乗り切ろう! 今年の「熱帯夜」

先日からいよいよ夏の気候になってきましたね! 最高気温は都心でも35度を記録するほどの暑さがやってきました。婚活で毎週末朝から頑張っている皆様にとっても辛い季節となりました。

 

気分の方は開放的になるので、出逢いにとっては良い条件なのですれど・・・如何せん、体力面で辛いです。継続していく事が求められる婚活を、夏の間もしっかり続けていくためには何に注意したら良いのでしょうか?

 

 それはズバリ「睡眠」です。

 

良い睡眠は熱帯夜の続く季節にはとぉ〜っても貴重です。熱帯夜の定義というと、夜間でも25℃を下回らず明け方まで高い気温が続く状況を指します。下手をすれば夜でも30℃に達することも...それは寝苦しいですよね。

 

しかし、寝苦しさの原因は「暑さ」だけではないようで・・・やはり「湿度」も深い関わりがあり、高い「湿度」が夜通し続くとベタベタと不快感が続き、「快眠」を遠ざけてしまうのです。

 

また、高い気温が続くと体温も高い状態で安定してしまい、快眠に重要な副交感神経が優位に働かなくなってしまいます。だから寝苦しさも倍増なわけです。

 

そんな辛い熱帯夜でも「快眠」を得るために、「絶対してはいけない眠り方」があります。

 

それは、布団に入る前にエアコンで部屋をキンキンに冷やすこと。眠ってしまえばあとは気にならないと、先考えないタイマーのセットの仕方も良くありません。

 

文明の利器である、エアコンさえあれば万事OK〜!と思ってしまいがちですが、それは危険です。エアコンに依存するだけではない、効果的な方法があるのでご紹介します。

 

それは、自身が体感する温度を下げる、というものです。

 

どういう事?かというと・・・通常は眠りにつく時から徐々に体温が下がっていき、目覚めの時は体内も冷えているものなのです。しかし、熱帯夜の場合は外気温が高いままのため、いつまで経っても体内の温度がさがりません。

 

それが「寝苦しさ」を生んでいるので、それを逆手にとってはどうでしょうか?

 

それは眠る前に38度くらいのヌルめのお湯に浸かって、「身体の温度を引き上げてしまう」というもの。外気温より高く身体の温度を上げてから布団にはいる事で、「涼しいと感じる状態」で眠りに入る事が出来れば「快眠」が得られるでしょう。

 

ちょっとした工夫で、暑さによる体調不良から身を守る事が出来るなら、実践してみても損はありません。なにより、せっかく気分が開放的になる「夏の婚活」を体調不良が理由でお休みしてしまっては勿体ないですからね! 

 

 

 

 

 

「情報」に惑わされないように・・・

先日は参院選も終わり、会社などでも上半期が終了してひと段落といった方も多いのではないでしょうか? そして今年上半期の最大の出来事は「平成」から「令和」へ元号が移り変わった事です。その出来事が、婚活にどのように影響を与えたのか? 振り返ってみるとしましょう。

 

一番印象に残ったのは、「令和婚」というワードでした。平成最後の月には、

令和元年の最初の日に入籍したい💕」というカップルが多かったのですが、実際のところどうだったのでしょうか?

 

信頼できる情報としては先日、厚生労働省が発表した人口動態統計(速報値)による数字は興味深いものでした。というのも、今年5月の婚姻件数が、昨年同月の2倍近い9万3128件だったというのです。

やはり、前評判?にたがわず「結婚に踏み切ったカップル」が多かったのはとても良い事だと思います。実際に結婚をするにあたっては、大きな覚悟と決断力が問われる事も事実です。

 

そんな中、平成から令和へと時代が移り変わるという大きな「時代の転機」は、いつ結婚しようか?と内心迷いを抱えていたカップルたちの「背中を押してくれた」のだと思います。

 

 

そしてもう一つ別な数字を見てみると、2004年以降、5月の婚姻件数は、5万~6万件台で推移してるそうです。

 

今年はそれが倍増したとして、それでも月に5〜6万件もの「夫婦」が誕生しているんですね。だから、「結婚することは困難である」とか「一生出逢いなんてない」という声を聞くと、「ちょっと待って! 」という気持ちになります。

