「年の瀬」になりました!

クリスマスまでの賑やかな街の装いから一変し、門松が飾られるようになりました。いよいよ、年越しまでのカウントダウンといった空気が流れています。

 

「大掃除」に手をつけて、アレもコレもと欲張って結局全てが終わらない・・・そんなことだけは避けたいものですよね〜♫

 

今年のうちに! という締め切りを自ら課して優先順位をつけて完遂するという点では「婚活」も同じです。

 

今年はどんなゴールをイメージしていましたか? そして、イメージ通りに進めなかったとしたら何が原因だったのでしょうか? 

 

来年は必ず結果を出せるように、「今年の婚活」を振り返ってみませんか? ご自身がどんな風に成長して、何がまだ足りていないのか・・・まとまった時間が取れる年末年始こそ、じっくり考えるとても良いタイミングです。

 

そんな年の瀬に間に合うようにという(?)締め切りをなんとか守れて、「婚活あるある動画」の最新版をUPいたしました。

 

まさに「今年の婚活を振り返って・・・」という内容となっていますので婚活中、又はこれから婚活をしてみようかな?とお考えの皆様にご視聴いただきたいと思います。

 

「婚活あるある動画 年末特別企画」 2018 婚活反省座談会

 

いつものキャラクター達が集合して「婚活のアレこれ」を語ります。そして最後には新キャラが登場!? 乞うご期待!!

 

 

クリスマスは誰にもやってくる!

私が大好きなアーティストの一人、山下達郎のクリスマスキラキライブ・・・。この季節になると、どこからともなく必ず聞こえてきますね。

 

この歌を耳にすると、街はすっかりクリスマス一色になります。もちろん、カップル達も楽しげに街に繰り出していきます。

 

そんな、幸せそうな姿を横目に「今年こそは!」「No more クリぼっち〜!!」と、焦る人たちも、実はたくさんいるものです。クリスマス直前の婚活パーティー、恋活パーティーがこんなにも開催されていることがそれを裏付けています。

 

いつもは、重い腰が上がらずに、こういったバーティーに参加できなかった人だって、「このまま独りでクリスマスを過ごすくらいなら、もう誰だっていい〜!」と、理想を一気に落として積極的に出会いの場へ出かけるのです。

 

「締め切り間近」の精神状態で、お相手に妥協してしまう焦る気持ちも良く判ります。だって、切羽詰まっているんですから。でも、そんな時だからこそ知っていて欲しいことがあるんです。

 

それは、この時期だからこそ、強気に、理想を下げずに婚活、恋活をするべきだ! という事。

 

えっ? だってこのタイミングは一年でも一番競争が激しい時じゃないの? そんな事言ってたら、今年もクリぼっち・・・(?)

 

いえ、違います(キッパリ)。というのも、この時期には「クリスマス」という、一年の中で最大の「プロポーズ」&「告白」タイミングがある事がその要因なのです。

 

山下達郎のムーディーな曲に流されては(?)いけません。実はこの時期、カップルの破局シーズンでもあるのです。

 

現在、婚活中で仮交際をしているカッブル達が「雨は夜更け過ぎにぃ〜・・・♫」とラジオから流れるこの時期に「進退を問われる空気」に背中を押され、結果として残念ながらフリーに逆戻りとなる人たちが多数おられます。

 

というのも、クリスマス直前は「イブに街のイルミネーションを二人だけで見上げるのに、お相手は本当にこの人でいいの?」と我に返る、女性(男性も)が多いからなのです。

 

それに輪をかけて、「クリスマス・イブ」の魔力に乗じて? 婚約指輪を準備し始める男性の「気配」を察し、「まだ心の準備がああ・・・」と引き返せなくなる前に相談所を通じてお断りを入れるという悪循環・・・。

 

これが婚活における、「魔のクリスマス(?)」のメカニズムです。

 

でも〜? これだって、悪いことばかりではありません。だって、それなりにお見合い、仮交際へと勝ち進んできた男女達が一斉にフリーになるのですから。

 

「え〜?なんでこんな素敵な人が?」という男女が、婚活市場に帰ってくるのです。クリスマスに間に合うようにと焦るよりも、そこからスタートできる出会いに期待してみませんか?

 

DNAが導くご縁?

