、「シェア」することが平気、もしろその方が効率的で良い。

 

そんな感覚の人が多いと本で読みました。これは必要な時に一時的に手元にあればいい、

 

むしろ所有してしまうと維持、管理が「めんどくさい」という事が背景にあるようです。

 

 

ひと昔であれば、所有する事がステイタス・・

 

そんな代表格である「自動車」「住宅」のみならずファツションアイテムである

 

「服」「高級バッグ」などもそこに当てはまるようです。

 

 

ちょっと昔だったら「レンタル○○」と表現されていたサービスもニュアンスが異なる

 

「シェア○○」という表現が増えてきているように感じます。

 

これって、「自分だけのもの」からみんなのもの」へ変化してるのかな? 

 

所有するステイタスは自分の外に対して示したいものですが、若い世代の人たちは、

 

 

自分自身の価値観、感性に寄り添うものを現実的な選択肢の中から選びたい!

 

という気持ちが強いようです。

 

これは、結婚観にも同じような事が言えるのかも? 

 

 

1980年から2000年までに生まれた世代の家族は、共働きが当たり前になり多忙です。

 

やらなければならない家事の時間と、自分の時間を柔軟に融合させて生活を楽しもう

 

としています。

 

 

家族でお互いを柔軟に助け合い、無理はせず身の丈に合った幸せを作り出す・・・

 

そんな特徴を持つ世代です。調査によれば、2016年において過去14年間で最高の

幸福度を記録したそうです。

 

 

これからの結婚生活とは、こういった方向になっていくのでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

大坂選手in立川・・・!?

立川がいま、熱い・・・みなさんもご存知かと思いますが、テニスの全米OPで勝利した大坂なおみ選手が出場する、「東レ・パン・パシフィックオープン」が東京・アリーナ立川立飛で開催されています。

 

全米OPの直後でまさに凱旋試合となった本大会で大坂選手を一目見ようと、多くのテニスファンと地元立川市民が会場周辺に集まっていました。

 

こんなビッグイベントはあまり無かった立川ですが、これを機に「交通の便が良い」こととか、商業施設が充実していながら、公園など自然が多く残っている・・・そんな立川の魅力を皆さんに知ってもらえたら! と思います。

 

近年「住みたい街」として注目されているには、相応の理由があるものです。

 

そして行楽に適した季節になってきて、立川の街でも大小様々なイベントが開催されています。

 

個人的にも、「秋の昭和記念公園💕」には深い思い入れがあります。

 

デートで園内を散歩するのにもとても気持ちが良い空気感ですので、ぜひ皆さんも行ってみてください。

 

 

 

ペットも大事ですよね!

旅行に行きたい、妻がそう呟いていました。そういえば、しばらく旅行なんて行ってないなぁ〜。

 

結婚してからこっち、犬を飼ったりしてると愛犬を置いて出掛けることに罪悪感を感じてしまいます。

 

だから、ちょっと遠くに行く時には、車の後席に「愛犬」を乗せて出掛けるのです。

 

(愛犬を連れてみんなで行った浅間山・・・)

 

 

でも婚活中の人はお部屋に愛犬を置いてくるしかない、そんな時もあるでしょう。

 

お見合い、デートなどなど、長時間家を空けるのが心苦しい・・・

 

今頃あのコはどうしてるかな〜?

 

と気になってしまうでしょう。そんな時には、仲人さんがお見合いに付き添って、会場の外で愛犬と待機。

 

そんなことが出来ると安心なんですけどね。


pet.jpg

 

ついでにお相手と「愛犬」とのお見合いも一緒にできると一石二鳥なんですが。

 

(小型犬なら出来そうですけど・・・)

 

ペットを飼っている人だったら誰だって

 

「結婚後も二人で飼い続けたい」と思うはず。

 

お相手への条件に「犬が好きなこと」(もちろん猫でも・・・)と書くことは許されるでしょうか? 

 

実は、結婚後のライフスタイルに大きく影をを与えるペット事情。

 

新居では部屋飼いが出来るのか? とか、車を購入する際にも必然的に「犬を連れて行ける」車種にせざるを得ない・・・など。

 

けっこう大きな問題だと個人的には思います。

 

 

仮想現実の誓いも・・・

仮想現実の技術は、私達の生活に少しずつ浸透してきました。「行ってきたつもり」に、「見てきたつもり」になることが出来る...エンターテイメントとしては、とても楽しいものだと思います。

 

そして最近では、ゲームのキャラクターとVR技術を使っての「疑似結婚式」を挙げるという試みまで始まったそうです。

 

しかも、式場は本物を、新婚旅行も可能とのこと。実はこれ、クラウドファンディングの形で出資者を募り、目標額が集まったらイベントとして疑似結婚式を開催するというものです。

 

その出資の方法は関連グッズの購入という形で行い、結婚式を挙げることができる人は抽選で決めるそうです。

 

もし、抽選で選ばれたら・・・?  VRゴーグルを着用して結婚衣裳を身にまとい、画面に映る「花嫁姿のゲームキャラクター」がゆっくりとバージンロードを歩いて来る...最新のVR技術により、最愛のキャラクターを目前に臨場感溢れる「誓いの儀式」を執り行う時は一体どんな気分になるでしょうか?

