心当たりはないですか?

いよいよ「平成」が終わろうという現代は、SNSなどで多くの方が「婚活」に取り組み、その状況を発信することで誰でも情報を共有できる時代です。

 

しかし、「運命の出逢いキラキラではなかった・・・と、お見合いや交際が終わったタイミングで残念な報告がアップされることもしばしば。活動の予定などがアップされているのを見ても、こんなに頑張って婚活をしているのにどうして結果が出ないのだろう?という方は少なくありません。

 

きっと努力が足りないわけではなくて、男性と女性のそれぞれの事情からくるものだと感じています。結婚できない事情・・・もしかしたら次のような状況に陥ってはいませんか?

 

例えば、縁あって条件の良い男性と仮交際がスタートできたとしましょう。仮にその彼が真面目一徹で面白みのない男性だったら、会話が今ひとつ弾まないし楽しくないかもしれません。

 

条件は良くても「好きになれそうにない」と思ってしまうかもしれません。

 

でも、結婚前も後も日々の生活を楽しくする、又はつまらなくするのは実はご自身の心構えひとつです。

 

そして結婚後の生活はお金が土台の部分を担うものです。となれば、収入のある男性と生活を共にした方が、安定した穏やかな暮らしができるののは確かです。

 

しかしその一方で、初対面からスマートに接してくれる、更にいえば女性の扱いに慣れているタイプの男性を好きになる女性は多いもの・・・できればそんな男性と恋に落ち、そのまま結婚したいと望むかもしれません。

 

 ここで気を付けなければならないのは、30代後半、40代位のそういったタイプの男性は結婚に興味がない人たちが実に多いということです。(もちろん相談所に入会して活動している男性はその限りではなく、当然真面目に結婚を望んでいます)

 

 また、口説き上手な彼らはたいてい「まだ自分はモテるから大丈夫!」などと過信しています。だから「結婚」して落ち着くつもりがないのです。もし、落ち着こうと考えたとしても、同年代とではなく、20代のお相手との年の差婚を考えます。

 

ただし20代の女性ならば、大抵は30代前半の男性以外には興味が向かないため、ズルズルと結婚できずに活動が長期化、停滞しがちなのです。

 

もし、彼氏がいない女性ならば、「きっと私は結婚から一番遠いところにいる」などと落ち込んでしまうかもしれません。しかし、実はそうではなくて「結婚から一番遠いところにいる女性」とは、結婚に踏み出さない彼氏と付き合っている女性なのです。

 

ただ単に彼氏がいない・・・というのなら、勇気を出して「結婚相談所」「婚活パーティー」などで真剣に結婚を考えている男性たちにコンタクトをとればかなりの確率で結婚することができでしょう。問題は活動する「環境」とお相手の「質」なのです。

 

 ところが、何年も付き合っている彼氏はいるのに、「結婚ラブラブという言葉を決して口にしない場合もあります。それとなく話を振ってみても、うまく誤魔化されてしまう・・・「ずっと独身のまま」という女性は、若い時にそういった彼氏に時間を奪われた結果、そうなってしまったという方が多いのです。

 

女性の方から結婚の話を切り出したら二人の関係が終わってしまいそうで怖い・・・そう思われるかもしれませんが、なによりもご自身の人生が大事! 

 

その先の人生を一緒に歩いていきたいと思ってくれる相手、思える相手以外ならば、どんなに好きでも幸せになれないものです。

 

恋愛は安心、安定とは対極なもの。不安や危険があるほど却って燃え上がるもの・・・。

 

結婚生活には、なにより安心と安定が欲しいと思いませんか?

 

 

 

全て知りたいから・・・

お花見のシーズンも終わり、新緑が眩しい季節に移り変わっていく今日この頃です。この春から婚活をスタートしたという人も多いのではないでしょうか?