 

いろんな情報源を誰でも持てる現代ですので、SNSなどの婚活アカウントをみると、

 

「婚活つらい」「結婚できる気がしない」

 

などといった「マイナス発言」をよく目にします。しかし、そのコトバを過剰に意識しないで欲しいのです。もちろん実際に活動している方の苦労はあるかもしれませんが、それが全てではありません。

 

でも、情報収集しようとすると、そういった「愚痴」「諦めの感情」から出てくるコメントを目にする機会は増えてしまうので仕方ないかもしれませんが・・・。

 

「行動を起こす前に、やる気を失ってしまう」・・・そんな人も少なからずいるのでは? と思うのです。そんなマイナス要因が影響していか否かは判りませんが、政府の閣議で決定された2019年版「少子化社会対策白書」に「結婚に関する意識調査」の結果が紹介されています。

 

結婚願望のある未婚の男女に理由を尋ねたところ適当な相手に巡り会わない」との回答が最多で46.8%、「結婚資金が足りない」というのが26.6%、「異性とうまく付き合えない」が24 %でした。

 

しかし、その一方で、「適当な相手に巡り合わない」としながらも、相手を探すための婚活をしていないは約6割にも上がります。さらに、20代男性に限るとその割合は7割を超えるそうです。

 

行動を起こす前に情報収集することは大切ですが、世に溢れる情報に翻弄されて「やっても無駄! 」などと決めつけてしまう事 だけは避けたいですよね! 

 

「ポケGO婚」でGO〜♫

p>皆さんは「ポケモンGO」というゲームをご存知でしょうか? そうですよね! 3年ほど前に配信されてから、一時は社会現象になるほどの人気となったあのゲームは今でも大人気です。


 


そして、先日も新聞やSNSで報じられた「ポケGO婚」というコトバも知っている方は多いかと思います。


 


ポケモンがらみのオフ会的合コン・・・ではなく、「ポケモンGO」をプレイしてる時に出逢った男女が結婚するというケースが増えている!  という報告を受けて生まれたトレンドワード?です。


 


このゲームは幅広い世代の男女が楽しんでいるゲームであること。という点が一つ。そして、実際に街に、郊外にと出かけて行った先の「決まったポイント」に人が集まるというシステムであること。


 


そして、ポケモンが出現とした瞬間はテンションがMAXになっているので、近くで同じようにテンション上がっている人と仲良くなれるシチュエーションであること・・・。


 


そんな男女の出逢いの場としても非常に良いシステムを採っているポケモンGOは、たしかに結婚に結びついても不思議ではないように思います。


 


そして、ポケモンがご縁で結ばれる二人のために!? 「ポケモンウェディングプラン」なるものも企画されています。


これはれっきとした本物の結婚式場が用意しているプランなのですが、


 


ピカチュウの着ぐるみと一緒にウエディングフォト」


ピカチュウのウェルカムボード」


ピカチュウのイラスト入り婚姻届」・・・etc、たくさんの「ピカチュウ」が描かれたウェディングアイテムが用意されています。


 


なにも結婚式にまで「ポケモンづくし」にしなくても・・・と思われる方もいるでしょう。でも、世の結婚式の企画では新郎新婦の出逢いのキッカケとなった事柄を演出として使うことは一般的です。


 


例えば趣味の自転車で出逢った二人なら、「愛車」にまたがり新郎新婦入場! とか、わりと良く聞く話です。それと同じ! 


 


二人にとって、大切な出逢いのキッカケとなったのがピカチュウだったとしたら、黄色いキャラクターのイラストが散りばめられた結婚式はやはり「二人ならではの幸せ💕」を目一杯表現できているのだと思います。


 


出逢いはどこにでもあるようで、後から振り返れば「運命的」なものだったと感じる事もしばしばです。どんな「出逢いの形」であっても、結婚生活が幸せなものでありさえすれば、二人の出逢いは「運命的」なものだったと思えるのです。


 

「推し」はいますか?

いよいよ明日、「参院選」の投票日ですね。ここち2週間ほどの選挙戦で、各党の政策を訴える街頭演説などを聴いた方も多いのではないでしょうか? 

