親しみの効果

会う回数が多いほど、人は親しくなれる・・・これはザイオンス効果というそうです。


さらに言うと、会う回数が多いほど緊張せずに話すことができて、好感を抱きやすくなるのです。


もちろん、実際に会えれば一番良いのですが、目で「見たり」、耳で「聞いたり」しても効果があるということで・・・。

これは婚活に応用できないか、考えてみました・・・?

例えば、お見合いが上手くいって連絡先を交換できたとしましょう。

交際中ならばデートの回数を増やすのはもちろん大切ですが、意外と頻度が高い接触の場として「LINEでのやりとり」が挙げられますよね。


LINEで使っている「アイコン」は、スマホのLINE画面を開く度にお相手の目に触れる事から、「自分の顔」であることが重要です。

inejpg.jpg

たしかにLINEで使用するアイコンについてはことそれぞれ考え方も違って、花や動物、キャラクターやあえて画像は未設定という方もいるかもしれません。

でも、1日数回もやりとりがあるならば、その回数だけお相手に自分の顔を見てもらえるならば、期待できると思いませんか?

そう、ザイオンス効果です。

視覚の情報が重要な男性にとっては、お相手のアイコンが顔写真であることは、好感を持ってもらえる可能性が高まるはずです。

特に婚活中の女性には、「アイコンの重要性」を知っていただき「ご自身の画像」に設定されることを強くお勧めします。