最初の判断を信じましょう♫

皆さん、婚活に限った話ではなく「優柔不断でなかなか決断する事ができない」「一旦下した判断を最後に変えたくなってしまう」という事がありませんか?

 

 でも、こんな時に知っておいて欲しいのは「ファーストチェス理論」です。チェス?ってあのゲームの・・・? そうです。どういったことなのかというと、

 

 プロのチェスプレイヤーに盤面を見てもらい、「5秒」で次の手を決めてもらった後、もう一度「30分」かけて改めて次の手を考えてもらった時に、「5秒で考えた手」と「30分考えた手」はなんと86パーセント一致したというものです。

 

 この結果が物語っているのは、直感的に思い浮かんだ判断はかなりの確率で「正しい」ということです。もうちょっと良く考えてみよう・・・というのが、あまり意味がない事に思えますよね。

 

 これはもちろん婚活の場面でも応用できるお話なのですが、ちょっと注意も必要です! この実験はあくまでアマチュアではなく「プロの」プレイヤーでのお話なのだということ。

 

「プロの」を言い換えてみれば経験と知識が十分に備わっているという事です。

だから、婚活の場面で「ファーストチェス理論」を当てはめて良いのは活動歴が長く、多くのお相手とお見合いや交際を経験している方に限られるわけです。

 

 でも、長く婚活をしてまだ結果が出せていないのだから・・・そうお思いの方もおられるとは思いますが、そういった方ほどなまじ経験豊富ゆえにじっくりと過去のお相手と比較して評価したり、じっくり吟味する傾向にあると感じます。

 

 だからこそ、「ファーストチェス理論」を当てはめて考えるのもよいのではないでしょうか?

 

 難しく考える事なく「直感」でピンときた人がいたら、グイグイ交際を進めていきましょう。色々な想いを経て培ってきた経験に裏付けされたあなたの「直感」を信じてみましょう。

 

 そして、「直感」で選んだ結果、二つの選択肢が残ってしまい、どうしても2つのうちどちらかを選ばねばならない・・・そんな決断を迫られた時は、「ワクワクする方」を選ぶようにしてください。

 

 ワクワクできるということは、あなたの「潜在意識」がそれを望んでいるのです。そもそも「直感」が働いた時点で、どちらを選んでも大ハズレはないでしょうが、より幸せになれる方を選びたいですよね。

 

 何事も「絶対」ということはありませんが、婚活が行きは詰まっていると感じているあなた、「直感」を信じて5秒でワクワクする方を選んでみるのも、幸せを呼び寄せる方法の有力な方法ですよ!

 

 

 

身体の結びつきがないカタチでも・・・

先日も三連休だったという方が多かったと思います。後半は生憎な天気でしたが、レジャーやお墓まいり、そして婚活に動き回った3日間だったかもしれません。

 

秋分の日を過ぎて、だんだん日が落ちてくるのも早くなり朝夕も肌寒くなってくると、やっぱり誰かの温もりが欲しくなるものです。

 

しかし、肌の温もりを感じたいと心では思っていても、実際に誰かと肌を触れられるのが嫌だ・・・そんな悩みを持っている方も実は少なくないようです。

 

結婚を望んでいるけれど、身体的な接触がものすごく負担になってしまう。もちろんSEXする事も出来ないとなれば、もちろん子供も望めないし、夫婦関係自体難しい、だから結婚どころではない・・・そう諦めてしまう人も多いでしょう。

 

でも、そういった悩みを持つ人同士がマッチングする事で諦めていた結婚への道が開けるかもしれません。お互いに同じ悩みを持つ者同士ですから、その辛さは理解できるはずです。

 

 

結婚したら子供が欲しい欲しくないに関わらず、夫婦間の関係を繋ぎ止めるためのSEXをしなければならない、という呪縛から逃れる事ができるならば?