 

これもエンターテイメントとして割り切って楽しめば良いのですが、「仮想現実」としてしか結婚を手に入れられない、そんな「気分」が広まってしまうのは絶対に避けたいですよね。

 

だって、こんなにも沢山の「結婚をしたい男女」が居るのに!

 

我々仲人カウンセラーの立場としては譲れないところです。

 

相手が実在しないキャラクターだから...。そのキャラクターが好き過ぎて、なんらかの形でその「気持ち」を表現したい!

 

そういった熱いファン精神の受け皿として、仮想現実を楽しんで下さいね〜。

見てますか・・・? あのドラマ

「毎週見ているドラマとかあります? 」・・・お見合いの場では、日常的に聞かれる会話ですよね♫


現在話題のこのドラマは、婚活中の皆様はきっと欠かさず観ていることでしょう! ?

 

 

そう、アレですよア・レ!  変な髪型の上司から指示される「戦略」に、時には反発しなが

 

らも主人公は運命の相手に巡り合う。・・・そんな感じのストーリィなわけです。

 

 

「サバイバル ウェディング」(土曜 22時〜 日本テレビ系にて)

 

 

残すところ最終話だけとなりましたが、ラストへ向かう展開がとても興味深い・・・です。

 

でも、これって私たち仲人カウンセラーと会員様がいつもやってることではないでしょうか?

 

ドラマを見ながら、そんな事を思ってみたり(笑)

 

 

「 事実は小説より奇なり」

 

と言いますが、リアルの婚活では当人たちにしかわからない「ドラマ」がいっぱいあるのです。

 

そんな珠玉なストーリィを皆さんにも知って欲しい〜❤️  いずれじっくりとお話したいとと思います♫

 

 

 

 

 

引退に感無量・・・

三連休の中日の今日、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

本日9月16日は何の日かといえば、そう「安室奈美恵」の引退の日です!

私の世代の女子たちは、若い頃に眉毛を抜きすぎてその後の流行に合わせるのに四苦八苦・・・私もそんな世代です。

もちろん当時から、彼女のことは大好きでした。

それほど強い影響力を持っていた彼女も、いよいよ表舞台から去っていくのですね。ああ、感無量・・・


彼女は幅広い世代から支持を集めていましたが、結婚した当時から子供を産んだ後でも変わらずに抜群のスタイルでステージに立ち、同世代の女子たちへ希望を与えてきました。


そういえば、結婚をテーマにした彼女のヒット曲「CAN YOU CELEBRATE?」は、今だって結婚式での定番曲です。

発表当時、その曲はドラマ「バージンロード」の主題歌でしたが、その曲を発表した8ヶ月後にTRFのダンサー、SAMと結婚を発表して世間を大いに騒がせました。


その後1年間の「産休」に入るも、その次の年のNHK紅白歌合戦で再び表舞台に姿を現し、前年と同じく「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱。


会場からの暖かい拍手と声援に感極まり、涙を流していた彼女・・・。


そんな彼女もついに引退する・・・時代の移り変わりを実感せずにはいられません。

「若い頃好きだった歌」というものは、齢を重ねても変わらず好きなものです。


カラオケに行ったって、本当に歌って楽しいのはその頃の歌だし、その頃の歌を聴くと当時の自分に帰れるというか。

CAN.jpg

今回の彼女の引退では、懐かしい当時の映像や歌がテレビやネットで日々流れていることもあり、ついつい当時の自分のことを懐かしく振り返っている方も多いのではないでしょうか?


たまにはそんな時間を持つのも良いものですよね!

出張も可能なんです♫

東京・立川の結婚相談所 マリッジクリエイトジャパンは

出張無料カウセリングを行なっています♫

 

出張範囲は、東京〜立川までの中央線沿線や東京都内は

もちろん、北は大宮、浦和、赤羽、西は上野、秋葉原、

南は品川、川崎、町田、八王子、横浜近辺まで可能です。

(他の地域についてはお問い合わせください)

 

お客様のご都合が良い地域にあるカフェやホテルの

ラウンジ等で恋愛や結婚に関するご相談をお受けします。なんでもお気軽にお話くださいね♪

(かかる時間は一時間程度です)

 

※お客様のお茶代だけご負担ください。

 

※決して無理な勧誘などはいたしません。

 

私たち仲人との相性をご確認ください。

 

 

 

いよいよ9月の3連休に入りました。気候も暑すぎず寒くもない爽やかな空気がとても気持ちいいですね! 

