確定申告の時期ですが・・・

 年末からお正月にかけて、いつもイヤイヤ汗やっていることがあります・・・。それは、確定申告の準備です。毎年マメにまとめておけばよいものの、つい溜め込んでしまった領収書の束を確認しながら会計ソフトに入力し始めるのがその時期なのです。

 

 そんな中、カフェやホテルのラウンジで発行してもらったレシートの数々を見て実感したのが、

 

「たくさんお茶を飲んだなぁ〜」・・・ではなく、

「本当にたくさん、人と会って話をしたな」ということです。

 

 仲人カウンセラーとして無料相談や会員様との定期面談などは、ほとんどがカフェでお茶を飲みながら行うため、自ずと飲むお茶の数も多くなるのは当然・・・大事なのは、どの様に会員様とコミュニケーションを深めていくか?ということです。

 

 入会を検討中のお客様へ接する際には、相談所での活動のメリット、デメリット両面をしっかりとお伝えしようと心がけているのですが、最初は緊張からか「言葉少なめに」お話をされる方が多いものです。

 

 おそらく、「結婚相談所の無料相談だから、強く入会を勧められるんだろうな・・・」と警戒されているはずですし、初対面の私たちに対していきなり心を開けるはずもありません。

 

 でも、そんな緊張するお客様が話す際に、選ぶ言葉や私たちへの接し方など、初対面での印象はとても大切な情報を含んでいます。

 

 初めてお会いするお見合い相手にどんな表情で、どんな言葉遣いで接するのかが「私たち自身で体験できる」のが、この「場」なのです。

 

 それは、その後その方が入会して下さった際に、どんなお相手を薦めるべきか? そして何を伸ばし、何を変えていった方が良いのか?

 

 そういった活動の方針を立てるのに重要な判断材料となってくれるのです。

 

 そして、活動がスタートするまでの準備期間でもなるべく会ってお話をする機会を多く設けるようにしています。例えば、プロフィールの写真撮影でスタジオに同行したりもします。

 

 私たちとの待ち合わせで時間通りに会えるか? どんな表情で、どんな声で挨拶をするのか、歩く姿や店員さんとの会話など・・・全てが貴重な情報なのです。

 

 会員様の事をよく知り、私たちの考え方や人間性も知ってもらうためには時間がかかるものですが、用事が終わってからのお茶の時間に何気ない会話をたくさん交わす事で、お互いに信頼関係が築いていけるのです。

 

 そして、その方の人付き合いの距離感や感性を掴み、お相手との交際時には適切なアドバイスをするのが私たち仲人カウンセラーに期待されている事ですから。そのためには、お茶の10杯や20杯なんて・・・決して手間を惜しむことはしませんよ! 

 

 だからこそ、こう思う事にしています。毎年確定申告の時期にカフェのレシートの束と格闘するのは、「仲人としてしっかり仕事をした証だと」・・・それはそれで幸せな事だと思います。

 

緊急事態発生・・・の時は!

 ニュースでは、ゲレンデの「雪不足」が深刻だと言われています。しかし首都圏では今週末は雪の予報で、しかも数日間連続! 

 

  ただでさえちょっとした積雪にも大きな影響がある首都圏の交通機関ですが、週末のお出かけはちょっと心配ですよね〜。

 

 先日のセンター試験はなんとか持ちこたえた天気ですが、大寒を過ぎていよいよ本気(?)を出してくるのでしょうか?

 

 婚活中の皆様も、今週末にお見合いやデートが控えている方も多いでしょう。もし、当日に電車が遅れてお見合いの待ち合わせ時間に間に合わない・・・そんな事態になったら一体どうすれば良いのでしょうか?

 

 従来ならばすぐに担当カウンセラーに連絡を入れ、何分くらい遅れそうなのかを伝えてお相手側の相談所のカウンセラーへ連絡をつけてもらい、それからやっとお相手へと遅れる旨を連絡してもらう・・・そんな流れでした。

 

 しかし、「遅刻しそうだ💦」と判ったのがお見合いの直前だったら、もう大変です! それぞれの連絡が廻るまですぐに数十分は経ってしまう事もしばしば・・・。

 

 そうなれば、待ち合わせの時間になっても一向にやってこないお相手に心配半分、怒り半分という心境では遅れて到着したとしても印象は良くないでしょう。

 

