若者たちの「〇〇婚」

先日、有名なマーケティングライターの方が書いた面白い記事を読みました。近年の若者たちの「恋愛」「結婚」に対する価値観は従来型の恋愛結婚から多様化がますます進んでいる・・・というものです。それっていったいどういうことなのでしょうか?

 

さらに記事を読み進めてみて、現代の「超」がつくほどの情報化社会において、若者の恋愛は「衆人環視に置かれた」といった表現が目にとまりました。

 

SNSの普及で自分の身の回りの恋愛はすぐに「他人に知られてしまう」という環境に生きる若者たち。彼らは「身の回りの空気を読んでみんなと仲良くしたい、仲間外れにされたくない」という価値観が強いのです。

 

そんな彼らにとって、身内での恋愛避けざるをえないものになった・・・ということのようです。

 

今の若者が結婚相手に求めているもの・・・それは、安らぎや安心感を一緒にいるときに感じられる、または楽しいと感じられる、友達のようなパートナーです。そんな男女の関係性は「恋愛」というよりも「友愛」とか「連帯」と表現できるかもしれません。

 

恋愛結婚に替わる、「友愛結婚」「連帯結婚」。そんな形を求める若者たちは、どの様にしてお相手を見つけるのでしょうか? 身の回りの関係や、恋愛から始まる関係でもない・・・となれば、登録制マッチングアプリなどの衆人環視から外れた「場」での「出逢い」に賭けるしかなさそうです。

 

友達作りならSNSを通じて簡単に出来るけれど、それが結婚相手となったら一気にハードルが上がってしまう。その中間を埋める役割をどの様にして得ればよいのか?

 

現代日本では「恋活」、「婚活」にまつわる数多くのサービスがあり、どれを利用するべきか判断に迷う方も多いと思いますが、「結婚を前提とした出逢い」が得られる結婚相談所は最も確実な「場」です。

 

中には「恋愛」から始まるケースもあるでしょうし、「恋愛」に替わるパートナーとの関係性を模索しながら、理想のお相手像を担当カウンセラーと作り上げて行けるのは相談所で活動する大きなメリットだと思います。

 

20代前半から結婚相談所での「婚活」をスタートする方も珍しく無くなった令和元年、人生を自分自身でコントロールしたいと考えるクレバーな若者たちの選択は、「効率的」「安心」がキーワードとなるかもしれませんね。

 

 

「表現する」力を積み上げましょう!

今日も各地でお見合いキラキラがたくさんありました。皆様、良いご縁となりましたでしょうか? 

 

お見合いでは、お互いに初対面のため待ち合わせたラウンジや喫茶店で対面する瞬間はとてもドキドキするものですよね。プロフィール写真でどんな顔の人か知っていても、実際に会った際の印象、雰囲気、オーラetc・・・写真だけでは判断できない沢山の情報が一瞬にして入ってきます。

 

「ああ、写真に比べて〇〇・・・」と、事前に自分が作り上げていたイメージとギャップを感じてしまってテンションが下がってしまう事もあるでしょう。

 

でも、緊張が解けてからの「素」が魅力的な事ってよくありますよね! 表情や声のトーンも、緊張している時とリラックスしている時では全く違って当然です・・・だって「人」ですから。

 

でも、限られた時間の中で必死にお相手へアピールしようとして、頭に思い描いた「原稿」をひたすら読み上げる様に、つい機械的に言葉を発してしまう・・・そんな男性も多いでしょう。(私も当時はそんな失敗してました・・・) 

 

女性からしてみたら、せっかく返した反応やサインを一切気にとめる事なく、ひたすら話を進めてしまう男性に対して、「この人、私に興味を持ってくれていないのかな?」とガッカリさせるだけ。

 

もちろん男性としてはそんなつもりはなくっても、そう受け取られてしまってもおかしく無い状況です。緊張する場面で、余裕を持って相手の反応に気を配る事ができる男性も中にはいると思いますが、これってやはり訓練次第です。