 

こんな時期はいつも以上に外へ出かけたくなってきます・・・。

 

だ・か・ら、という訳ではないのですが、お客様がご入会前に私たち仲人との相性💖を確認頂く場として

 

 

「出張無料カウセリング」を行っています。

 

 

私たち夫婦可能な限りお客様のご都合が良い場所へお伺いします。

 

 

・いろんなサービスを試したけれど今ひとつ結果が出ない。

 

・友人も婚活を始めているみたい。私も何かしたいけれど、どうして良いのか判らない。

 

・息子がまったく結婚を考える様子がない。

 

・仲人ってどんな人たち? ・・etc

 

 

そんな疑問やお悩みをお持ちの方が居られましたら、お茶を頂きながら気軽にお話ししませんか? 

 

 

cafe.jpg


秋の連休は、誰か私を遠くへ連れ出して〜💖


 


 


 


 


 


 


 

婚前ホニャララ・・・?

婚前ホニャララ・・・というと何だか、


 


「本当はまだダメなんだけどこっそり・・・ねっ?ラブ」 


 


と、そんな響き(!)がありますね。(どんな?)

 

 

そんな響き(?)とはまったく関係・・・なくもない、

 

「プリナップ」という言葉を、皆さんはご存知でしょうか?

 

じつはこれ、「婚前契約」のことで、結婚する前に交わす夫婦のルールブック本のようなものなのです。

 

例えば、結婚後にお互いの財産をどう管理するか、親戚とのお付き合いの程度は?

 

また、宗教的な事も前もって確認しておきたいところですよね。

 

仕事、家庭、お金、子供...様々な価値観の「差」を、早い段階でしっかり認識して話し合う。

 

 

そういった事が可能なら、余程のことがない限り「成田離婚」...なんてことにはならないはず。

 

そう、この「婚前契約」は、安心して結婚へ進んで行くためのもの、と言えます。

 

 

まだ日本ではそれほど知られていない「プリナップ」ですが、「いろんな結婚の形」が存在する現代。

 

 

こういった「前準備」が、結婚後の生活をより問題の少ないものにしてくれると思うのです。

 

 

また、「婚前契約」とは別な「契約」として、こんなものも。

 

お見合いで何かを感じあった二人が交際を経て、無事プロポーズ成功! 宝石赤・・・。

 

そこまでは順調に進展したのに、諸々の事情で正式な入籍は数ヶ月後に。

 

 

そんな状況になったら、お相手の女性は不安に思うかもしれません。

 

 

そんな時にも、

 

「婚約契約証明書」

 

という契約書を作成することで、単なる口約束以上のものを得ることができ、結婚への安心材料になってくれるのです。

 

 

「結納」の習慣が少なくなってきている現代には、それに代わるものとして知っておいても良いと思いました。

 

もし男性側からこういった安心材料を提示出来たら、お相手の女性にとって

 

 

「誠実な婚約者💖」

 

...となることでしょう!

 

 

私も、五本指靴下をひっくり返したまま、洗濯機に入れたらダメである...とか、バスタオルは毎回洗う、トイレの便座を上げて用を足してはならぬ、etc・・・まあこれは極端な例ですが。

 

そういった「ルール」が結婚前にもっと判っていたら、新婚の頃に苦労しないですんだかも・・・。

 

 

ん、これも「婚前契約」で解決・・・ですね!

 

もし、この「プリナップ」に興味関心があるという方がおられましたら是非ご連絡下さい。

 

ご希望があれば、専門的に相談に乗ってもらう事ができ、契約書の作成も請け負ってもらえる「プリナップ協会」をご紹介させていただきます。

 

 

チルっていたい・・・

めっきり涼しくなりました。今年の異常な暑さは、まったく終わる気がしなかったのですが・・・


いざ季節が移り変わってみればこうも「アッサリ」と秋の空気に変わってしまうことに、驚きを感じます。


ところで先日、「チルって・・」という言葉を聞いて、意味が判らず調べてみました。


どうやら、SNSなどで使われている表現らしいのですが、家でマッタリしてリラックスして過ごすような時に使うようですね。


現代の若者たちは、ライフワークバランスが私達の世代とかなり違うように思います。


出世して、お金持ちになりたいとか、名誉ある地位に就きたいとか...あまり興味がないそうです。


だからこそ、かえって日頃の生活の中で楽しみを見いだす方向に意識が向く人が多いんですね。


そんな彼らが結婚についてどう考えているか?あるアンケートの結果を見ると、女性は20代に結婚して、専業主婦になって家でゴロゴロしながら子育てしたい...