 

「一体誰に投票しようか」と大いに迷うところでもありますが「婚活中」の皆さんにとっては週末のお見合いの方がどうしても優先順位が高くなってしまいますよね・・・。

 

それでも近年は若い世代の投票率の減少を少しでも食い止めようと、各政党の動画やSNSを使ったアピールもたくさん目にする様になりました。

 

婚活中の皆さんにとっても「選挙」は他人事というわけではありません。例えばデート中に「選挙カー」が政策を声高に訴えながら横を通り過ぎたとしましょう。

 

「なんだ、またか?この時期うるさくて仕方ないよね〜」というお相手と、 「あの政党の公約が実現したら、僕たちの生活がこんな風に良くなるかもしれないね?」というお相手では、どちらと結婚したいと思うでしょうか?

 

たとえ今は考える余裕がなくても、結婚後の生活がスタートしたらすぐに「現実」と折り合いをつけていかなければなりません。

子育てのこと、老後の生活のこと、医療費や教育費のこと、そして消費税・・・etc。

 

そんな、現実の生活に関する重要なことに、「よく判らないからどうでもいいや」といって関わろうとしない人とは「結婚生活」は考えられない・・・そう思いませんか?

 

たとえ政治に関心がなく知識がなかったとしても、自分たちの将来を少しでも良くする可能性があるなら、そのことについて真剣に考える姿勢が見えたとしたら、きっとお相手も安心感をもってくれるのではないでしょうか?

 

だからお見合いやデートでの何気ない会話の中で、または会話のネタに困っている時などはむしろ積極的に、「選挙の話題」を振って見ても良いかもしれません。

 

お相手本人ではなくても、「うちは昔から〇〇党を推してるみたい」といった、お相手側の家族が持っている「思想」などが伺い知れると思います。

 

まだ、おつきあいを初めて間もない場合は、「選挙にいくかどうか?」聞いてみましょう。夫婦別姓について、同性婚についてどう思うかなど、自分たちに関係がありそうな話題をからめ話しを広げて行くことで、普段はあらたまって聞きにくい「将来の展望」などの話題にも触れやすくなると思います。

 

そうやってお互いの将来のビジョンを知るのには、今回の「選挙」もちょうど良いキッカケになってくれそうですよ!?

 

まずは自分が応援している政党や候補者について、どんな所を「良い」と感じているかお相手に話してみてはいかがでしょうか?

 

「懐」も「気持ち」も暖かく〜!

この三連休はSNSなど見ていても、たくさんの婚活戦士たちが「おつきあいを始めましたドキドキとか「告白されましたキラキラなんて嬉しい報告をアップしていました。

 

やはり、ボーナス後の連休に狙いを定めて、いつもより「リッチな食事」をデートに組み込み勇気を持って一歩踏み出す・・・そんな男性が多かったのかな、嬉しく思いました。

 

たとえ短期間に集中したとしても、婚活ではお金の事は無視できないですね・・・・「結婚したい!」という気持ちがいくらあっても、それを表現するときには目一杯それを後押ししてくれる「演出」があるとないとでは大違いです。

 

そんなわけで「お金に余裕ができるタイミング」、お相手の女性との交際を深める「アクション」を起こしたいと多くの男性が思っています。

 

これは交際だけではなくて、プロポーズでも同じだと思うんですよね。

 

大切な彼女をずっと守っていくだけの「資金」が手元にあれば自信を持ってアタックできますし、男性から自信満々でプロポーズされる女性にしてみても「この人となら大丈夫・・・かも?という安心感が持てるはずです。

 

これが、諸々の事情があって資金に余裕を持てない状況でのプロポーズだとしたら、その「不安」は女性にも伝わってしまうでしょう。

 

もちろん「結婚するにあたって安心できると思える金額」なんて人それぞれですけど、お相手の女性とその先に増えるかもしれない「家族」の幸せに対して、責任を感じない男性はいません。(少なくとも婚活をしている男性たちはそのはずです)

 

大抵の男性は自分自身の収入や他のいろいろな能力を含めて、自分の大切な人たちを笑顔で暮らせるようにしてあげられるか? と、常に不安と戦っているものなのです。

 

とはいえ、サラリーマンの方は年収が一気にアップすることは難しいものです。

 

しかし、一年を通じてみれば懐事情が寒い時も暖かい時もあるので、うま〜くその「波」に乗って交際を深めていきましょうね♫

 

婚活は「感情を抑えて理詰めで・・・」なんて言うつもりはありませんが、活動をしっかりと継続するためにも計画的なお金の使い方を心がけましょう。

 

 

「指輪」は右に?それとも左に?