 ですから、そういった事態になったら一刻も早く連絡を入れる事が必要なのです。

 

 とはいえ、列車が事故などで止まってしまうのは防ぎようもありません。そのため、IBJでは会員様から私たち仲人カウンセラーやお相手へと一斉に緊急メールが送れる仕組みが先日からスタートしました。

 

 具体的には、お見合いの前日までに会員様へ緊急連絡用フォームが送られてきます。

 

 もし、当日緊急事態が起きたらすぐにそのフォームから「15分未満の遅刻」「会場に着いているが会えていない」など、関係者全てに状況を伝える事で、いち早く対処する事ができます。

 

 そんな事態にはならないに越したことはないのですが、急激な天候の悪化や事故などはいつ起きるのか予測ができません。

 

 会員さまの「出逢い」を繋げるために、担当カウンセラーはいつでも見守っています。どうかご安心ください。

 

 

「体験型」の婚活はいかがですか?

 今週末は関東でも雪の予報ですね〜。空気がグッと冷えてきたのが実感できます。こんな寒さが厳しくなる時期は身体がキュッと縮こまってしまって、前向きに何かをしようとは考えられないものですよね・・・。でも、こんな時だからこそ出来る事もあります。

 

 しかも、それが冬にこそ開催される「婚活イベント」だとすれば、婚活中の皆様ならば少なからず興味が出てきませんか?

 

 今回ご紹介するのは、八ヶ岳での「体験型婚活」というもの。こちらのイベントを企画されているのは「婚活de八ヶ岳推進委員会」の方々です。

 

 HPを拝見してみると地元の八ヶ岳での婚活イベントキラキラが多数企画されています。

 

 例えば日帰りで現地の観光もしながら婚活して・・・なんて事も出来るのです。普段、都市部で婚活されている場合は、お見合いやデートも、都内のカフェやホテルのラウンジなどでセッティングされる事がほとんど。

 

 しかし、本来自分自身はアウトドアが趣味で「かしこまった場所」での立ち回りは苦手、なんだよね〜(汗)という方も多いはず。

 

 最近は男女分け隔てなく、キャンプや登山、園芸や写真といった趣味をお持ちでプライーベートではしょっちゅう都市から離れて山に身を置く事が大好き! そんな方々も多いのです。

 

 でも、そんな本来輝ける場所とは全く異なるシチュエーションで婚活ファッションに身を包み、自身をアピールする事に四苦八苦されているのは実に歯がゆくもあります。

 

 本来の自分が持っている「魅力キラキラを伝えられる場所でお見合いがしたい・・・そんなジレンマをお持ちのかたにはぜひ現地での「体験型婚活」というスタイルも選択肢に入れてみてください。

 

 上記の主催者に限らず、地方での婚活イベントには地域振興を目的としてものも多数あり、仮に婚活イベントでの出逢いから結婚へと発展したら現地への移住などもサポートしてもらえる環境が整っている事が多い様です。

 

 できればゴミゴミした都会を離れて、静かな地方で新たな人生をスタートしてみたい・・・そんな夢も婚活の場では現実的な選択肢として用意されているのです。

 

人生の中で大きな決断となる「結婚」です。大切な人と一緒に長い人生をどの様な場所で過ごしたいのか? 一度、既成概念を取り払っていろんな可能性を考えてみても良いのではないでしょうか?

 

もし、そこまでアクティブにはなれないけれど興味はある・・・そんな都心にお住まいの方でも、地方の会員様とのお見合いをセッティングするなど、幅広くサポートさせていただきます。

 

 

ささやかな行動から

「今年こそ結婚しよう」・・・今までは、実際に行動を起こせなかったけれど、今年は違う!   自分自身の事として、結婚について考える事から目をそらし「目の前の楽しい事に没頭していた日々」はもう終わり・・・。

 

 年の初めには、今年こそ! 目標を立てる人もきっと多いはずです。そして、往々にしてその誓いは他人に宣言するまでには至らず、自身の胸の内にそっと仕舞われたまますぐに月日が流れる・・・

 

 そんな繰り返しに終止符を打ちたいならば、今年はその誓いを 身近な人に伝えてみてください。

 

 だからといって、声高らかに「宣言」する必要はありません。何気なく会話に織り交ぜて伝えればいいんです。

 

「今まで結婚にそれほど興味は無かったんだけど・・・」などと呟くくらいで。

 