という回答がわりと多いです。


till.jpg

マッタリとチルっていたい男女が、果たして結婚に向けてダッシュ出来るのか?


ちょっと心配な私たち世代ですが、実はしっかりと将来に備えているのも彼ら若い世代の特徴です。

だから、勢いで結婚してしまえば何とかなる! といった価値観を押し付けるよりもいかに結婚がより良い人生、生活を送る上で現実的な選択なのか・・・


それをしっかりと伝える必要があるんですね、私たち仲人は!

結婚しようと思ったとき・・・


つもの居酒屋で、しこたまビールを飲んで帰った日曜日の夜中。


 


とっくに12時を回っている時計に視線を落とし「ああ、休日ももう終わりか」と溜息をつく。


 


 


飲みすぎてグルグル回る意識のまま、ふらつきながらトイレに入る瞬間にふと思う。


 


「ああ、このまま一生こんな生活を繰り返して終わるのかな・・・」


 


 


「奈落の底に落ちていく」そんな気分に追い打ちをかける様に、立ちくらみで顔から血の気が引いていく。


 


 


なんとかしなくっちゃ、何か変えないと・・なんとかしなくっちゃ・・・


 


 


なんだか暗い、クラ〜い話で始まりました今回。


 


実際に「暗かった」・・・私がまだ若い頃のお話しです。


 


 


時、仕事もそれなりに順調、趣味にも熱中していて、それはそれで楽しい日常だった30代の私。


 


でも、ふとした瞬間に押し寄せる「寂しさ」「虚無感」は、当時の自分ではどうする事も出来なかったのです。


 


齢を重ねるごとに大きくなっていく「寂しさ」。


 


それから目を逸らすために、いつも必死になって「何か」に熱中していたように思います。


 


 


私が結婚したいと思った最大の理由は、その寂しさから逃れるため、虚無感を一緒に埋めてくれる誰かが欲しかったから・・・。


 


 


今だからこそはっきりと判る、満たされて初めて感じる事のできる、


 


「自分に必要だったもの」を当時の自分に伝えてあげたい。


 


 


いま、心からそう思います。


 


 


「なんとかしなくっちゃ、何か変えないと」


 


 


・・・そんな心の声に押しつぶされそうなあなたへ、今年こそ「一歩前と踏み出す足がかりを私たちと探しませんか?


 


 


 


 

いのちの恩人かも・・・

 

「食べ物の好み」というものは、一度決まってしまうとなかなか自身では変えられないもの・・・。

 

 

 

 今回は食べ物について・・・というよりも、食生活についてのお話です。

 

 「食の好み」は育った環境が大きいと思います。

 

 子供の頃から「当然」のように食卓に上がっていたご飯は、母(たまに父)が栄養面や満足感、コストを考慮して材料を選び、愛情たっぷりに用意してくれたもの・・・。

 

 

 当然!とかアタリマエ! なんて思ったらバチがあたります! 

 

 とはいえ、それが判るようになるには「人生経験」が必要だったりします。

 

 結局、親への感謝 は自分の子供に目一杯注ぐから許して! となりがちですよね!

 

 そんな愛情たっぷりの食事ですが、その味付けは家庭によってかなり差があるでしょう。

 

 例えば食べ盛りの子供が多い家庭、お年寄りが同居の家庭では食卓に乗る料理の味の濃さ、塩分、食材の調理法や量なども、全然違うはず。

 

 

 私が結婚した当初、やはりその味付けと量の違いに驚きました。

 

 

 妻はもともと調理、栄養方面の知識も持っていたので、健康維持を重視したメニューが多かったのです。

 

 

 不要な脂質や塩分はかなり削ぎ落とされていたため、独身中のジャンクな食生活が長年続いていた私の舌には

 

 

「味がほとんどしない・・・」と感じました。

 

 

 しかも、量は私が食べていた量の1.5から2倍はあろうという量があります。

 

 

 今でこそアタリマエに食べることができますが、結婚当時は完食するのが大変でした。

 

 

 しかし、その食事は私を丸ごと変えてくれました。

 

 

 ちょっと大げさに言えば、細胞レベルから別な人に生まれ変わった・・・ように「丈夫な身体」になったのです。

 

 

 もともと学生時代は運動部だったので、かなり筋肉質で実家の食事のおかげもあり栄養は満たされていました。

 

 

 しかし、社会人になって食生活が乱れて、風邪を引きやすくなったり、胃腸が弱くなったり・・・振り返ってみると

 

 

「ひどい食生活のしっぺ返し」を食らったのだと思います。

 

 

 そんなひ弱で痩せた身体を、正しい食事で健康体に変えてくれた妻の手料理・・・。

(妻にしてみれば、私がなかとかしないと、この人死んじゃうカモ・・・とか思われていたりして。今度それとなく聞いてみます)

 

 

 本当に冗談抜きで「命を救ってもらった」と思っています。

 

 

 今回は結婚によって命拾いをしたというお話でした。

 

 まあ、それは極端な話として食生活については一緒に食卓を囲む上でも「譲れない」ところが多いのでは? 