「あ〜あ、どうして私の周りにはロクな独身男子が居ないんだろう・・・?」そんなセリフ、どっかで聞いた事ありますよね? 特にドラマとかで・・・。

 

今期も新しいドラマが始まりましたね。私が注目しているのは、「偽装不倫」というドラマです。

 

婚活に疲れたお年頃の女性に訪れた「恋」を描く(と思われますが、まだ一話しか放送されていないのであくまで予想です)このドラマ、独身女性が既婚者と偽って恋人とどう接していくのか?というのが楽しみな内容です。

 

ところで、一般的に言われる既婚者ならではの魅力とは一体どんな所でしょうか? 既婚の男性の場合、年齢なりのファッションと小ぎれいな身なりで、奇をてらわない「安心感」が感じられるものです。それは奥様が常日頃からチェックしていることの表れです。

 

それに対して、独身男性の場合は30代になっても「学生時代に好んでいたフアッション」を引きづってしまいがちです。しかし、年齢を重ねるごとに、周囲から要求される?身なりというものが変わってきます。

 

でもそれを自覚してアップデートしていくのは難しいものです。つい、自分の好きなジャンルにお金も情熱もつぎ込んでしまいたくなるかもしれません。

 

しかし既婚男性の場合は、趣味に走って暴走しがちな夫のファッションに妻が「待った!」をかけてくれます。いつも近くにいて体型も知り尽くしている妻のチョイスなら、サイズや色、流行の形など全方位にスキがなくてかかる金額も現実的な範囲です。

 

そんなファッションは、女性からも好感を持たれる可能性が高いです。うん、つまりバランス感覚が大事なのですね・・・。

 

最初は、「え〜っ? これ着るの・・・? 自分では絶対選ばないな、この手の服」などと妻が選んでくれた服に不満を感じる男性も多いと思いますが、実際に着て街を歩いてみましょう。

 

すると、周りから評判も良いばかりか、今の自分が周囲からどういった人物像を期待されているか? なんて事も肌で感じられたりします。(ホントよ!)

 

「服が人を作る」とでもいいますか、その服装がしっくりするような人物に少しづつ変わってくる「面白さ」は、結婚したからこそ感じられたな〜と、個人的にも思います。

 

独身時代と結婚してからとでは、男性は社会の中で大きくボジションが変化します。そういった妻からの働きかけや、周囲からの圧力(?)によって少しづつ変化を重ねた結果、より魅力的な男性に変えていけるという事を、独身女性にもっと知っていて欲しいと思います。

 

もし、この人がこんな服装をして髪型をこう変えたら・・・意外に理想のタイプに近いかも? なんて、前向きに妄想してみませんか? 素直な性格の男性なら、妻からのリクエストとあれば服装や髪型なんてすぐに変えてくれるはずです。

 

男性の見た目は、妻の働きかけ次第でどうとでも変えることができるとしたら、お見合いの席でお相手の「見るべきところ」はどこでしょうか? 

 

お相手の「内面的な事」が判るようなやり取りを心がけたいものですね♫

 

 

 

 

「成熟」していればこそ!

p>私たち、マリッジクリエイトジャパンの会員様は「若い世代」ばかりとお思いの方が多いでしょうが(アニメ的なトップ画像ですし・・・)、意外に(?)40代、50代の方から結婚相談を戴く事もあります。


 


さすがにその年代の方は人生経験も豊富で、お仕事も安定しているし中には離婚経験があったりと、結婚に対して「焦り」を感じている訳ではありません。


 


しかし、今の生活を続けていく事は全く問題ないものの、もっと違った楽しみをパートナーと分かち合いたい。


 


仕事中心で生ききたもののそんな想いを心の片隅に抱き続けて、はやウン十年・・・。そういった40代、50代の方達はたいてい


 


「結婚相談所で結婚するなんて、余程モテない奴だと思われる」


 


そんな価値観をお持ちです。実際お話を聞いていて、そういった言葉は良く聞かれます。


 


もちろん、現代の婚活事情では「モテない」から婚活するなんてナンセンス! 