 

もともと、男性は同時に沢山のことを進めることは苦手な脳の作りとなっていますので、つい機械的に目の前のタスクをこなす事に徹してしまいます。

 

だから、相手とのコミュニケーションの一環としてご自身の感情を言葉にして伝える訓練をしてみましょう。今、自分がどんな感情を持ってするのか? 漠然と感じているだけでは相手に伝わりませんし、伝わらないことで不信感を持たれてしまってはマイナスです。

 

黙って硬い表情をしている理由が、

 

「〇〇さんが写真で見たよりずっと綺麗だったから緊張してしまって(汗)」

 

という場合でも、女性はそう受け取ってはくれません。

 

「何か気に触ることを言ってしまったのかな?・・・一体どこが悪かったのかな・・・これからどうしよう?」

 

といった具合にマイナスに受け取ってしまいがちです。

 

そんな悪循環にならないように、自分の感情をちゃんと表現して、その上でお相手の気持ちを察する努力をしてみて下さい。

 

「もしかして緊張していますか?」「お店の冷房強すぎませんか?」「ちょっとお疲れの様子ですね」etc・・・。

 

べつに「いえ、そんな事はありません」といった答えが返ってきても、お相手の女性の様子をしっかり観察して察する気持ちを見せることで、しっかりとコミュニケーションを取りたいという意志は伝わるものです。

 

是非、自分を表現する、お相手を察するという繰り返しが自然にできる様に、日頃から訓練してみて下さい。きっと努力は結果に結びつきますよ!

 

 

 

 

婚活ヒーロー参上!

日曜日の朝、子供達が大好きなテレビ番組があります。それはもちろん、昔から永く放映されている「特撮ヒーロー番組」です! それら特撮の人気シリーズ『仮面ライダー』『スーパー戦隊』ものに出演した若手俳優たちを、皆さんはどれくらいご存知でしょうか? 

 

実は過去これらの作品から、「名だたる俳優」たちが巣立っていったのです。

 

『仮面ライダークウガ』のオダギリジョーを皮切りに、賀集利樹、要潤、半田健人、細川茂樹、水嶋ヒロ、佐藤健、瀬戸康史、菅田将暉、福士蒼太・・・。

 

そんな今をときめく人気俳優たちが、フレッシュな時期に一年間の番組を通して「俳優として成長していく姿」を楽しみにしながら観ている「大人」も、実は多いのです。

 

特に、仮面ライダーシリーズはリアルなドラマ性から子供たちだけではなく、大人も楽しめる物語となっていまして・・・(以下割愛)

 

つまり、何が言いたいのか?というと、現在「ニチアサ」で放送中のスーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に新しく6人目の戦士として加入することになった新キャラクターが実に面白いということ。

 

その新キャラクターは、戦闘能力も高くてイケメン。でもなぜかモテなくて「婚活中」という、斬新な設定のキャラクターを演じるのは、俳優の兵頭功海

 

彼が演じる「リュウソウゴールド/カナロ」は静かな暮らしを求めて海底で生活していた海のリュウソウ族の末裔。現存している海のリュウソウ族がかなり少数であることから、一族の繁栄のため💕、陸上で婚活にいそしんでいるという設定です。

 


 イケメンでキザなセリフを放つも、実は妹思いでまっすぐな性格。けっこうな高スペック男子にも関わらず、超節約家で小言が多いガンコ者...という性格が災いしてか、モテないというのが実情...。

 

そんな令和元年に生まれたヒーローの活躍と、婚活の成就を願わずにはいられない・・・。ストーリーの中で「運命の人💕」と出会えるのでしょうか?もしかして、敵役の女性幹部と恋に落ちて・・・そんな妄想が楽しめる設定ですね〜! 