 

 

  結婚を意識した交際をされている方がいらっしゃれば、お相手と「食について」の事をしっかり話し合っておくと良いですよ〜! 

 

 

 ちなみに、現在の私の「舌」はすっかり薄味に順応して、たまにジャンクフードを口に入れると塩っぱくて食べられない・・・程に進化! しました。感謝感謝!!

 

 

キャベツの選び方ひとつとっても

 

先日、スーパーへ買い物に行きましたが、その時のお話です。

 

売り場にある野菜で「どれが良いものなのか?」と迷う事が多々あります。

 

 そんなときは断然妻に選んでもらいます。

 

ちなみに、キャベツを手にとって重さを確認したり、選び方を教わるのですが、いまだに

 

 

「そんなに違うものかな〜?」

 

 

と思うことも多いので、知識というより感性? とか才能・・・だと半ば諦めています。(突っ込んで聞くと、何となく・・・と言われますので。でも妻は野菜ソムリエの資格も持ってます)

 

 

女性の生活に関する事への「感性の鋭さ」は男性が努力しても届かない事が本当に多いです。

 

例えば、スーパーの精肉売り場で「お肉の色を見て鮮度を判断できる能力」は、家族の顔色を見て「健康状態を瞬時に感じ取れる女性の本能」と何かで読んだ覚えがあります。

 

 

家事をこなす中で、いろいろな事を並行して同時進行できる女性に比べると・・・私たち男性の

 

「いま目の前の事に集中する」

 

という能力はいささか役立たずでしょうか・・・。

 

 

適材適所という事で家事分担が済めば良いのだけれど、現代の共働きのスタイル ではそうも言っていられないですよね! 

 

でも、育児、家事に関しては女性が頑張らないと生活が廻らない事も多いです(残念な事ではありますが・・・)

 

 

というわけで、夫の家事スキルがより高い方が、幸せな結婚生活を実現できるの、カモ? 

 

理想のヒロインは誰?

誰でも、少年少女時代に憧れたアニメ、漫画のキャラクターがいると思います。

 

先日、ちょっと面白いものを見つけました。

 

広く一般の人12000人に向けて取ったアンケートによるランキング(らしい)です。

 

というのも・・ ?

 

華麗なるヒロインランキング(昭和vs平成)

 

昭和第1位   峰 不二子 (ルバン三世) 

   2位   倉 南 (タッチ)

   3位   メーテル (銀河鉄道999)

   4位   ラム (うる星やつら)

   5位   セーラームーン(美少女戦士セーラームーン)

         

平成第1位   ナミ (ワンピース)

   2位   セーラームーン(美少女戦士セーラームーン)        

   3位   峰 不二子 (ルバン三世)        

   4位   ボアハンコック(ワンピース)

   5位   毛利 蘭 (名探偵コナン)

 

 

これは、昭和世代と平成世代の「好きなアニメヒロイン」のランキングです。

 

まず、これを見て「わたしは昭和世代」だな〜! (当たり前ですが・・・) と実感しました。

 

とはいえ、私が好きなキャラクターは「浅倉 南」です! (もちろんカラオケでもタッチルンルン歌ますよ〜)

 

彼女こそ「理想の女の子」だと当時思っていました! 

 

 

なぜか? それは「才色兼備」だからだけではなく、たっちゃん、かっちゃん2人から愛されただけではなく、新田くんまで・・・モテモテラブラブ同じ女性として羨ましい。

 

といった面も少なからずあったかも:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

上のアンケート結果を見て、私が同性として感じたのは、共感というよりは羨望キラキラの感情でした。

 

 

婚活中の女性の方々、アニメで描かれているヒロインは

 

『男性の女性に求める様々な理想』

 

が詰め込まれているようなので?参考にしてみるもの面白いかもしれませんね。

 

 

 

私たち夫婦は10歳近くの「年の差婚」なので、当時見ていたアニメが違うので微妙に話が合わなくてちょっと寂しい・・・。

 

とはいえ、「作品の寿命」が長ければ話も合うのでありがたいですね〜!

 

ちなみに私が好きなヒロインは「音無響子さん」(めぞん一刻)です。

 

 

高校生時代に古本屋で見つけた原作漫画を読んで、衝撃を受けました! 