 

それもパートナーの理解を得られているならば、どれほど安心できることでしょう。

 

それこそ条件の良いお相手と結婚できたとしても、SEXでの身体の結びつき無くして夫婦生活を円満に送ることは難しいと言わざるを得ません。

 

そしてパートナーが求めているのに、拒絶しなくてはならない本人の心の負担は一体どれほどのものか・・・。

 

そんなお悩みをもっていて、婚活に積極的になれないという方がおられましたら是非、お話を聞かせて下さい。異性で同じような悩みを持っている人とマッチングできるなら、「結婚を諦める」必要はまったくありません。

 

身体の結びつき以外の絆で円満な結婚生活を送っている夫婦はたくさんいます。

 

そんな夫婦になれるかもしれない「出逢い」のお手伝いもさせていただきます。6万名もの会員様の中には、あなたのお悩みを理解してくれる異性だって絶対にいるはずですから。

 

最後にもう一度言いますが、決して「結婚を諦める」必要はありませんよ。

インドア、それともアウトドア?

あ〜あ、せっかくの三連休だけど後半は天気も良くないし、いっそ「部屋でゴロゴロして過ごそうかな〜?」と思っている方も多いかと思います。

 

婚活中でお見合いやデートに忙しい! 暇はない!! 今日もアポが複数あるし・・・そんな積極的に婚活をしている方でも、基本的には「インドアの趣味が好き」な場合もあるでしょう。

 

もちろん気候も行楽にはちょうどいい「秋」は、晴れた青空のもと、野外の公園やイベントに出掛けるのも楽しいものです。しかし婚活では、お互いの「アウトドアの趣味」なのか「インドアの趣味」なのかが食い違っていると、交際自体が楽しめないかもしれません。

 

結婚相談所に限らず、マッチングアプリなどでもプロフィール上で趣味の項目には、いくつかの趣味を記載する事が多いと思います。

 

幅広い人から「お申し込み」をしてもらえる様にインドア、アウトドア両方の趣味を書く場合が多いようです。今、一番興味を持っている趣味と異性にウケが良い「無難な趣味」も添えて・・・。

 

しかし、それが仇となる場合もあります。「無難な方の趣味」を共通点として頼りにアプローチしてくれた異性と会ってみても話が続かない・・・せっかく趣味の話題を振ってくれていても、「すみません実はそんなに興味、ないんですソレ」と心の中で謝るはめになってしまったり。

 

それに、たくさんのお申し込みがあっても「趣味が合わない人」がそこに含まれる可能性が高くなっていまいますよね。結婚を前提とした活動ならば尚更時間は限られているのですから、そこは効率的に行きたいトコロです。

 

当所の会員様も、趣味に関する写真をアプリ上でアップしているためか、同じジャンルの趣味を持った異性からのお申し込みがほとんどなので、使う写真の内容はとても重要です。

 

特にアプリの画面上で視覚的にアピールする場合はわかり易い画像を心がけましょう。(特に男性に対しては)_

 

「何が写っているのか? 」「何を伝えたいのか?」 スマホで次々と送られていくプロフィールの中で、何か引っかかるな!? と瞬時に気に留めてもらいやすくする。

 

そんな工夫は「スマホを使った婚活」が当たり前になった近年、とても効果的です。特に男性は視覚情報を重視する、という事が言われていますから・・・。

 

この連休に予定が詰まっていないという方は、アプリでのアピール写真を再検討するいい機会かも?

イメージできたら実現する!

皆様、先日は「中秋の名月」を堪能できましたでしょうか? 徐々に涼しくなり、日中に見上げる雲も高くなってきて、いよいよ「秋」を実感できるようになりましたね!  服装も、涼しげな「夏のファッション」から、深まっていく秋にふさわしい「しっとり」とした色の服へと、衣替えするのも楽しいですよね。

 

身に着けるものが一新すると心境も変わります。もし、夏に期待していた「出逢い」が思ったようなものではなかったとしても、それにめげずにこの秋から「心機一転」して活動するのは良い事です。

 

例えば、来年の6月に「ジューンブライド」を実現する! と決めたとします。それを前提にして逆算すると・・・?