 

相談所などで活動を始めると、膨大な数の「結婚したいと思っている異性」のプロフィールを見ることができます。

 

年収や年齢、お相手への希望など、多岐にわたる情報が書いてあるプロフィールシートですが、案外婚活女子たちが知りたがっているのは「お相手候補となる男性の誕生日」だったりします。

 

それが判ると何が良いの?と思ったそこの男子!そんなんでは婚活の情報戦で遅れをとってしまいますよ〜。彼女達は誕生日占いであなたとの「相性」を、実際に会う前からふるいにかけている(?)かもしれません。

 

とかく時間がかけられない婚活の現場において、目の前に座っているお相手の性格や人間性、根本に持っているモノなんて即座に判断することは難しいものです。

 

それを補うとしたら、統計学をその根拠に持つ「占い」を活用したくなるのも解ります・・・。

 

誕生日なんて、本人の努力ではどうしようもない事ですが、あなたのご両親があなたを授かった日から動き始めた運命は「占い」に影響を与え、その結果が彼女たちの重要な判断材料になるという事は知っておいて損はないはず!

 

もともと女子は占いやおみくじといったスピリチュアルなものが好きなので、婚活の努力の方向性もそちらへ行き勝ちです。血液型、誕生日、星座、などは人類をカテゴライズする要素として昔から親しまれています。

 

もし、様々な枠組みごとに人々を大集合させてみたら、枠組みの中にいる人々の傾向が際立ってわかるのにな〜と妄想しつつ、そんな事は現実的には出来ないと思っていました。

 

しかしある時、妻の運転免許の更新で一緒に行った運転免許センターに並ぶ人の波を見て  

 

「もしかしてここに並んでいる人はほとんど同じ星座の生まれ?そして、誕生日が同じという人も少なくない?」という事実に驚きました。

 

性別も年齢も職業や趣味など全てバラバラな人々でも、生まれた月はほぼ一緒・・・という異常な状況に興奮しつつ(?)よ〜く観察してみましたが、そうと判る特徴などは感じられません。

 

試しに、私が個人的に「すごく当たってるぅ〜っ! 」と常づね感心している「しいたけ占い」の牡牛座のページを読んでみて、ここに書いてある事が目の前のほぼ全ての人に当てはまるのか!?と不思議な気持ちになりました。

 

きっと、毎日ここで働いている職員の方は、月によって「こんな感じの人が多い」と、その傾向を漠然と感じ取っているかもしれません。出来るものなら、是非一度詳しくお話しをうかがってみたいものですね〜。

 

・・・余談が長くなりましたが、とにかく女性の方がお相手について深く、広く知りたい、把握したい!という気持ちが強いのです。

 

残念ながら、相談所での活動で見る事ができるプロフィールシートでは詳細な誕生日は知る事ができませんが、お見合いや仮交際が始まってすぐに誕生日を尋ねられたら、そのお相手はあなたに対して興味を持ってくれた・・・ということですよね!?

予定は未定といいますが・・・

「あれ、今日は買い物に行くんじゃなかったっけ?」と、突然の予定変更は家族生活では必ずあるものです。

 

休日の予定キラキラが決まっていたら、前日には翌日着ていく服だって決めてあったり、心の準備もバッチリですよね♪でも、急な予定が入ってしまっては、準備も一からやり直し~(涙)

 

それでも優先しないとならない「用事は」きっちりとこなしたいものです。

 

独身時代は、それこそ「朝起きた瞬間」から力尽きて眠りに落ちる夜まで「全て自分の時間」だったのに・・・そんな自由を懐かしむ気持ちも無くはないのですが、結婚して家族がいる生活に不思議と「不自由さ」「窮屈さ」などといった不満は感じなくなりました。

 

私自身の「独身時代」を振り返ってみると、「家族」がいないのだから時間をフルに使って「何か」を成し遂げなければ‼・・・と半ば義務的に仕事や趣味に打ち込んでいた気がします。

 

「何か」を得るためには何かを捨てる・・・または諦める覚悟が必要だ!なんて自分に言い聞かせて、「結婚」から目をそらして来ました。

 

それでも、必死に目をそらしながら全力で走り続けて得られた「何か」だけでは、心に空いた穴を埋める事が出来ませんでした。(あくまでも私の場合は・・・です)

 

その後に妻と結婚して家族が出来て、初めて心の穴が埋まったラブラブと実感しました。そして、何かを「貯えて」いけるようになったのだと思います。(お金は貯えられていませんが・・・)

 

確かに、「趣味に打ち込む事」で、他では得難い体験をもたらしてくれる事もあります。

 

でも何かの代償として打ち込む趣味は、どこか寂しく満たされない想いがついて廻るのではないでしょうか?