 

そして、日曜の朝からヒーローが婚活に励む姿を子供たちが観る・・・というのもイマドキな感じがします。婚活が、ストーリーの中でどの様に扱われるのか、とても興味があります。

 

仲人カウンセラーという職業上(?)今度の日曜日は絶対に観てみようと思います♫ そして、フレッシュな若手俳優の成長を見守るのも、良いものかも〜!? 皆さんも、是非一度ご覧になってください。
 

「話」を聞くことの価値について

春から婚活をスタートした方は、そろそろ活動が軌道に乗ってきた頃かと思います。「いや、実は今ひとつ進展していないんです・・・」とおっしゃるアナタ。もしかしたらこんな原因はありませんか?  

 

お相手とのコミュニケーションの問題でよくあるパターンですが、ときにストッパーが壊れたようにしゃべってしまい、気がついたらお見合い中はほとんど自分が喋ってしまっていた(汗)なんて事、経験ありませんか?

 

本来ならば、お互いをよく知るための時間であるお見合いの場で、一方通行なコミュニケーションの取り方は厳禁です。でも、そんなことは百も承知、判っていても気づけばマシンガンの様に喋り続けてしまうのは「緊張」しているだけではないのです。

 

ではなぜ?

 

例えば仕事では営業マンとして問題なく人と話ができる・・・それは「営業マン」というフォーマットがあり、そのフォーマットに則って振る舞えばいいから実は楽なんですね。

 

更に言うならば、会社では営業マンの「ペルソナ」を被っているということなのですよ。そんなあなたは、TPOに合わせたペルソナをつくる能力を得ることになったのです。

 

相手との関係性において、自分がどう「振舞えば良いか」が判っている場合は良いのですが、同世代年下が相手だと却ってどう接すれば良いか悩んでしまうことはありませんか? 

 

どんな立ち位置で発言したらいいのか?思い悩むのも疲れてしまいます。(私もいつもこの点は悩みます・・・)

「話が長い」人、判っていても話が止まらなくなってしまう人は、普段からそういう抑圧が大きい人なのだそうです。

 

そういった人たちが自分のことを他人に対して語る時、脳内物質のドーパミンが大量に分泌するのです。(ドーパミンとは、快楽をもたらす化学物質ですね) 

 

実は、他人に話を聞いてもらっているときに、「性行為」のときよりもドーパミンが出ている・・・という研究報告もあるそうです。

 

他人に話を聞いてもらうというのは、それほど「気持ちのいいこと」なんですね。

 

そしてそれは女性の方が顕著だと実感できるかもしれません。

判っていてもしゃべり続けてしまう・・・という人は、おしゃべりによってドーパミンを分泌し、普段から抑圧された分を取り戻そうとしているので、話が長くなってしまうのだと思います。

 

だからこそ、お相手に求める条件の一番最初に「しっかりと話を聞いてくれる人」という項目を掲げておく必要があるのです。

 

自分ではあまり喋るのは上手ではないけれど、相手が話すのを聞いているのは苦にならない・・・。

 

そんな人がいるものです。人生を長〜く共にする「パートナー」だからこそ、そこだけは「譲れないところ」かもしれませんよね! 

 

 

「雨」が降ってもデートしたい!

そろそろ「梅雨入り」の声が聞こえてきそうな時期になりましたね。関東でも今週は雨や曇りの予報が続きます。でも、独特な匂いや、眩し過ぎない柔らかい光線、しっとりした街の雰囲気♬など個人的には好きなんですよね・・・雨の日って。

 

とはいえ、婚活にとっても、「雨天」は困る事の方が多いものです。例えば雨の日デートとか・・・女性にとっては雨の日のお出かけ自体、制約も多くて決して楽なものではありません。

 

ましてやそれがデートともなれば、雨の日ならではの「不安」がいっぱいです。一番の不安は、「ファッション」をどうしよう、という事です。もちろんデートなのだから一番自信が持てる服でお相手と会いたい、そう思うのは当然のことです。

 

でも、雨の日はちょっと事情が変わってきます。お気に入りのバッグは雨に濡らしたくないし、ヘアスタイルも湿気ですぐに崩れてしまいそう・・・。

 