 

あの「うる星やつら」の作者が・・・しかもこんなにキュンとくる💗 作品を・・・。

 

当時、「お嫁さん」にするならこんな女性がいいな💕と思いました! 

 

 

漫画 めぞん一刻 (高橋留美子 著) 最終話・・・。

 

結婚式を挙げる五代くんと響子さんの姿に・・・学生ながら「結婚っていいな!」と涙しました。

 

 

そして、もう一人(?)お嫁さんにしたいヒロインは「バカボンママ」(元祖天才バカボン)です。

 

・・・あの人はすごい女性だと思うんですよね!  絶対母性・・・の持ち主?  

 

 

それと彼女にしたいヒロインは・・・とキリがないので、このへんでひとまず終了〜!

 

 

 

アンケートでは昭和、平成といったわかりやすい括りでしたが、世代が違えばそれまで体験してきたことも当然違います。

 

既婚者の方、結婚のお相手は同世代ですか? それとも年の差がありますか?

 

 

「同世代婚」「年の差婚」も、それぞれ良い面がありますよね。

 

 

例えば「同世代婚」なら生きてきた時代が一緒で、共通の話も多くて日常が楽しい事でしょう。

 

 

また、「年の差婚」はお互い生きて来た時代に「時差」があるので、事あるごとにそのギャップを楽しめる(?)ことです。

 

 

自分より年上の感覚、年下の感覚をお互いに知ることができる・・・。

 

 

それもまた面白いものだと、私たち夫婦は常々感じています。

 

 

 

 

・・・・・・・

この秋着る服、どうしましょう?

少しだけ暑さも緩んできました。そろそろ婚活中の皆様も「秋の婚活服」の準備が必要だと思います。


男性は、「通年スーツだけ」でOK・・・そんな風にお考えではいけません。

bro.jpg


お見合いの席でも、スーツではなくジャケット+パンツの方が若い女性に印象は良いものです。

そして、ジャケットはお見合い後のデートにも使うことが出来るので、しっかりと身体に合ったジャケット・パンツを揃えていただく事をオススメしています。


男性の場合、学生時代は私服も気を使っていた方も、就職したとたんに一週間のほとんどが「スーツ」で済んでしまうことになるのもしばしば。


その反面仕事も忙しくて「私服」について考える余裕は持てず、つい、学生時代のファッションをひきずってしまうこともあるはずです。

そのまま年齢を重ね、30歳を過ぎると体型も変化してきて、「似合う服」も変わってくるものですが、けっこう自分ではその変化を認識できていないもの。

なので、この秋に着る服を選ぶ際には、現在の自分の年齢、体型といったことを意識してみてくださいね。


体型のマイナス要素をカバーできる服を選び、パンツの丈やジャケットのフィット具合など精密に(?)サイズを吟味するだけでも見栄えは格段に変わるものです。

この週末に時間が取れたら、「清潔感」を感じさせるコーデイネートを目指して、たくさんの服に袖を通してみてほしいと思います。


もし、服が選べなくて困る・・・誰に相談したらいいか判らない!! という方がいらっしゃったら、お気軽に無料相談フォームでご連絡ください。


喫茶店でお茶でも飲みながら、この秋の「婚活ファッション」を私たちと考えてみましょう♫

ドライブデートの今と昔・・・

車をバックさせる時に、後方確認のためリアウィンドウに大きく上体を振り返った姿がセクシー💕・・・ふとした瞬間、彼女が助手席で感じる、彼の意外な「男らしさ」

 

でも、現代のドライブデートでは、そんなドキッとする瞬間は無いのかも・・・ナゼって?  だってバックモニターが目の前に付いてるし・・・!?

 

 

 

なんかまた「昭和」な話を持ち出してきたよ・・・と思ったあなた!  

 

 

きっと普段お乗りの自動車にはバックモニターが標準装備ですね。

 

 

今回は、別にバックモニターが嫌いといったハナシではなくて、時代によってドライブデートの様子も随分変わってきているのでは? というお話です。

 

 

 

ドライブデートといえば、二人きりの空間で彼女と一緒に過ごす💕ことが出来て、グっと親密な関係になりますよね。

 

今も昔も若い彼氏にしてみれば「涙ぐましい努力」を払ってでも、車を手に入れるだけの価値」があるでしょう。

 

 

バブルな時代のデートカーというと・・ソアラ、プレリュード、シルビア・・・そういった2ドアクーペが女子大生に人気!