最近、「DNAお見合い」という言葉をよく聞くようになりました。

 

実は、ここ数年の間に「DNA」を利用した婚活サービスが出始めていますが、その中でもユニークなのが「DNAお見合い」です。これは、予めDNA検査をした男女がその数値を持ち寄って「数字上での相性の良さ」を頼りにお見合いをするというものです。

 

しかも、実際に対面するものの、男女ともにマスクを着用して「見た目」の要素を排除して相性を探るという、なかなか興味深いスタイルのお見合いでした。

 

確かに、見た目の良し悪しに惑わされる事なく、純粋にDNAの数値の相性を重視するなら最適なマッチングができる方法ですよね。

 

このDNAを利用した方法で出会った男女が、お互いに「居心地が良い」と感じることも多いそうなので、実際に効力はあるようです。

 

まさに、「現代科学」が生んだ婚活と言って良いでしょう。新しいもの好きな私には魅力的に映るのですが、ここは冷静にDNA婚活を利用するメリットというものを考えてみましょう。

 

まずは、そのシステムはというと・・・?   DNA婚活をサービスとして提供する会社はいくつかあるようですが、多くは事前に口内の細胞を少しだけ取り出し、海外の検査機関に送って検査を受ける事が多いようです。

 

その検査の結果を、登録している会員同士のマッチングに活用する・・・と。

 

そういったマッチングで得られる「メリット」は? というと、遺伝子の相性が合ったカップルの妊娠3カ月以内の「着床不全」の頻度が低いのだそうです。

 

これは科学的に証明されているそうで「子供を確実に残したい」という夫婦にとっては、とても大事な要素ですよね! 

 

そしてもう一つに、遺伝子的に相性が良いカップルは長年連れ添っているケースが多いというもの。遺伝子レベルでお互いに惹かれ合ってるから、長く続くのは当たり前ですね! 

 

でもそんな遺伝子レベルで・・・なんて最初から判るわけないじゃ無い! と言っていたのは過去のハナシ・・・というわけです。

 

さらに突っ込んだハナシとなりますが、DNA婚活はHLA遺伝子(通称 恋愛遺伝子)という遺伝子の一部の情報を使いマッチングをするそうです。

 

このHLA遺伝子、実は臓器移植時などの時にも使われる遺伝子なのだそうです。さらに、HLA遺伝子は「匂いラブラブとも関係が深くて、HLA遺伝子が合う人の匂いには惹かれやすいのだそうで・・・。

 

だから、よく言われる「好きな彼(彼女)の匂いが大好き💕」ってう発言には、このHLA遺伝子の相性が良い、という裏付けがある訳なのです。うん、納得。

 

ピタっと相性が合う、「運命の人」に簡単に巡り会える・・・そんな可能性を持ったDNA婚活

 

結婚を望んでいる数万人もの登録会員ネットワークを活用することで、「数」と「質」が飛躍的に高くなった現代の婚活事情。

 

しかしその中から一人のお相手を決めるという「無理ゲー」に、多くの人が悩んでもいるのも事実です。このDNA婚活は、そんな負の婚活ループから脱出する一つの有効な手段なのかもしれません。

 

いくら、HLAを嗅ぎ分ける「鋭い嗅覚」を持っていたとしても、ネットワーク上の全ての異性の匂いを嗅いで回る事は不可能なのですから。

 

 

アネサンが素敵! でしょ

 

「姉さん女房」・・・そんな風に年上の女性、年下の男性の夫婦を表現しますが、これって幾つくらいまでの「齢の差」まで使ってよいのでしょうか?

 

趣味と情報収拾を兼ねて、毎回テレビドラマのチェックは欠かしません。今期放映されている恋愛ドラマではまさに「姉さん女房 (ハイエンド)といった関係性のカップルが描かれていました。

 

それらは別々なドラマの登場人物ですが、成人した子供を持つ女性2人(独り身の女医、そしてもう一方は専業主婦)が、娘の婚約者、(しかも可哀想なことに彼女たちの娘たちに捨てられたという設定まで同じ・・)に惹かれていくという流れです。

 

そして、齢の差は20歳ほどと、結婚を考えられる「ほぼ上限」でしょう。まさに、親と子ほど齢の離れたカップルです。

 

しかし、実はこういった齢の離れた夫婦というのは結構「メリット」もあると思いませんか? 

 

これは、男性側が子供をそれほど望まない・・・といった場合に限るかもしれませんが、女性が年上の場合ならば精神的に成熟した相手と一緒に過ごす「安心感キラキラ「安らぎラブラブといったことが最大のメリットです。

 

女性側が一枚も二枚も上手になるため、年下の男性はいとも容易く掌の上で・・・となることでしょう。だから、女性は余裕を持って男性に接することができ、また男性はそんな年上女性の余裕にメロメロ・・・と良い循環ができることでしょう。

 

反対にかなり年下の妻を持った場合は、良くも悪くも(?) 感情の起伏あせるに振り回されて苦労をするケースも多いと思います。ただし、体力的には釣り合う関係といえるかもしれませんので、アクティブに外へ出て行きたい男性にとっては良いパートナーとなり得ることでしょう。

 

男性と女性は別の心と身体を持ってこの世に生み出されました。だから、同じような能力や責任を同じだけ発揮したり、背負ったりする必要は無いと思いませんか?