そしてメイクだって崩れにくいように「ナチュラルめ」にしておこうとか、女性たちは雨ならではのトラブルを想定してすぐにリカバーできるようなファッションを、細かく考えて(悩んで)いるのです。

 

男性としては、そんな女性たちの不安や努力を知っているのと知らないのでは、その時の接し方にも大きく差がついてくるというものです。

 

でも意外と気づいてくれない男性が多いもの。かといって女性のほうからそれを伝えるのもちょっと・・・察して欲しいオンナゴコロ💞

 

というわけで、男性諸氏は雨の日デートでこそ頑張って株を上げてくださいね〜♡

 

では、どの様には配慮をしたら良いのでしょうか?

 

まずは、事前にデートのプランを女性に伝えておく事です。ネダばれ? を心配するよりも、女性の安心感の方が重要です。どの様な経路で移動するのか?イメージが持てると女性が雨のデートに抱く不安を解消できます。

 

雨に配慮して、女性が雨に濡れるシチュエーションを極力避ける事で、雨のデートを楽しく過ごすことにも繋がります。でも、チョットしたことで雨に濡れてしまったら、すぐにハンカチを出して拭ってあげる気遣いを持てると、きっと彼女から「信頼」してもらえることでしょう。

 

そして雨のデートの最大のお楽しみは、「だって傘一つしかないんだから・・・仕方ないよね♫」というのは口実で、なぜか取り出した傘は特大サイズ。  

 

一つの傘の中、身を寄せ合って歩く二人はきっといつも以上に親密なムードになれるはず。そんな風に「雨のデート」を楽しんでみませんか?

 

 

 

 

「つまづく事なく」進んで欲しいのです

怒涛の大型連休も過ぎて、婚活の「令和スタート」を無事切る事ができた婚活ビギナーの方(?)も多いと思います。そんな方達に知っておいて欲しい、「相談所」での活動ではよくあるつまづきのパターンを書きたいと思います。

 

結婚相談所での活動の中で、「交際」は二つに分けられています。それは「仮交際」と「真剣交際」の二つです。相談所では、お見合いから始まるため、自然な出会いの様に「人柄を知り」→「そこから恋愛関係になり」→「結婚へ」・・・と進んでいくわけではありません。 

 

では、どんな風に活動を進めていくのでしょうか?

 

それは、数多くのお相手候補から絞られた異性とのお見合い後、「興味を持てた」、「持ってもらえた」お相手と「友達以上恋人未満」の関係である「仮交際」へと進みます。

 

まだこの段階では、男性も女性も確信を持って「この人と結婚したい!」とは思えないとでしょう。

 

なにしろ、お見合いで一度お話ししただけなのですから・・・。だから仮交際の期間は週一度程度、短い時間の「お茶」「食事」をして距離感を縮めていくことになります。きっと、お互いの趣味や仕事の話題から少しづつ将来のビジョンについて語り合う・・・そんな展開が理想です。

 

しかし、1度か2度食事をすると「交際終了」となることがあります。これは相談所で活動している人たちのありがちな行動パターンですが、仮交際に入っても積極的に動かない方がいらっしゃいます。

 

「仕事が忙しいので・・・」「今週末は用事があるので後日連絡します」などと理由をつけ、会うことを先延ばしにするような場合は仮交際に入っても、大抵うまくいきません。

 

そんなお相手なら、すぐに交際を終了して次のお見合いに意識を向けるのが正解です。

 

仮交際には、「食事3回の壁」というものがあり、そこまでスムーズに進んでいける人は仮交際の次のステップである真剣交際に入れる確率が高いものです。そして、真剣交際の先のご成婚まで至る場合も多いのです。

 

だから3回目の食事までは、なるべく期間を空けずに会うようにしましょう。週末のデートだけではなく、ウィークデー(水曜か木曜の会社終わりとか・・・)に、軽く食事や飲みに行ったりする時間をつくるのが良い結果に繋がります。

 