 

 

・出逢い・・・できれば今月中にお見合いをしたいですね〜♫

 

・10月中にはお見合いで良いと思った人と仮交際を始めます。(この段階なら複数人でもOK!)

 

・11月中には仮交際している数人の中から一人選んて真剣交際へとステップアップ! ここからは、恋人関係となり現実的な結婚を

 意識したお付き合いとなります。

 

・12月中にはプロポーズへと・・・もちろんクリスマスなんて最も良いタイミング・・・・ですよね〜♫

 

・1月には双方の両親にご挨拶。ここもお正月休みなどが充てられるのでグッドタイミングです。

 

・2月には結婚式場を探し始めましょう!  (私ごとではありますが昔、結構な積雪の中、式の打ち合わせのために駅から式場まで妻と歩いた思い出があります・・・真っ白な雪景色と式場に展示してあった純白のウエディングドレスがとっても美しかったのです💕)

 

・3月には必要があれば今の仕事を退職。期末をまたいでの退職は会社にも迷惑がかかってしまいます。結婚式に呼びたい同僚たちがいるなら、なおさら気配りを・・・。

 

・4月には新居への引っ越しをしましょう! 新婚生活がいよいよ現実のものとなってきました。「ただいま! 」「お帰りなさい♫」といった、ごく当たり前の言葉がとっても幸せに感じられますよ〜♫ 

 

大切な人に迎えてもらえるのは、本当に幸せなのです・・・。

 

・5月はいよいよ入籍です。二人で役所に婚姻届を提出♫ 最近は凝った婚姻届の用紙や提出しする窓口が「写真映え」な仕様になっているところもあるようです。

 

・そしていよいよ6月には挙式! 憧れのウエディングドレスを身にまといバージンロードを一歩一歩、歩いていくのです。 

 

こんな「未来予想図」、今からならまだ実現可能です! イメージできない事は実現しないとも言いますから、よ〜くイメージトレーニングをして? 活動をスタートしてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

人生の折り合いをつけるには・・・

私達の周りには「うまく折り合いをつける」必要がある事がたくさんありますよね! 例えば、今の仕事で得られる収入で生活をしていく為には「本当は〇〇したいんだけど」という気持ちをグッと堪える必要もあります。

 

それは食生活だったり、住む場所だったり、着たい服だったりするかもしれませんが、皆さんは何とか収入と支出の辻褄を合わせて生活していると思います。

 

そういった、収入から逆算できる生活費などは自ずと決まってしまいますが、結婚相手となると、これがなかなか辻褄を合わせる事は出来ませんよね。

 

特に女性の場合は、昔からの価値観が未だ根付いていて、「結婚相手次第で人生が決まってしまう」と思ってしまいがち。

 

だから、どうしても理想とするお相手像から大きく離れた人(収入、容姿、学歴などの条件面で・・・)なら、別に 結婚しなくてもいい! と考えるのも仕方ないのかもしれません。

 

でも一度は結婚したいと思っているのなら、どこかで人生の「折り合い」をつけなければなりませんよ〜! 悩み、迷いながらも一年、また一年と時間が過ぎていく中で残りの人生は刻々と短くなっていくのです。

 

もし結婚してパートナーとなる人と過ごす時間が、貴女にとって充実し安らげる時間になりえたら、そんな大切な時間は少しでも長く続く方が良いに決まっていますよね! 

 

しかもそんな充実し、安らげる関係性を二人で作っていくのは時間がかかるものです。だから最初はたとえ安心感が無くても、パートナーとの「結婚生活」を少しでも早くスタートした方が、より良い時間を楽しめる事にも繋がります。

 

最初は不安だったり、不満も大きくなると思いますが・・・いや、それ以上に結婚自体に後悔や疑問を感じてしまうかもしれませんが、その問題を話し合い、時にはぶつかりながら解決できるのは貴女とパートナーだけなのです。

 

時には貴女が望んでいた何かを諦めてパートナーに捧げることも必要になるでしょうが、絶対にそれは「別な形」で貴女に還ってくるはずです。

 