 

 

 もちろん新車じゃないと! と、そんな時代。

 

 

そんなバブルな価値観の世代から、平成へと時代は移り、四駆(パジェロとか)、そしてSUV(ハリヤーetc)へとデートカーの流行が移っていきました。

 

ちなみに妻の世代が若い頃は、まさにこのあたりがデートカー・・・?  (当時の彼氏はハイラックス・サーフ、私の車はジムニーでした・・・妻)

 

 

そして、さらに時代は移りデートカーはさらに「より洗練されたSUV」や「ミニバン」へと移り替わりました。

 

広い室内空間によって長時間乗車しても疲れにくい事(シートを倒して身体を伸ばせる)、 

 

 

そして意外だったのが、2ドアクーペと比べて「多人数乗れる」という点が良いそうです。

 

 

デートとはいっても、「二人きりではなく友人達とも行動を共にする」という、

 

いつでも繋がっていたい「SNS世代」の価値観だと思います。

 

 

時代の移り変わりに応じて、ドライブデートも変化し続けているのだな〜と判った気がします。

 

結果にコミット!

YOGA・・・自分磨きを意識する女子なら一度は通る道、ヨガ!  

 

以前から興味はあったのですがこの度チャレンジする事に!

 

 

昔からジム通いは続けてきたのですが、どうしてもスタジオのレッスンプログラムには興味を持てなかったのです。

 

やっぱり、運動ってアドレナリン全開の「脳内麻薬」が出るようなものでないと気持良くない・・・。

 

自転車で淡々と100キロ位走り続けたり、プールで淡々と長時間泳ぎ続けたり、ランニングマシンで一定の速度で走ったりする「有酸素運動」ではなく(少し前まではそんなことばかりしていましたが・・)、スタジオでマットの上で自分の身体と対話するヨガ。交感神経を働かせるより、副交感神経をより優位に働かせる・・・ヨガ。

 

 

私的に地味だと思って、過去、足を踏み入れてこなかったヨガですが、話題の「ライザップ」理論に基づいたボディメイク・ホットヨガ。ライザップグループの「LIPTY(リプティ)」は一味ちがう。

 

・・・と聞いて、早速体験に行ってきました走る人ライザップには興味があったので目

 

 

結論から言うと、科学的に裏付けされたメソッドによる「結果」にこだわるエクササイズ、しっかり食べて痩せる食事管理、モチベーションをキープするための心理学に基づいたサポート(カウセリング)という、3本柱をしっかりと回して行く事で「身体のお悩み」を十分解決できそうでした。

 

 

そして、「お悩み」というのも人それぞれ・・・「骨盤引き締め」や「全身引き締め」、「美尻💗」といったプログラムが用意されています。

 

 

そんな、能動的アプローチのヨガを体験した感想は・・・とにかく、もう汗だく・・・。

 

夫にその状況を説明するとき、「真夏に自転車を目一杯漕いで、信号待ちのときドバッと汗が吹き出す感じ💗」といったら、ウンウンと納得した様子・・・。

 

 

なかなかやるな! ライザップ・・・。と、今日の活動報告?でした。

 

 

 

「婚活」も賢く、戦略的に! 結果にこだわって進めたいものですね。

 

帰りがけにはいつものお店で遅めのランチ、SからMにサイズアップして美味しくいただいてきました。

 

 

 

 

読書の秋ですね

みなさん「読書」はお好きでしょうか? 

 

婚活では重要なプロフィールシート・・・ですが、

 

趣味の欄には「読書」と書かれる方も多いと思います。

 

 

最近、読書会というイベント(?)を耳にしますが皆さんご存知ですか?

 

どんな内容の「会」なのか?というと、あらかじめ「課題図書」が決めてあり、参加者はそれを読んでから読書会に参加する、という決まりになっています。(私が知ってる会については・・・。)

 

読書会は男女幅広い年齢の「本好き💕」な人達が参加しており、課題図書の内容について話しをする、というシンプルなイベントです。

 

ここで面白いのが、女性の参加者は本の内容に「自身の経験を交えて」お話をするという事です。

 

 

本の内容について語ると同時に「自身の事を話して周囲の共感を得るのが女性だとすると・・・?

 

 

反対に男性の参加者は「内容の分析、解釈」に終始するという違いがあるそうで、あまり歓迎されないとか・・・。

 

 

男性は全般的に「自身の事を話す」に抵抗があるのかもしれませんね。

 

 

まあ、読書会の趣旨として、より多くの人と会話を交わし話が盛り上がる方が良いのでしょう。

 

 

そんな「好きな本について深く語り合える場」として、同好者にはたまらない読書会ですが、聞くと 月に2〜3組ほど交際を始める💗 会員さんが出て来るそうなんです。

 

 

 

価値観が近い人達のグループで、さらに突っ込んだ価値観のやりとり(本の内容についてでも)をしているうちに、

 

深く相手の人間性も知る 事になるのかもしれません。

 

 

好きな分野だけとは言っても、自分の譲れない価値観を隠さずに曝け出す場・・・。

 

 

一からお互いを探り合うより、遥かに早く、確かに! 解りあえてしまうのなら、カップルが誕生するのも納得〜!ですね。

 

 

読書会、私ちょっと興味出てきましたよ!  