リードしようと頑張る男性は、積極的に女性に連絡を入れて会う日程を調整しようとするものですが、なかなか予定を出してこない女性もいます。

 

例えば、メールをしても、2、3日経たないと返信すらしてこないし初デートはお見合いから1カ月も経った後だった・・・と言うケースもあります。

 

また、気をつけなければならないのが「来週から8日間海外に旅行に行くので、帰ってきてから連絡をします」といったケースです。

 

近年旅行好きの女性は多く、例え婚活中であっても長期休暇を利用して海外旅行に出掛けていく事が良くあります。

 

仮交際に入ってからまだ日が浅いうちに海外旅行に出掛けた女性は、交際がうまく進められない事がほとんどです。

 

女性が海外旅行から帰ってきて、デートするもののあえなく「交際終了」になるならまだしも、「一度も会わずに交際終了」になる事すらあるのです。

 

なぜそんな事になってしまうのか? 理由を考えてみると、海外に行って日本とは違う景色を見たり体験をしたりする事で、日本にいたときとは気持ちが大きく変わってしまうのでは無いでしょう?

 

人を好きになっていく過程では、感情を高めていくタイミングと勢いも必要です。そのタイミングを外してしまうと、お互いの気持ちが下がってしまったり、興味がなくなってしまうのです。

 

なので、仮交際がスタートしてしばらくの間は一回一回は短い時間で、しかし長く日を空ける事なく高い頻度で会うことを目指してみてください。

 

 

ボタンの掛け違いにご注意を!

好きだけど・・どこか気持ちがひっかかってしまって・・・条件も人柄も不足のないお相手なのに、どうして?」

 

婚活をしていて、こんな感覚に陥いる事はよくある事です。

 

一緒にいて心地よく、好みや金銭感覚も相性が良いし、喧嘩なんてしたことがない・・・でも、「情熱」というか胸が熱くなる衝動のようなものが湧いてこない。

 

それはやはり、「ご縁が無かった」ということなのでしょう。人として「好き」になれるけれど、決して「恋心」とは違う。


そんな気持ちを交際しているお相手に抱いた場合は、一体どうすれば良いのでしょうか? 

 

ご自身に結婚を急ぐ、特別な事情があるならばそのまま進んでも良いかと思いますが、基本的には納得できていない相手との結婚話を進めるべきではありません。(たとえなぜ納得できないか?がよく判らなくても。)


少し交際をしてみて「ちょっと違うかも?」と思ったら、その時点で相手にそのことを伝えることが「婚活」においての誠実さだと思います。

間違っても、「もうちょっと交際を続ければ、好きになれるかな?」などと勝手に判断して交際期間を引き延ばすのはNGです。


それはご自身側だけの事情であって、お相手にとっては大きな時間の損失となってしまうためです。


正直に話して、お互いに貴重な時間とエネルギーは次の恋のために使うのが一番よいのです。

「婚活の場」においてはどうしても先入観として「条件」がついて回りますが、頭で「ロジカルに」判断しようとすればするほどピンとくる感覚を見逃しがちです。

 

特に男性は頭で考えがちなものなので、ピンとくる、さらに言うならば「惚れる」という感情を自然に湧き上がる様に感性を豊かな状態にしておくことがとても大切です。

 

男性が「惚れたラブラブと女性に伝われば、女性もその男性を好きになる可能性が高くなってきます。「惚れるのではなく、条件で選別する」という、最初のボタンの掛け違いさえ気をつければ、「運命の出会い」は、わりとすぐそこにあるものなのです。

 

お見合いなどで最初に合う瞬間は「条件」は、なるべく意識の外に追いやって「ピンとくる感覚」を見逃さない様にしましょうね。

住みたい土地のイメージ

先日、所用で出かけたのが「サンリオ・キャラクター」の聖地、多摩センターでした。この地域は大学も多く、若者や若い世帯も多く住んでいる印象です。

 