 

だ・か・ら、楽しみにしていた予定が「降って湧いた日常の用事」にとって替わってもガッカリする事ないのです。だって家族が安心して暮らす事以上に大切な事なんて、無いのですから!

 

結婚して家族ができて・・・そんな心境になれる自分自身に驚きを感じます。昔の自分が聞いたら、きっと「あり得ない」と首を横に振ることでしょう。自分のことだけで精一杯だった頃の自分は。

 

こんな事をふと思ってしまうのは、きっとそろそろ妻の誕生日赤薔薇だから・・・去年は、一昨年はどうだったかな〜?と、一年の中でとても大切な記念日を前に、過去の自分を振り返る時でもあるのです。

 

趣味に打ち込む事で得られる「体験」は、当人にとって尊いものですが、誰かのために全てを注ぎ込む喜びと、そこから返ってくる揺るぎない信頼は、何物よりも人生を豊かにしてくれると思いますよ。

 

 

・・・ところで、「急な用事」って何だったのか(?)というと、愛犬の「狂犬病の予防接種」をしてもらいに掛かり付けの獣医さんのところへ行って来たんですよ!

 

年度始めは、自動車や不動産関係の税金の支払いがまとめてやってきます(涙)。そういえば車のタイヤもそろそろ交換しないと・・・etc、いろいろと出費がかさみます。

 

そんな事情で、どっちにしても「趣味にかけるお金」の余裕はないし・・・これで良いのです。うん。

婚活は計画的に!

最近、芸能人の入籍の話題でネットやテレビが賑っています。人気声優さんとか、元陸上選手とコスプレでも有名な女子アナウンサーとか・・・そこで必ずついて回るのが「平成最後の入籍」「令和元年婚」といった言葉です。

 

交際も長くしていたし、そろそろどうかな?というカップルにとっては思い切れる良い「キッカケ」でもある、「平成の終わり」・・・。新元号である「令和」へ移行するまであと2週間ほどになりました。

 

「結婚はタイミングやきっかけが大事」とよく言われます。そして結婚は今後の人生を大きく左右するイベントでもあります。

 

「彼女を幸せにできるのか」「このままなんとなく結婚して良いのか」「結婚生活で価値観が合わなかったら?」生涯未婚率が過去最高となっている今、実はそんな不安から結婚に踏み切れない人も多いのではないでしょうか?


しかし、ふりかえってみればメモリアルな国民的行事が、結婚を迷う人々の背中を押した事がありました。


それが、西暦2000年を祝う「ミレニアム婚」です。世紀が代わる・・・そんなタイミングでは世の中も大きく変化する予感がひしひしと感じられていました。

 

そんな勢いに任せて? 迷いを拭い去ってプロポーズをした男性(女性も?)がたくさんいたのです。

 

そう考えると、2019年は4月下旬から5月上旬にかけて、平成から新元号への改元という大きな行事が控えています。

 

天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴って10連休のゴールデンウイークとなることもあり、「結婚を決断するきっかけキラキラとして期待されます。

 

しかし、婚活を始めたばかりで「今月末に入籍なんて無理〜!」という方も多いと思います。そんな方や未婚者の方達が元号が変わる2019年をどう捉えているのでしょうか?


ある調査によれば、恋愛・結婚より、自身のキャリア形成を目標とする人が多いそうです。

 

婚活や結婚においては「〜までに!」と何かの出来事を目標地点とする方が多いのですが、直前にせまった新元号への改変にはいろいろと間に合いません。

 

なので、ここはもう少し先の目標を設定しましょう。直近では東京五輪・パラリンピックという大きな出来事が控えていますので・・・。

 

なるほど、だから今年はキャリアアップして仕事での昇給を目指して、来るべきプロポーズの際には自身を持って「必ず幸せにします💕」と、大切な人に告げる事ができるよう頑張る・・・というわけなのですね!

 

まあ、お給料のことは各々の判断に任せるとして、婚活は計画的に進めていきましょう! 