それはきっと、結婚しなければ味わえない「喜びや幸せ」を実感させてくれるでしょう。パートナーを信じるからこそ、捧げることもできるし、そこまでしてくれた妻に対して、最大の気持ちと愛情を注ぐ事は、夫の一生を通じての「やりがい」となるのです。

 

最初から100パーセント満足できる、納得できる結婚生活なんてないと思います。きっと誰でも不安や後悔を抱えてスタートするのが「結婚」というものです。ましてや、お見合いで初めて会ったお相手と数ヶ月後に入籍となれば、全てを知って安心できる訳はありませんから。

 

それでも結婚して新しい生活をスタートする事は「妥協」ではなく、人生に対して「折り合い」をつけるという事です。そこから始まった結婚生活を、二人で充実と安らぎに溢れる生活に変えていくことは、とても楽しくて価値のあることなのです。

 

 

 

 

 

台風が過ぎて考えました・・・

p>物凄い風の音が夜中ずっと鳴り響き、何処からか飛んできた「何か」が道路を転げていく音が聞こえる・・・時折突風に揺すられて家が揺れるのを感じながら、眠れない一夜を明かした方も多い事でしょう。


 


台風15号は首都圏に大きな被害を残して太平洋上に消えて行きました。まだ、千葉県内では停電や家屋倒壊、断水などの被害で苦しんでいる地域があると聞いています。まずは、早期に復旧する事を願っています。


 


今回の台風で実感したことは、JRや私鉄各線といった交通機関が早めに運休を決めたり、落下物や横風の影響で高速道路が閉鎖されたりと、身動きが取れなくなる恐れが身近にある、ということです。


 


天気は美しく、生活に彩りと四季の変化をもたらしてくれる「良いものキラキラだ・・・そんな今までの日本での価値観が通用しなくなってきているのは、「実感」としてだれもが感じている事でしょう。


 


突然の豪雨によって、冠水や停電、河川の氾濫、地下鉄への浸水といった被害や、突風や竜巻で様々なものが飛ばされてしまったり、そして連続する厳しい真夏日などで熱中症で運ばれる人が増えているのも、ニュースでは「おなじみ」となってしまっています。


 


今まではその恵を与えてくれていた「自然」が、人間に牙を剥く様になってきている・・・そんな風に感じてしまうのです。


そんな時代の気分として、結婚相手には「身近な災害やトラブルに臨機応変に対応できるような男性がいい💞」という女性も増えてくるもの・・・。


 


アウトドアが趣味な人や、職業柄そういったハードな状況でも動じないという人は自信を持って欲しいと思います。


 


一緒にいて安心できる・・・その「安心」は時代と共に変化していきます。


 


経済的な安心のみならず、外敵から家族を守る事ができる「腕っぷし」という、いささか前時代的な価値観も求められたりして、男性はますます頑張らないといけませんよ〜♫ 


 


とはいえ、万能な男性なんているわけないのですから、女性から認めてもらえる領域が広がったと思ってはどうでしょうか? 


 


「ピンチはチャンスでもあると言いますし、ね?


 


 


 


 

「恋」を育む季節です

暑くて身体にこたえた夏も終わり、少しづつ過ごしやすい気候となってきましたね。気がつけばもう秋。皆さんは「秋」と聞いて何を思い描きますか? 「スポーツの秋」「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」「睡眠の秋」といったところが一般的かも? 

 

しかし、一方で秋は「真剣な恋の季節」であるとも云われていますよ。これは、秋に育んだ「恋」が実って、冬には結婚を意識したお付き合いになる・・・もしくはクリスマスにプロポーズされて晴れてご成婚! というタイミングでもあるからなのです。

 

「春」に婚活を思い立ち、初夏にかけて頑張って活動したけれど残念ながら結果が出なかった・・・夏休みにリフレッシュして、9月に入って心機一転して再スタート!というサイクルになる方が事が多いからかもしれません。(私たち夫婦も実際、そんなサイクルの末、秋に出会いました・・・)

 

 

そんな、「恋を育む」季節である秋は、デートでお相手とお出掛けするのにも絶好の気候です。特に9月は3連休が続いて予定も立てやすいと思います。

 

いったいどこへ行ったらお相手との距離を縮められるのかな〜? 試しに妻に聞いてみたところ、「う〜ん、イモ掘り?」といった予想の斜め上なコメントが・・・

 

確かに、女性の多くは大好きですよね〜、「焼き芋」。でも理由はそれだけじゃないみたいで、「狩り」的な要素も魅力なのだとか・・・。なら、土にまみれる「芋掘り」に拘らなくてもありますよね、いいのが! 