 


条件だってハイスペック、ルックスも良い、しかも若くから活動を始めている・・・など、より良いお相手に「効率よく」出逢うために、「結婚相談所」を利用する若い方が多数在籍&ご成婚しているのです。


 


最新のシステムを使った会員同士のアピールフォトマッチング機能などもご紹介しつつ、40代、50代といった同世代の会員様がどれくらいの数活動しているか?など、詳細をお話をしていくにつれて、徐々に古い「結婚相談所観」が変わっていくようです。


 


結婚を意識しているアラフォー、アラフィフの方には、男性も女性も40代、50代の方は婚活市場では珍しくないという事、さらにもっと上の世代の方だって活発に活動されていることを、是非知っていただきたいのです。


 


人生苦労を重ねて、様々なことを経験してきた世代の方達にこそ、この先の人生を楽しく有意義に過ごしていける素敵なお相手と出逢って頂きたいと思っています。


 


もし、「私なんてもうこんな年齢だから、今更結婚なんて・・・」とお思いの方がいたら、そんな事は絶対にありません! 


 


むしろ成熟した年代の方達ならではこそ、お互いの苦労も理解できますし、なにより皆様「人として」魅力的な方ばかりですよ!


 


人生、遅すぎる事なんて何一つありません。是非、無料相談で「今の婚活」を知るところから始めてはいかがでしょうか?


 


 

量産型より「専用」であるべきです!

最近「量産型〇〇」という言葉、良く聞くんですけれど・・・調べてみました。あれ? アニメの「機動戦士ガンダム」などに出て来る量産型のモビルスーツ的なニュアンスのようで、ある意味「そのまんま」の意味でした。

 

主人公メカのような際立った個性がなく、その他大勢として描かれてしまう没個性な存在・・・それを「女子」というワードにくっつけるって、どうなんでしょうか? 「量産型女子」

 

どこにでも居そうな・・・いや実際に、街で観察していると本当に同じようなメイク、フアッションの若い女性で溢れていますね〜! そんな量産型女子ですがたしかに皆可愛らしい「雰囲気」で、集団で行動しているのを見るとみんな同じように可愛く見えるのも「量産効果」の一つらしいです。

 

SNS世代の特徴である、「みんなと一緒なら安心♫ 」という気持ちや、お互いを「可愛い〜!」と褒めあっている彼女たちの姿は、何というかピンク色の「雰囲気」に包まれているかのようなを覚えるほどです。

 

しかし、女性同士の集団から一歩離れ、一人の女性として男性と付き合う時にはその「量産効果」が足かせになることもあるようです。

「あのグループにいつもいる彼女、ええと何ていう名前だっけ・・・?」

といった風にしか、男性から認識してもらえないと寂しいものですよね。

 

そこで男性の気持ちをぐっと引き寄せる「何か」というのは、量産型の仮面を取り去った後に現われる「個性」なわけですが、ご自身の個性は常日頃から意識していないと、すぐに表現が出来ないものです。みんなとの差別化のために用意する「個性」ではなくて、

「これがあるから私は他の誰とも違う「私」であるんだっ!」 

というものを、常に研ぎ澄まして胸の奥にしまっておきましょう。

 

そして、婚活をしている女性たちは活動中の多くの場面で、「相談所の指導」による男性の好むファッションにならざるを得ません。

中には、普段の自分は滅多に着る事のないような「婚活ファッション」を纏った彼女たちは、「量産型婚活女子」などと言われてしまう事も・・・

 

しかし、男性だって「スーツ一辺倒」なのでよっぽど「量産感」が強いのも事実です。お互いに没個性な第一印象のお見合いの場で当たり障りのない会話を度々することに、意味を感じられない場合もあるでしょう。

 

でも、男性も女性も「私は結婚を望んでこの場所に立っています」「自身をさらけ出して真剣に臨んでいます」という意思を持って活動していればこその「スタイル」なので、安心感にも繋がっていることを忘れてはいけません。

 

でも、「もっと本当の私を知って欲しい」アピールしたい! と思うのも当然です。そんな方のためにIBJのシステムではアピールフォトをアップロードする事ができるので、日頃の「趣味活」やプロフィール写真とは違った貴方の「魅力」も発信できるのです。

 

もちろんお相手候補のフォトも見る事ができますので、今は使っていない機能だけど・・・という方も一度トライしてみてくださいね! 

