ドライブデートの今と昔・・・

車をバックさせる時に、後方確認のためリアウィンドウに大きく上体を振り返った姿がセクシー💕・・・ふとした瞬間、彼女が助手席で感じる、彼の意外な「男らしさ」

 

でも、現代のドライブデートでは、そんなドキッとする瞬間は無いのかも・・・ナゼって?  だってバックモニターが目の前に付いてるし・・・!?

 

 

 

なんかまた「昭和」な話を持ち出してきたよ・・・と思ったあなた!  

 

 

きっと普段お乗りの自動車にはバックモニターが標準装備ですね。

 

 

今回は、別にバックモニターが嫌いといったハナシではなくて、時代によってドライブデートの様子も随分変わってきているのでは? というお話です。

 

 

 

ドライブデートといえば、二人きりの空間で彼女と一緒に過ごす💕ことが出来て、グっと親密な関係になりますよね。

 

今も昔も若い彼氏にしてみれば「涙ぐましい努力」を払ってでも、車を手に入れるだけの価値」があるでしょう。

 

 

バブルな時代のデートカーというと・・ソアラ、プレリュード、シルビア・・・そういった2ドアクーペが女子大生に人気!

 

 

 もちろん新車じゃないと! と、そんな時代。

 

 

そんなバブルな価値観の世代から、平成へと時代は移り、四駆(パジェロとか)、そしてSUV(ハリヤーetc)へとデートカーの流行が移っていきました。

 

ちなみに妻の世代が若い頃は、まさにこのあたりがデートカー・・・?  (当時の彼氏はハイラックス・サーフ、私の車はジムニーでした・・・妻)

 

 

そして、さらに時代は移りデートカーはさらに「より洗練されたSUV」や「ミニバン」へと移り替わりました。

 

広い室内空間によって長時間乗車しても疲れにくい事(シートを倒して身体を伸ばせる)、 

 

 

そして意外だったのが、2ドアクーペと比べて「多人数乗れる」という点が良いそうです。

 

 

デートとはいっても、「二人きりではなく友人達とも行動を共にする」という、

 

いつでも繋がっていたい「SNS世代」の価値観だと思います。

 

 

時代の移り変わりに応じて、ドライブデートも変化し続けているのだな〜と判った気がします。