 

「ぶどう狩り」「りんご狩り」「梨狩り」「柿狩り」「メロン狩り」「キウイ狩り」「みかん狩り」・・・と、これら全て関東で楽しむ事ができるのですよ。

 

現地の果樹園でもぎたてキラキラをいただくのもよし、お土産に持ち帰るのも楽しいもの。そして何と言っても、お相手との共同作業がフルーツの香り一杯のロケーションで楽しめるのが魅力です。

 

美しい景色、甘い果実の香り、豊かなフルーツの酸味と甘さ、収穫の喜びを未来のパートナー(になるかもしれないお相手・・・)と手と手を取りながら分かち合う幸福感・・・。

 

五感を全て刺激してくれる魅力的な秋のデートは、少し足を伸ばしてもフルーツ狩りが絶対にオススメですよ!

 

まだ、「お互いに距離感が定まらない」し、「気持ちもはっきりと固まっていない」・・・そんな友達以上恋人未満な関係が長く続いている二人には、こういった五感を活性化してくれる場所こそ「大きく関係を進める」キッカケになりますよ! 

 

あ、でも「芋掘り」で掘ったお芋は持ち帰って一緒に調理する楽しみも残されていますね〜・・・意外といいかも? 「芋掘り」で土をいじりながら童心に帰るのも、心を開くキッカケになるかもしれません。

 

「幼稚園の遠足の時以来だなぁ〜」「どんな子供だったんですかぁ?」なんて、お互いのことを話しながらザックザック土を掘り返すのも楽しいかもしれません。

 

それはさておき、季節感あふれるイベントで、一生記憶に残る思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

シニアならでは・・・

p>人生100年と言われるようになったこの時代、永く一人のパートナーと添い遂げられる事はとっても幸せな事ですよね。でも、なかなかそうもいかないのが現実。


 


人生半ばでパートナーに先立たれてしまったり、熟年離婚を突きつけられて(もしくは突きつけて?)仕方なくシングルになったりと、いろんな人生経験を経てなお「これから先の人生を一緒に歩んでいける人が欲しい」と思うのは自然な事だと思います。


 


そんな、「人生のベテランたちが集う」シニア婚活パーティーというものがあるそうです。週刊誌の記事で紹介されていたものは「ラグジュアリー船上婚活パーティー+浅草散策」という、なかなか豪華&盛りだくさんな内容です。


 


なんと、午前10時半から午後6時半までじっくりとお相手候補たちと過ごす事ができるというのだから、そらの婚活パーティーとは訳が違います。


 


こういった婚活パーティーに参加するシニア方々は真剣そのもの。しかも、人生経験も豊富で人を見る目も確かな方ばかりのはず。参加者の方はこんなコメントも・・・


 


「この歳だからこそ妥協はしたくない。変な人と一緒になる位なら一人の方がずっといいから・・・」


 


きっと、参加者のほとんどがそう思っているでしょう。若い人たちのように年齢に焦りを感じて「とにかく結婚できる人を・・・」とある程度妥協したお相手選びをするなんて、最初から考えないのがシニア婚活


 


それだけに、「純粋」でもあると思います。いままでの人生も色々な事があった・・・お互いに深〜い過去を持ち寄って、そこから先の人生を寄り添っていくお相手。


 


そんな異性を探す時は理屈ではなく「ピンとくる」ものがあってお互い引き寄せられるのだと思います。(もちろん「トキメキ」も・・・)


 


「カン」というのは、過去の経験の蓄積から瞬時に導き出される「最適解」なのだと、以前何かの本で読んだ事があります。だから、経験値が高いシニアの方ほど、ピンときた時はまず間違いがない・・・そんな気がします。


 


そうでなくても長い時間一緒に行動して、徐々に打ち解ける事ができる、こういったスタイルの婚活パーティーこそシニア婚活には向いているのかもしれません。


 


人生がなが〜くなってきた現代では、「一生のうちに2度婚活をする」のも普通になってくるのかもしれませんね! 