 

現代の日本の社会では、男女平等という価値観の「負の面」が目に付くような気がしています。適正や嗜好といったもの以前のところで、男女の適材適所が上手く行っていない、または男女間で「男女平等」について感覚が違いすぎる・・・etc。

 

だったらいっそ「明らかに違う土俵の者同士(年齢など)の方が、より深く対話ができるのでは? と、ドラマを観ながら考えさせられました。

 

実際に、過去調査された結果で未婚男性に「年上の女性との結婚はアリかナシか?」という質問に、実に95パーセント(!)の未婚男性が「アリ〜💕」と答えたそうです。

 

姉さん女房のパターンでもう一つ良い面があります。それは、この世を去るタイミングが夫婦一緒となりやすいこと。残される身は辛いでしょうから、きっとそれは「良い面」だと思います。

 

逆に、妻が年下のパターンなら・・・?  夫を見送った後でもまだ第二のパートナーを探すことができる年齢でしょう。

 

人生100年時代ですから、年下の男性を捕まえて今度は「姉さん女房」になってみれば、人生二倍は楽しめる・・・かもしれません!?

 

様々な条件で判断されるある意味「シビア」な婚活の場ですが、既成概念を拭い去ることができれば、心地よく結婚生活が送れる「パートナー」と巡り合えるかもしれませんよ。

「草」を食べてもパワーは宿る?

今回は草食系男子にんじんにスポットを当てていきたいと思います。


女性に対して苦手意識を持ち、自制心が強くてシャイな性格をしている草食系男子が多いものです。「嫌われたらどうしよう?」といった心配から、女性と必要以上にコミュニケーションを取ることを避けている可能性が高いです。

 

また「避ける」ほどではないにしても、恋愛においては受け身になってしまう・・・という草食系男子もいますので、出会ってから攻めるか受けるか(?)お付き合いのスタンスの見極めに注意が必要ですね!


また、自分の意見をハッキリと言わない草食系男子も多いのですが、それがマイナスに働くか? というと意外にそうでもありません。

 

周囲の女子たちからは"聞き上手"だと思われているパターンも意外に多いもの。しかし、話を聞いて、それから先のアクションを起こせない草食系男子にとって、新しい恋はなかなかやっては来ません。

 

だから恋愛経験を積む事もなく、趣味などをマイペースで楽しむ生活を優先して生きていく傾向にあります。

 

でも、そんな彼らだって恋をしたいキラキラと思っていない訳じゃないのですよ。逆に、あまり数を経験してきていない分、一つの出会いにかける熱量は大きい事が多いです。

 

好き、と言ってくれる女性に対しては全力で返すものですし、それこそ一生大切にする〜! くらいに想ってくれるのも草食系男子隠された熱量の多さゆえかもしれません。

 

また、温厚な性格の人が多く、結婚してからも衝突することは少ないと思います。
 

そんな、草食系男子に対してはどうアピールしていったら良いのでしょうか?

それは、結婚までの道筋をしっかりと示してあげることです。この先、何をどうすれば良いのか? お相手である貴女の口から伝えることで、草食系男子は俄然行動的になります。

 

彼にとっては、貴女が一緒にこの先の人生を歩んでいくことを意識している・・・それが確信できると、自信を持って行動することができるのです。まるでスイッチがONに切り替わったかのように・・・。

 

「人生を・・・」なんて大げさな物言いではなくても、メールやLINEで初めて貴女に連絡をくれた時は「待ってたよ♫」と冗談混じりに言ってあげましょう。

 

きっと、連絡を入れるというだけで「勇気をふりしぼっての行動」なのですから、貴女から肯定されたと安心させてあげましょう。そうすれば、きっと彼のスイッチがONになるはずです。


好きな異性の行動や発言からどんな性格なのか?を分析して、「最適なアピール方法を見つけ出す」と言っても、言うほど簡単なことではありませんよね。

 

でも、手当たり次第、運任せでは貴女の理想とするタイプの結婚相手を探して、交際まで持っていく事は難しいでしょう。効率的にご縁を紡いていくためにも、少しづつ観察眼を磨いていきましょう。

 

タイプはどちらですか?