 

 

 

 

 

 

もしもの時は?

「年度始め」も無事乗り越えて、世の中やっとペースが整ってきたと感じる今日この頃です。皆様も新生活のペースは整いましたでしょうか?

 

進学や就職、転勤などで今までとはまったく違った生活がスタートすることも多い4月です。

また、それまで実家暮らしだった人が「一人暮らし」を始めたら、1日のタイムスケジュールも大きく変わってくるでしょう。

 

公私共に慣れない環境で過ごす4月は、フィジカル面とメンタル面の両方で何かと無理をしているものです。もちろん気が張っていて本人は気づいていない事の方が多いかもしれませんが・・・。

 

特に今年の4月は気温の上下が激しくて、関東でも20度を超えたかと思ったらいきなり「雪」が降ったりと、体調を崩されている方も多いようです。

 

ただでさえ花粉症の方には辛く苦しいこの時期に、風邪までひいてしまっては仕事や趣味、そして「婚活」にも身が入りません。

 

ましてや、毎年この時期は年度末を機に婚活をスタートする方がとても多いのです。

 

だから、やる気に満ちたお相手がたくさんアプローチをしてくれる、絶好の「婚活シーズン」なわけなのですが、こんな時に限って体調不良というのは一番避けたい事です。

 

しかし残念ながら今、体調が戻らなくて気持ちも上がっていかない・・・・そんな方は、大型連休の前には「復活キラキラして目一杯活動ができるように、今のうちから手を打っておきましょう! 

 

相談所で活動している場合は、ぜひその辺りの事情を担当カウンセラーに相談してみてください。

 

仕事が忙しくて、または他の事情でも、システムを検索したりお見合いの申し込みなどのアピールが出来ないこともあるでしょう。そのための仲人カウンセラーです。

 

ご自身が動けない時ほど、「先の一手」を私たちと一緒に考えておきましょう。お見合いの申請を会員様に代わっていておくことで、回復後、スムーズにお見合いにつなげることも可能です。

 

婚活を決意するのに誰もが意識した「平成最後」の今期ですが、多少出遅れたとしてもカウンセラーと二人三脚で活動することで、出会いの機会損失も最低限で済みます。

 

誰かと競って早く成婚する事が目的ではありません。結婚後、もっと幸せになるためにお互い努力していけそうなお相手を見極める事が大事です。

 

ただし一つだけ知っておかなければいけない事があります。ご自身が望む条件のお相手から、逆に求められる条件の中で、「年齢」だけは変えようがないものです。時間は決して戻らない・・・それだけは常に意識しておく必要があります。

 

お互いに「良い年齢」と思える範囲が重なる機会は意外にも狭いものです。そのスイートスポットを逃さずに、「貴重な時間」を無為に過ごすことなく、成婚に向かって着実に進んでいきましょう!!

 

同時進行で行きましょう!

なり、新しい環境や活動をスタートした方も多いと思います。滞った現状を打破するために「婚活」を始めた方、特に結婚相談所を選んだ方には是非知っておいて欲しい事が「複数交際システム」です。

 

普通の恋愛において複数の異性と同時にお付き合いすることは、バレてしまった時のリスクが大きく、そしてなによりモラル的にどうなのよ?という・・・あまり歓迎されない事ですよね?  

 

でも、結婚相談所のシステムでは「お見合い」して気になったお相手と「友達」以上「恋人」未満の関係性で二ヶ月程度の仮交際をする事になります。しかも複数人と同時進行する事が推奨されるのです。

 

なぜ、複数人同時進行が好ましいのでしょうか? 最大の理由は婚活は時間との戦いだからです。システムにご自身のプロフィールをアップしたら、まず初めの1ヶ月くらいの間は異性からお見合いの申し込みが多数あるものです。

 

 

 

そこでアプローチしてくれた方たちは容姿、条件も申し分ない方も多く、選ぶのに苦労するほど・・・。しかし、数ヶ月すると申し込みの件数が減ってくるのです。

 

そして、お相手の条件も徐々に変わってきます。(たいていは望まない方向へ・・・)こうなってしまうと、意図しなくても活動が長期化してしまい悪循環に陥ってしまうことになります。