 

婚活においては、「量産型」であって良いはずはありません。お互いに、「専用」の存在になっていきたいハズですから! 

「クチのきき方」、知りたいですよね!?

先日は会員様との面談でこんな話がありました。それは、敬語、タメ口・・・いったいどのタイミングで口調を変えて行ったらいいの? というもの。

 

一般的には初対面で、しかもお相手との年齢差がある場合は「お互いに敬語」で会話が始まると思います。でも、最初はそうだったとして、その後交際に移行したり真剣交際になって二人の関係が親密になればなるほど、「敬語」で会話する事はなくなっていくでしょう・・・。

 

では、一体いつ? 堅い敬語から砕けた口調に移ればいいのか? そのキッカケはどうやって作ればいいの〜? などと悩むのは比較的男性の方が多いようです。

 

女性にしてもいろんなタイプの方がおられるとは思いますが、まずは「男性のスタンス」に合わせる人が多いようですね。という事は「最初が肝心」ということです。

 

男性が女性に対してどれくらいの距離感で接したか、その時間の中で距離感を縮めようという意思を女性に伝えられるか? お見合いを経験している男性はぜひ過去のお見合いを思い返してみてください。

 

そして仮にお見合いから仮交際に移ったとしたら、次のデートではフランクに会話ができるように仕向けていきたいものです。。

 

お話好きの男性は、「口語」口調で日頃から会話をしているので、お見合いの場でも最初からフランクに接する事が多いと思います。決して失礼にならない程度に、とっつきにくさを排した絶妙な距離感をもてる技術を持った人も少なからずいるでしょう。

 

その場合は、きっと女性も早い段階で「敬語」を解く事ができますよね! 仮に「ちょっと馴れ馴れしい!? 」と感じても、すぐに会話の「テンポの良さ」に引き込まれて気にならなくなるでしょう。

 

それに対して、問題となるのは普段から喋るのがあまり好きではない男性です。そんな男性は、「真面目」な方も多いので基本的には「いい人キラキラばかりなのですが、話す口調はたいてい「文語」口調で、いかにも予め用意してあった台本を読み上げるかのような会話になってしまいがちです。

 

もちろん、丁寧に「敬語」を使って会話を進める姿は、決して悪い印象ではないのですが・・・。仮にそんな「文語」口調が仮交際後もずっと続いた場合、女性はこんな風に感じてしまうかもしれません。

 

「私に興味がないのかな・・・」と。

 

いつまで経っても距離を縮める気配がない、心を開こうとしてくれない・・・だったら、「いくら話しても無駄! もっと私に興味を持ってくれる人を探すまでよっ。」と却って女性の気持ちを閉ざしてしまう事にもなりかねません。

 

会話が上手くはないと感じている男性にとって、「敬語」を使った会話は一番心配がないと安心しがちですが、いつまでもそれにしがみ付いていると危険! というわけです。

 

時には勇気を持って「堅苦しいから敬語をやめてもいいですか?」と持ちかける事も関係を進展させる為には必要です。

あとは、いつ、どのタイミングで?という話になりますが、女性によってこのあたりの距離感や関係を縮めるスピード感はまちまちです。

 

なので、「強引すぎることなく」お相手の表情や戸惑っている仕草などを観察して、「まだ早いかな?」と感じた場合は素直に謝って時間をかけて打ち解けていきたい旨を話しましょう。

 

ベストな距離感を掴むのは、誰だって難しいもの。もちろん目の前のお相手だって、ドキドキしながら距離感を計っているはずです。

 

だから失敗を恐れずに、男性側が勇気を出して一歩踏み出す心意気を見せて欲しいです。もし、女性が困惑した表情をしたとしても、きっとその「距離感を縮めたい気持ち」は判ってくれるでしょう。