婚活中で仮交際をしている女性に質問です。あなたは思いを寄せているお相手のことを、どれくらい知っていますか?

普段はどんな風に休日を過ごしているの? 今、デートの時に着ている服ではなく、本当に好きな服ってどんな服? 食事は一人でファーストフードで済ませちゃう? それとも、仲の良い友人たちと話題のお店に行って賑やかに過ごすのが好き? etc・・・。

 

そんな、些細な情報だって気になるお相手の事だったら、いくらでも知りたいと思いますよね〜! もちろん、情報が多いほど的確なアピールができるものですし。

 

交際を重ねていって深い関係性を育んでいくためにはお相手の事に興味を持ち続ける姿勢も大切です。

常にお相手の普段の生活態度を観察していれば、「積極的に異性にアピールが出来るタイプかどうか」や、「生活の中で異性の優先順位がどれ位高いのか?」という恋愛観だって判ってきますよ。

 

特に、最初から知っておきたいのは、肉食系とか草食系とか、ロールキャベツ系(?)とか・・・異性にたいするスタンスです。

そんなザックリとした分類の上ではありますが、肉食系男子ステーキは様々な女性の褒めポイントを掴んでいます。彼らは常に女性が言われて喜びそうな「褒め言葉」の研究には余念がありません。そんなところは恋愛上手と言えるのかも。

また、常に自分の「身なり」に気を使っている男性は、「いつ誰に会ってもいいように」と備えているとか、積極的にリーダー役につきたがる人は女性のリードも上手にできるとか、気さくに女性に話しかけてボディタッチも躊躇しない、etc・・・肉食系男子の生態(?)には色々な説があります。

 

そんな肉食系男子、常に女性に対してグイグイアプローチする側といった印象を持たれがちで、女性側からアクションを起こすのは難しく感じるかもしれません。

でも、肉食系男性のツボを刺激する方法はあるものです。

 

一般的に良く言われる「女性らしい仕草や振る舞い」だけではちょっぴり不足で、柔らかい雰囲気から垣間見える{芯の強さ}にこそ、肉食系男子が食いつくポイントがあるのです。

 

たとえば、会議の場などではっきりと自分の意見を述べる、職場の上司など「上の立場の人」に対しても間違った事はビシッと指摘できるとか・・・。普段の雰囲気とのギャップで肉食系男子たちの興味を沸かせることになるでしょう。

 

そして、メールやLINEでのやりとりなども肉食系男子からの質問には少し間をあけて焦らしたり、忘年会などで2次会にはあえて行かなかったりと、「少し物足りない」と思わせる作戦も大いに「あり」です。

 

獲物を追いかけて捕食(怖いですね)する肉食系男子にとって、思い通りにならない貴女はきっと「魅力的な獲物キラキラと映るはずです。

 

ターゲットとして注目されれば、もうグイグイアプローチされること請け合い! 現代では少数派かもしれない(?)貴重な肉食系男子に好意を抱いたら、是非お試しくださいね! 

次回は、「草食系男子について・・・」です。

 

 

最初は楽しくなくっても!

師走となって、「何かに追われている空気」へと一変したような・・・。街はクリスマス商戦で賑やかに、人は仕事の追い込みでアワアワと(?)いづれにしてもバタバタ・ワクワクする時期ではあります。

 

婚活中の皆様も、「今年中には〇〇を・・・」と漠然でも思っていた「予定」の進行が問われてきます。えっ? 婚活は始めたばかりで、「予定」もなにもまったくこれから? そうですか〜!

 

それでは、そんな貴女に「婚活あるある」を少しだけお話ししておきましょう♫ 

 

まずは、だれでもきっと一度は体験する『初デート』について。というか、恋人が変わるたび必ず通る道であります。
 

そんな、初デートには無茶苦茶気合いが入ってしまう人はいませんか? 始まる前から、いろいろ想像(妄想?)して勝負下着選びやらムダ毛処理やら、いろいろ心配したり、過度な期待をしたり・・・結構、準備に時間をかけてしまうことになりがちです。


「明日のデートが楽しみで楽しみでなかなか寝付けない〜💕」わけではなく、「身体のメンテナンス」にばかり時間がかかってしまい、寝ることができるのは当日・・・・。美容には睡眠が必要なのは判っているけど・・・やっとかないと気が気じゃナイ〜!!