 それまでは周囲の人に対してから、積極的に結婚したいとは思っていなさそう・・・と思われていたあなたがそんな一言を呟いたなら、「えっ? 結婚に興味ある?」と周りの見る目が変わる事でしょう。(特に既婚者)

 

 例えば、友達の妹で、「誰がいい人がいたら紹介して欲しい」なんて言っていたな〜? と言われていたならば、きっとあなたの呟きに反応するはずです。

 

 また、あなた自身が周囲に意思表示をする事で「婚活」をしている自分というものを受け入れやすくなっていきます。

 

 そうなれば、世に数多くある「出逢い」のためのイベントへの参加や、相談所やマッチングアプリでのお相手探しなどといった具体的な行動に移りやすくなるものです。

 

 そうやって行動を加速していく事で、結婚についてもより深く考え、探し、決断する事が出来る様になってきます。

 

(会員様の活動を見守っている我々としては、本当にその変化を実感できます。)

 

 活動の結果として理想とするお相手とのご成婚♫  ゴールまで長き道のりだったとしても、最初の一歩はそんなに呟きと同じくらい、ささやかなでおっかなびっくりな「一歩」なのだと思います。

 

 

「結婚観」が変わる・・・かも?

 この時期になると、駅やバス停などで真新しいスーツを着た男性や晴れ着姿の女性たちのグループを見かけます。

 

 そんな新成人たちのフレッシュな姿を見ると、毎年「自分自身が成人した時はどんな風だったかな?」と数十年前(?)のことを振り返帰ります。

 

 そんな「成人式」の日は、結構な確率で雪に見舞われるのですが・・・今年は大丈夫でしたね♫。大人っぽく見えるけれど、ちょっと前までは高校生だった彼、彼女たち。

 

 ところで民法が改正されて成人の年齢が20歳から18歳に引き下げられるのをご存知でしょうか?  具体的には下記の様に変わるそうなのです。・・・(この改正民法は平成34(2022)年4月1日に施行されます。)

 

 

現在

(成年)

4条 年齢二十歳をもって、成年とする。   

 

という内容から、

 

改正(2022年4月1日から)

第4条 年齢18歳をもって、成年とする。

 

 ちなみに「18歳成人一期生」は現在の中学3年生です。今月いよいよ高校受験が待ち構えている彼らは、入学した高校に在学中ですでに「成人」してしまう事になります。

 

 う〜ん、自分自身の高校生時代を思い返すと・・・いいのかな?成人しちゃって? と思わずにはいられませんが、世界標準を考慮すると「そんなもの」らしいのです。

 

 

そしてもうひとつ、改正の重要なポイントとして結婚できる年齢が現在の女性16歳・男性18歳から男女とも18歳に統一された事があげられます。

 

・現行

(婚姻適齢)

731条 男は18歳に、女は、16歳にならなければ、婚姻をすることができない。

 

上記のの条文に対して、

 

・改正(2022年4月1日から)

731条 婚姻は、18歳にならなければ、することはできない。

 

という内容に変わります。といっても、それほど大きくは変わらない様な気がしますが、さにあらず! です。

 

 現行法では、民法734条で「未成年者の婚姻については、父母の同意を必要とする」とされています。

 

 そのため、未成年者(20歳未満)が結婚するには「婚姻届」と一緒に、父母が結婚に同意していることが分かる「同意書」を提出、または「婚姻届」の「その他」欄に父母が「婚姻に同意する旨」を記入し、署名押印する必要があります。

 

しかし、改正後の2022年4月1日からは、「未成年者の婚姻についての父母の同意」を求める民法737条は「削除」されます。

 

 これはどういうことかというと、18歳になればお互いの合意のみで結婚できるようになる、ということです。高校生同士のカップルが、3年生になり「成人」した後なら在学中でもお互いの同意のみで「婚姻」する事ができる・・・

 

 現実には、簡単には出来ないと思うのですが、法律的には可能になるという事実が、結婚観というものが時代によって確実に変化している事を物語っています。

 

 今、自分たちの世代が持っている価値観、結婚観がどんなきっかけでガラリと変わってしまうかもしれません。

 

 もしそうなったら、お相手へ求める内容も変わってくるのですから、現在とは異なる「出逢い」もきっと生まれる事でしょう。

 

 

 

お得な結婚式♫あります

私たちマリッジ・クリエイト・ジャパンの所在地である埼玉県川口市は、2019年の「本当に住みたい街 大賞」で堂々の4位でした。
 
過去、あまりそういった評価がされる事がなかった川口市、今年は一体何が評価されていたのでしょうか?
 