 

そんなわけで、迷いながらも「最初に申し込みをされたお相手」の中からできるだけ多くの人とお見合いをして、できれば3人くらいの方と仮交際をスタートして欲しいのです。

 

もちろん、3人と同時にお付き合いすることは時間もお金もかかるかもしれません。しかし、最初は1〜2時間程度カフェなどでお話しをするくらいのデートが推奨されています。

 

いきなり長時間のデートはお互いに気を使いすぎて疲れてしまい、お相手との関係も良くない方向に向かう危険があります。

 

「もうちょっとお話ししたいな〜💕」くらいの時間で次回につなげていくのがベストです。

 

しかも、その程度の時間であれば、週末に二人、三人のお相手と別々にデートする事も可能です。

 

そして、同時に会ってお話しする事で比較ができるのもメリットです。真剣に成婚を目指している者同士だからこそ、お互いの貴重な時間を尊重するためにはそんな効率的な交際が必要なのです。

 

だからこそ、ちょっと違う・・・と思ったらすぐに相談所の担当カウンセラーを通じてお断りの連絡を入れましょう。お相手は、成婚を目指す「同志」のようなものですから遠慮は無用です。

 

早い決断は婚活でのマナーですし、言いづらい事を伝えるために担当カウンセラーがいるのですから。新しいお相手にお見合いを申し込むか、申し込みを受けていればお見合い申請をしてコンタクトをとりましょう。

 

そんな複数人との交際を数ヶ月間続けていくと、ご自身が望んでいるお相手の姿がよりはっきりと見えてくるものです。その時に仮交際が続いているお相手は、かなりの数から選び抜かれた人で、交際を経て良いところや気になるところもハッキリしているでしょう。

 

この人は良いお相手だと思うけど、「ビビッと恋心が刺激される何かが無い」・・・決めてが欲しい。そう感じているかもしれません。

 

でも、こう考えてみてください。もしあなたが婚活を始めなかったとしたら、それまでの生活の延長で今のお相手と同等かそれ以上の相手と出会えたでしょうか? 

 

あなたが勇気を出して相談所に入会して、時間もお金もかなりのエネルギーを費やして「真剣に結婚を望んでいる数万人」の候補の中から選んだ目の前のお相手は、運命の人と呼んでも良いくらいの存在です。

 

そんな風に過去の自分を振り返ってみて、それでも違う・・・となればリスタートしましょう。

 

もしここで、真剣交際にステップアップできれば成婚も現実的になってきます。ちなみに真剣交際に移行すると、その方以外に仮交際していた方とは交際を全て終了していただき、新規のお見合い申請も、申し込みを受ける事もできません。

 

完全に「恋人以上の婚約者」を目指して交際を深めていくのです。泊りがけはご法度ですが、日帰りの旅行など長時間のデートを重ねて結婚後の具体的なお話しもしていくべき時期です。

 

真剣交際については・・・たくさんの知って欲しい事があるので、また改めて書きたいと思います! 

魅力を引き出すために

マリッジクリエイトジャパン 志賀です。 今日のプロフィール写真のスタジオ撮影は連続して2名と、大忙しでした♪  

 

プロフィールで表示されるお写真は、とても重要です。だって相談所に登録している「本気で結婚したい」異性が、最初に目にするのがプロフィール写真なのですから。

 

婚活アプリやマッチングサービスなどでは、ご自身が撮影した画像や、契約時に事務所の壁をバックにパシャッと・・・そんな事も多いようです。

 

確かに効率的(?)かもしれませんが、私たちは可能な限り多くの、幅広い出逢いを得るためにここで「手抜き」はできないと思っています。

 

あまりに現実からかけ離れた姿を作るのは意味がありませんが、そのご本人の魅力が最大限に伝わる努力と工夫は私たちの仕事です。そんな魅力を最大限に引き出す工夫・・・それこそ、スタジオでプロのカメラマンが撮影する意義なのです。

 

もしかしたら、お金をかければ良く写ってあたりまえ・・・「だって高価い機材を使っているのでしょ!?」と思われるかもしれません。

 

