クリスマスは誰にもやってくる!

私が大好きなアーティストの一人、山下達郎のクリスマスキラキライブ・・・。この季節になると、どこからともなく必ず聞こえてきますね。

 

この歌を耳にすると、街はすっかりクリスマス一色になります。もちろん、カップル達も楽しげに街に繰り出していきます。

 

そんな、幸せそうな姿を横目に「今年こそは!」「No more クリぼっち〜!!」と、焦る人たちも、実はたくさんいるものです。クリスマス直前の婚活パーティー、恋活パーティーがこんなにも開催されていることがそれを裏付けています。

 

いつもは、重い腰が上がらずに、こういったバーティーに参加できなかった人だって、「このまま独りでクリスマスを過ごすくらいなら、もう誰だっていい〜!」と、理想を一気に落として積極的に出会いの場へ出かけるのです。

 

「締め切り間近」の精神状態で、お相手に妥協してしまう焦る気持ちも良く判ります。だって、切羽詰まっているんですから。でも、そんな時だからこそ知っていて欲しいことがあるんです。

 

それは、この時期だからこそ、強気に、理想を下げずに婚活、恋活をするべきだ! という事。

 

えっ? だってこのタイミングは一年でも一番競争が激しい時じゃないの? そんな事言ってたら、今年もクリぼっち・・・(?)

 

いえ、違います(キッパリ)。というのも、この時期には「クリスマス」という、一年の中で最大の「プロポーズ」&「告白」タイミングがある事がその要因なのです。

 

山下達郎のムーディーな曲に流されては(?)いけません。実はこの時期、カップルの破局シーズンでもあるのです。

 

現在、婚活中で仮交際をしているカッブル達が「雨は夜更け過ぎにぃ〜・・・♫」とラジオから流れるこの時期に「進退を問われる空気」に背中を押され、結果として残念ながらフリーに逆戻りとなる人たちが多数おられます。

 

というのも、クリスマス直前は「イブに街のイルミネーションを二人だけで見上げるのに、お相手は本当にこの人でいいの?」と我に返る、女性(男性も)が多いからなのです。

 

それに輪をかけて、「クリスマス・イブ」の魔力に乗じて? 婚約指輪を準備し始める男性の「気配」を察し、「まだ心の準備がああ・・・」と引き返せなくなる前に相談所を通じてお断りを入れるという悪循環・・・。

 

これが婚活における、「魔のクリスマス(?)」のメカニズムです。

 

でも〜? これだって、悪いことばかりではありません。だって、それなりにお見合い、仮交際へと勝ち進んできた男女達が一斉にフリーになるのですから。

 

「え〜?なんでこんな素敵な人が?」という男女が、婚活市場に帰ってくるのです。クリスマスに間に合うようにと焦るよりも、そこからスタートできる出会いに期待してみませんか?