 

あるある〜♫

 

やっとの事で待ち合わせに間に合い、お店でお茶しよう・・・そんな時にはお相手の趣味やお仕事について、またどんな女性が好みなの?と聞きたいことはたくさんあるハズなのに、緊張してうまく会話が続かない。

 

焦れば焦るほど、次の会話をどうしようか?と会話のための会話に終始してしまって、結局聞きたいことなんてなにも聞けない、覚えてもいない・・・ああ、自己嫌悪。

 

あるある〜♫

焦ってばかりで、嫌な汗をかいてしまって・・・でも、なかなか言い出せないのですよ、「お化粧直してきます」とは。だって、なんとなく恥ずかしいと感じてしまいませんか? 「お化粧を直す」ということが・・・。

 

そうこうしているうちに、ますます崩れてくる化粧を見て、目の前のお相手はどう感じているのでしょうか?そう考えると、ますます焦って悪循環!!

 

あるある〜♫
 

初デートって、もっと楽しいもの、ドキドキできるものであるはず、いえあってほしい・・・。でも、そんな風に過度な期待をもってしまうと、現実とのギャップに打ちのめされてしまい、「こんなハズではなかつとたのに〜!!」となってしまいます。

初デートは、あまり過度に期待しないようにしましょう!
 

いきなり初対面のお相手に心を開くのは難しいものです。少しづつ、安心感を持てるようになってから打ち解けてくるもの・・・。だから、最初から楽しいデートを想像しない方がいいと思いますよ。

 

少しづつ、感触を確かめるようにデートを数回重ねれば、その人とのデートの楽しみ方がわかってきます。それからは、回を重ねるごとに充実したデートができると思いますよ!

 

「婚活あるある」については、動画もUPしていますので、是非そちらもご視聴くださいね♫

 

 




 

好きならば変えられるハズ!

みなさん、婚活は順調に進展していますでしょうか? 初めて出会ってから、少しづつお互いを知って良い関係性を育てている最中なら良いのですが・・・。

 

しかし、お互いを良く知れば知るほど、「どうしてもココは我慢ならない」「絶対ココは直して欲しい・・・」というお相手の欠点の1つや2つは出てくるかもしれません。

 

もちろん、自分だって完璧な人間などではないのだから・・・そう思ってお相手の欠点には目を瞑るというのも、確かに大人な解決法かもしれません。

 

でも、お相手自身に自覚がないだけだったり、治せる可能性があると感じるものであれば、あなたの力で改善に取り組んでみるのも一つの手かも?

 

それでは、一体どうやって改善していけばよいのでしょうか?  ここでおすすめしたいのは「ピグマリオン効果」というものを応用する方法です。

 

この「ピグマリオン効果」ってナニ? という方はきっと多いと思います。簡単にご説明を・・・「ピグマリオン効果」はアメリカの教育心理学者の事件により提唱された「とある効果」です。


それでは、ピグマリオン効果とは具体的にはどんなものなのでしょうか?

 

それは「人は期待された通りに成果を出す傾向がある。」というものです。相手を叱咤するよりも「あなたはきっと出来る人よ!期待してるわ。」と伝える事で、叱咤された人よりも褒めて期待された人の方がパフォーマンスが向上するという効果が確認されているのです。

 

そもそも相手の欠点を直そうとしてアクションを起こすとして、頭ごなしに相手の欠点を指摘するのはほとんど上手くいかない・・・のはご想像の通りです。

 

それだけではなく、却ってトラブルに発展する事だって考えられます。

 

このピグマリオン効果を婚活に利用して、「どうしても我慢できないお相手の欠点」を直してもらい、理想のお相手に育てて行けたら?   理想通りのお相手と巡り合うまで、何度もお見合いを繰り返すよりも現実的かもしれません。

 

例えば、いつもデートの待ち合わせ時間に遅れてくるお相手だったら?

「ちょっと、何度言えば解るの? 約束の時間に遅れるの、嫌だって言ってるでしょっ(怒) しかも、連絡もよこさないし!」

と、言いたくなるのも判りますが・・・

「遅れる事があっても仕方ないけれど、せめて事前に連絡くれたらありがたいわ。これからそうしてくれると凄く嬉しい💕」

「あなたとはいつも楽しく過ごしたいから、それだけはお願いキラキラ

などという伝え方をしてみて下さい。特に「嬉しい」と言う言葉は是非織り交ぜてみましょう。きっと、お相手はあなたを喜ばせたくて、お願いを真摯に受け取ってくれるはずです。

 

もし、すぐに結果が出なくても、じっくりと根気よく伝えてみてくださいね。絶対関係が悪くなることはありませんから、ゲーム感覚で試してみて下さい。きっと、お相手に何か変化キラキラが確認できると思いますよ!