 

結婚後、趣味は続けるもの?

いきなりですが・・・みなさんに質問があります。

 

 まずは女性の方に。

 

   Q1.  夫が結婚前からの趣味(例えば、コレクション系・・・)を結婚後もかわらず続けたい!と言ったら、快く受け入れますか?

 

  趣味によっては健康を維持するものや、教養を高めるものもあるでしょう。娯楽なのか投資なのか・・本人の意識次第かもしれませんが。

 

 

続いて男性の方に質問。

 

 Q2.  今後結婚した後、妻が「美容」にかける金額はどの程度まで許せますか? 

 

 結婚前には自分の収入で、かなりの割合を美容に充てている女性も多いと思います。

 

 ファッション、スキンケア、メイク、ネイル、、エステ、髪・・・女がキレイ✨でい続けるのには年齢を重ねるごとに金額も比例していくそうです。

 

(もちろん、内面の美しさも大事です。)

 

 懐かしい曲ですが、平松愛理の「部屋とYシャツと私」(作詞 平松愛理) の歌詞の中で

 

「愛するあなたのため毎日磨いていたいから〜時々服を買ってね 愛するあなたのため綺麗でいさせて〜❤️」

 

 とありましたが、これは結婚後もきれいでいるための「お金と時間」をかけることを許してね!という妻の要望でしょうか・・?

 

 どんな趣味でも問題になってくるのは、お金と時間をどこまでかけるのか・・・でしょう。

 

 それぞれ理解できない分野に結婚後どこまでOKとするか、また自分はどこまで続けたいのか? 結婚前によく考えておきたいですね。

 

 お見合いの際、何気なく聞くお相手の『趣味』・・・。その内容や取り組み方は意外とデリケートな問題で、その人の生き方や価値観を大きく反映していることがありますのでご注意を!

 

 みなさんは人生の中で「趣味」というものに、どう取り組みたいですか?

 

 

視点をちょっと変えてみると

 モテるけど結婚しない、(出来ない?)タイプの人っていますよね?!反対にモテるわけではないけど結婚できる人も・・・。

 

 学生時代から彼女、彼氏が途切れない人がいまだに独身でいたり、学生時代目立たないタイプだったのに早々と結婚してパパ、ママになっていたり・・・。

 

 

 結構よくあると思いませんか? 前者は恋愛向き、後者は結婚向きといってもよいかもしれません。

 

 

 婚活でもモテる人は次のお相手も割と簡単に得られるので、ちょっと合わないと思ったら次の人にいき、なかなか一人に決められないようです。(魅力的な会員さんが多いので・・・) 


gamen.jpg

 

 恋愛の延長に「結婚」があるのは幸せな事です。

 

 しかし恋愛を繰り返しても、結婚しない、出来ない人は、婚活においては恋愛結婚は別物という意識改革がプラスに働くこともあります。

 

 

 割り切って違うタイプのお相手に向き合ったら、案外しっくりくる事は少なくありません。

 

 今まで女性との接点が少なかった方は、、一回一回を大切にするので、お相手としっかり向き合う傾向があります。

 

 

 いったんタイプの違う異性に目を向けてみてはいかがでしょうか? 

 

 

 

親しみの効果

会う回数が多いほど、人は親しくなれる・・・これはザイオンス効果というそうです。


さらに言うと、会う回数が多いほど緊張せずに話すことができて、好感を抱きやすくなるのです。


もちろん、実際に会えれば一番良いのですが、目で「見たり」、耳で「聞いたり」しても効果があるということで・・・。

これは婚活に応用できないか、考えてみました・・・?

例えば、お見合いが上手くいって連絡先を交換できたとしましょう。

交際中ならばデートの回数を増やすのはもちろん大切ですが、意外と頻度が高い接触の場として「LINEでのやりとり」が挙げられますよね。


LINEで使っている「アイコン」は、スマホのLINE画面を開く度にお相手の目に触れる事から、「自分の顔」であることが重要です。

inejpg.jpg

たしかにLINEで使用するアイコンについてはことそれぞれ考え方も違って、花や動物、キャラクターやあえて画像は未設定という方もいるかもしれません。

でも、1日数回もやりとりがあるならば、その回数だけお相手に自分の顔を見てもらえるならば、期待できると思いませんか?

そう、ザイオンス効果です。

視覚の情報が重要な男性にとっては、お相手のアイコンが顔写真であることは、好感を持ってもらえる可能性が高まるはずです。

特に婚活中の女性には、「アイコンの重要性」を知っていただき「ご自身の画像」に設定されることを強くお勧めします。