しかし、決してそれだけではないんです。度々、新規ご入会いただいた会員様に同行してスタジオに行くのですが、スタジオの様子を目にした会員様は戸惑いの表情をされる事もあります。

 

しかし、お持ちいただいた衣装に着替えて、メイク、ヘアセットをしてもらいながらプロの美容師さんとの会話を楽しんでいるうちに、どんどん前向きな表情になっていくのがわかるのです。

 

そして準備が完了してスタジオのカメラの前に立つ頃には、とてもキラキラした表情になっているもの。経験豊かなカメラマンは、そんなあなたが一番輝いて見えるアングルや自然体な表情を的確に引き出してくれます。

 

撮影されたカットを確認すると「えっ、これ誰 ?」と、あまりに輝きを増したその表情に驚かれるかもしれません。でも、そこに映る姿は誰が見てもあなたそのもの・・・。

 

それこそ、あなた自身が気付いていなかった魅力が「プロの技術」によって最大限に引き出された姿なのです。

 

その魅力を自覚していただく事で、その後の活動にも自信を持って取り組んでいただく事ができるのです。私たちにとって、プロフィール写真をスタジオで撮影する意味とは、会員様に活動を進めていく意志を固めていただく「儀式」のようなものです。

 

今日もそんな「儀式」を無事に終えて、これから活動をスタートする会員様を見る事ができて、仲人冥利に尽きると思っています。

 

 

 

 

 

 

いろんなお相手と会って欲しい!

新年度が始まり、新たな気分で生活をスタートされた方も多いかと思います。そして婚活もしかり!

 

友人の「つて」で誘われた合コンや職場での飲み会では「出逢い」の予感すら持てない・・・そんな時期が長く続いていて、気持ちは焦るばかり。そこで一発奮起して、婚活アプリ相談所への入会など、勇気を出して取り組みを始めた活動には「期待」も大きくなるものですよね♪

 

婚活においても適した時期というものがあるのですが、まさしくスタートするなら今! が一番なのです。

 

暖かい春の陽気の中、綺麗なを眺めるたびに「人生のパートナー」と一緒に「桜の名所桜に出掛けられたらどんなに幸せか・・・きっと、毎年この時期にはそう思っていながらも、行動に移す事が出来ずに一年を過ごしてしまうという方も多いはずです。(かくいう私も昔はそうでした・・・)

 

でも、そこを一歩踏み出すことで、実に劇的に状況が拓けてくるものです。そう、劇的に! 

 

というのも「お見合い」など初顔合わせの機会が多く持てる、大型連休は婚活のステップを1つ推し進められる可能性が高いのです。

 

しかも今年度から企業に対し、社員の有給休暇を年5日取得させる事が義務化されました。これにより、仕事が忙しくてなかなか婚活を始められなかった方や、職種的にウィークデー 、または土日が休めなかった方にとっも活動が有利になるはずです。

 

というのも、相談所の検索システムでお相手を探しているときに「凄く興味がある異性ラブラブのプロフィールに土日は仕事なので平日のお見合いなら可能です と書かれていて、泣く泣くお見合いの申請を諦める・・・そんな切ないケースもあるのです。

 

しかし、有給をそこに充てやすくなればそれも解決。さらに休日のアンマッチを気にせずに、より幅広いお相手候補とコンタクトを取れるようになります。

 

「平日休み」の人も、「土日休み」の人も、今まで接点を持てなかった人同士のお見合いも可能となるので、意外な出会いがあるのです。

 

そして、気の合うお相手が見つかった先にも、「デート」、「婚約」、「式場探し」・・・結婚を目指す二人にとって共通の休日はいくらでも欲しいものです。だかすら、この制度は確実に結婚に向けての追い風となることでしょう。

 

 


今回の制度は、労働者に対して「心身の疲れをリフレッシュしてワークライフバランスを図る」事が目的とされています。

 

こういった制度に加えて、最大10連休という(!)超大型連休が控えている今年は活動のチャンス!  新元号となった「令和」元年の今年、人生で一番思い出に残る年にしましょう。

 

あなたが思い描くパートナーと歩む充実した人生を手に入れるため、積極的に行動を起こしていきましょうね!