運命論はお好き?

初めて出会った人なのに初めて会った気がしない、なぜか昔にも会ったことがあるような気がする......。そんな不思議な感覚にさせてくれる人を「ソウルメイト」、または「運命の人」といいます。

 

この「運命の人」が結婚相手に最適なのか? そんな意地悪な見方もできなくは無いのですが、やはりこういった運命というものに人は惹かれてしまうものです。
 

もしかしたらあなたも経験がありませんか? 同性異性に関わらず二人で居るとなぜか幸せを感じるとか、二人きりでいて言葉はなくとも苦にならない・・・という事が。

 

またはこんなことも? 「まるで超能力のように相手の思考が分かってしまう。」「言葉がなくとも相手の気持ちを理解できてしまう」など。

 

また、映画やドラマでもよく描かれるパターンとしては、幸せなことや不幸なこと、それがある人と偶然重なってしまう。行く先々で同じ人に何度も遭遇してしまう。そんな偶然の一致"のことをシンクロニシティーといいます。

 

生活の中で、ほんの小さなシンクロ二シティーがあるだけだって「運命」を感じるものですよね!

 

「ソウルメイト」「運命の人」の特徴として、その人の過去を知ると嬉しい気持ちになる、というのがあります。


その人と知り合う前の相手の過去や体験を聞くと、なぜか自分のことのように喜んだり悲しんだりすることができます。

 

私は残念ながら持ち合わせていませんが、前世の記憶を持ったまま生まれてくる人が世界中には大勢いるそうです。

それに対して、人生の途中で前世の記憶が蘇るという事例もあるそうです・・・。

 

スピリチュアルな話題は「好き」「嫌い」が分かれますが女性はこういった話が好き、もしくは大好き💕な人も多いでしょう。逆に男性の、特に理論派の人は、ちょっと受け付けない・・・という人もいるはず。

 

信じている、いないは置いておいて、女性がこういった話題を振ってきたら、興味はなくても聞く姿勢を持ってください。

 

あなたにシンクロニシティーを見いだしたのかもしれませんよ。

 

実際、恋愛においては特定の異性を意識していると、日常の小さなことでもシンクロニシティーを感じられる事が多いのです。興味がない異性には、そういったキッカケがあっても感じ取れないのです。

 

同じだけシンクロニシティーを感じられるチャンスがあるのに、「意識」しているかどうかでそれを感じられることもあれば、感じられないこともある・・・。

 

そういったことを考えると「偶然」と「必然」は表裏一体ということなのでしょうか?