また多摩地域の交通の「要」である立川から多摩モノレールで一本、そして私鉄の京王線、小田急線も乗り入れており交通の便も良いところです。

 

個人的にも馴染みの深い多摩センターですが、この日は「多摩センターこどもまつり」が開催されていて、パルテノン多摩へ向かう道には多くの露店が並んで多くのフアミリーで賑わっていました。

 

今日5月5日は「こどもの日」ですし、ここ多摩センターには「サンリオピューロランド」もあって連休のお出かけにはうってつけなわけですね〜♬

 

そんなファミリーで溢れる多摩センターでしたが、結婚して新居を構えるとしたらどんな所が住みやすいのでしょうか?

当所の会員様の多くがお住いの東京都下にスポットを当てて調べてみました。

 

その結果、意外だと思われるかもしれませんが京王線沿線の「仙川」の人気が高いようです。聞いたことがない、という方もおられるでしょうが一体なぜでしょうか?

 

理由としては、まず交通の便が良い事。京王線沿線は言うに及ばず、国道20号線が並走していて少し走れば環状8号線と交差するなど、電車と車両方の便が良い事。

 

 

次に、駅前商店街に加えて高級スーパーや温泉施設もあり、様々なライフスタイルに対応できる懐の深さもあります。また、カフェもたくさんあったり楽しい生活をイメージしやすい地域といえるでしょう。

 

次に人気なのが中央線沿線の「阿佐ヶ谷」です。近所の高円寺は若者に人気の街として良く登場しますが、30歳前後の新婚夫婦の年齢層にマッチした落ち着いた雰囲気の街として、地味に見えても注目する価値のある街です。

 

長いアーケードに多くのお店が軒を連ねる商店街にも活気があり、新宿まで10分という立地も好条件です。

 

最後にご紹介したいのは、やはりここは外せない「立川」です。交通の便の良さは4路線の乗り入れがある事でいうまでもありません。そして通勤で都心へも、休日のレジャーで郊外にも・・・どちらに向かうにしても都合が良い、ここ「立川」は結婚後の生活の幅がぐんと広がります

 

そして「住みたい街ランキング」の上位ランク常連の「吉祥寺」や、大学の誘致など再開発で大きく街のイメージが変わってきた「北千住」なども上位に名を連ねています。

 

独身時代に、新婚で、子育てなら、老後には・・・と人生の様々なステージで住みたい場所も変わってくると思います。

 

その時々に一番住みやすい土地は変化していますので、情報収拾は怠らないようにしたいですよね!  

 

「一緒に生活したい場所」のイメージを、お相手といつでも話し合える様に、しっかり準備しておきましょう。

良い時代になりますように

p>昨日の「退位礼正殿の儀」を皆さまは中継などでご覧になったでしょうか? 厳かな雰囲気の中、粛々と進んだ儀式の中での上皇陛下のお言葉は心温かくなるものでありました。


 


そして、お言葉を終えて退出なさる時にはさりげなく上皇后陛下の手をお取りになり、壇上から降りられる姿に多くの方が胸を打たれたようでした。


 


そんなお姿を見て、自分たちが齢を取ってからもあんな風に「お互いを気遣い、支え合っている夫婦」でありたいという思いが溢れて来ます。


 


そして本日のお昼前には「即位後朝見の儀」へと向かう新しい天皇陛下、皇后陛下のお姿が中継されていましたが、新皇后となられた雅子さまがお召しになっていたティアラがとても華やかで、新しい時代をお祝いするムードをより盛り上げていたと思います。


 


新しい天皇ご夫婦が、明るく優しい「令和」の時代を象徴しているね!と、誰もが素直に思える時代にしていきたいものです。


 


「令和元年」、この新しい時代が始まる年に皆様の婚活が実って結婚報告が頂けるよう、私たちマリッジクリエイトジャパンのスタッフ一同、全力で会員様のサポートをしていきます!


 


連休中も休まず無料相談を実施しています♫  どうぞお気軽に、当HPの「無料相談」フォームからお問い合わせください。