 

その評価のポイントはというと・・・

その1. 家族で楽しめる商業施設が充実した街であること

その2.  かつての工業エリアが居住ゾーンとして拡大し、駅前はマンションなどが建ち賑やかになった
 
その3.  平成30年4月1日川口市は中核市に移行したこと。
 
その4. 東京駅までJR京浜東北線で23分と都心へのアクセスが良いこと。
 
その5. 川口駅西口側に約3万㎡の公園があるなど緑のスペースづくりが行われ、潤いもある街に変身している・・・
 
 
その他にも魅力がたくさんの川口市が、この度5月に予定されている新庁舎の開庁を記念して面白いイベント(?)を催すのでご紹介します。
 
それは、「川口市が主催する結婚式」。出来たばかりの新庁舎へ婚姻届を提出するだけでも、新しい生活の門出として記念になると思いますが、それだけではなく新庁舎で結婚式を挙げてしまおう! というものです。
 
もちろん、市が主催するということで結婚式の費用は川口市が出してくれるとのこと。また、式で使用する衣装や小物なども無償で貸与してもらえるそうなので、まさに至れり尽くせり・・・。
 
もちろん、誰でもいいというわけではなく一定の条件の下応募による抽選で1組だけとのことですが、期間中に結婚式ができそうなカップルにとってはとても魅力的なイベントではないでしょうか?
 
 
なお、このイベントに関する情報は下記の通りです。
 
 
日時・期間   令和2年5月24日(日)  10:00~ ※30分程度
 
場所    新庁舎のシビックキューポラやひな壇テラスなど開放的な場所
 
実施形態  人前式
 
列席    30人程度(新郎新婦、司式者、市長、市議会議長、新郎新婦家族・友人など)
 
対象    式当日、新郎新婦のいずれかが市内在住で、結婚後市内に居住するカップル
 
定員    1組 ※決定にあたり事前確認の打ち合わせをします。
 
費用・料金 無料 ※式で使用する衣装や小物なども無償で貸与します。 (衣装協力:ケンナン衣装サロン)
 
川口市の魅力を一緒に発信していただけるかたの応募をお待ちしております。
 
(川口市 ホームページより)
 
 
いかがでしょうか? 市内在住の方や、交際相手が川口にお住まいな場合など、「こんなイベント、やるみたいだよ!?」とさりげなく話題に挙げるのは、一歩先の関係を意識するためにも良いと思いますよ。
 
 
ちなみに応募の締め切りは今月の17日となっていましたので、本気で気になるカップルは今すぐ川口市役所へお問い合わせくださいね♫
 
 

飛躍の年へ!

あけましておめでとうございます。

 

 本年も埼玉県・川口の結婚相談所「マリッジ・クリエイト・ジャパン」は皆様の婚活を精一杯応援いたします!  

 

 今年のお正月は天気も良くて、今年一年の目標や計画を前向きにイメージ出来たのではないでしょうか? そして、婚活においては暖かくなってくる3月、4月に活動を決意される方も多いもの。

 

 ただし、相談所での活動をお考えの方は、入会手続きやプロフィール撮影などに結構時間がかかる事を知っておいてほしいのです。

 余裕を持ったスケジュールで臨まないと、せっかく連休が続く5月初旬に「準備」に手間取ってお見合いが組めていない・・・そんなことも考えられます。

 

 ですから、数ある相談所の中からご自身に合いそうな相談所を探して、早いうちに何箇所か決めて「無料相談」を受けてみてください。きっと、感覚的に「ここだ!」と感じられるところが見つかるはずです。

 

 相談所を決めるまでに3週間、手続きとプロフィールの準備などで、1ヶ月なんて「あっというま」に過ぎ去ってしまいます。

 

だから、年明けで今年の目標を立てたなら即行動していただきたいのです。全て前倒しで動いておくことで、心に余裕を持って活動をスタート出来るものですから。

 

 

 活動中の会員の皆様、そして今年こそ婚活をスタートしたい、と年頭に決意された皆様におかれましても、今年一年が「飛躍の年」となります事を、当所のカウンセラー一同、心からお祈り申し上げます。