 


 

清潔「感」を見直しましょう

全国の「婚活男子」の皆様、活動は順調に進んでいるでしょうか? 夏休みは集中してお見合いやデートが出来た! という方もいれば「帰省」で何も出来なかった・・・という方も。

 

もし、「活動が進展しないのはどうして?」とお悩みの方がいらっしゃれば、一度見直しをして仕切り直す手もありますよ。

 

具体的に何を見直せば効果的か?というと、やはり見た目! です。もちろん婚活において、最後の決め手は「人間性」や性格的な「相性」となるのでしょうけど・・・。

 

でも、初対面で「お付き合いしてみたい! 」「とりあえずお話しをしてみたい」と女性に思ってもらえるかで、交際につながるかが「ほぼ」決まってしまいます。

 

もちろん、婚活するからには! と、スーツを新調したり、ジムに通ってみたりと自分磨きに努力している方も多いとは思いますが、女性にとって男性の好感度を左右するのはズバリ「清潔感」なのです。

 

「そんなの基本のキだよ〜」と思われるかもしれせんが・・・実は女性の感じる清潔感と、男性が思う清潔感は少し感覚が違う場合があります。

 

男性にとって「清潔感」とは、汗や皮脂を綺麗に洗い落としてきっちり選択したシャツを着る、など身体の物理的な「クリーニング」に主眼を置きがちです。もちろん、それは間違いでもなく是非継続して行っていただきたい事なのですが・・・。

 

女性の求める「清潔感」(この、「感」というのが重要・・・) というのは体毛の処理や、年相応でTPOをわきまえた服装、高級ではなくても良いから身につけるカバンやベルトなどがくたびれていないか?、など全体的に演出されるものを指します。

 

特に、不必要な長髪無精髭などはほとんどの女性にとってマイナスポイントでしょう。女性は男性に比べてお肌もきめ細かく、均質な質感をしているのにも関わらず、より美しくなるためにスキンケアやメイクに努力しています。

 

男性に対して同じ様な美しさを求める事はないにしても、清潔「感」を感じさせるための努力はして欲しいと思っているはずです。でも、女性が求める清潔「感」自己ブロデュースできる独身男性はかなり少ないのではないでしょうか?

 

だからこそ、頑張り甲斐のあるところとも言えますよ! 髪は美容室へたま〜に行くよりは、月一回は必ず1000円カットであっても短くカットする事を怠らない。

 

「まだ着る事ができるから」言って流行遅れのシャツや、体型が変化してもそのまま無理にサイズの合わない服を着ているとしたら実にもったいない状況です。

 

今日にでも捨てて、新しい秋物の服を買いに行きましょう! 決してブランド物でなくて良いのです。ユニクロだってサイズを吟味して新品に袖を通すだけで、ぐっと見栄えが良くなります。

 

「鏡に映る自分の姿」は無意識のうちに自信をつけてくれたり、逆に失わせてしまったりするのです。「お相手とのデートじゃないからいいや! 」といってどうでも良い服、着ていませんか? 

 

見た目だけ繕えばいいなんて、誠実じゃない! そんな考え方もあるでしょうが、中身の在りようが「見た目」に表れると考えた方が婚活では有利なのです。

 

 

顔は変えられないけれど、顔つきは変えられる・・・人生をきっちりと生きているか? そういったところを女性は敏感に感じ取るものですよ。

 

今日から9月。今年前半で思うようにいかなかったら残る3ヶ月の婚活で結果を出せるよう、意識を変えていきませんか?