確定申告の時期ですが・・・

 年末からお正月にかけて、いつもイヤイヤ汗やっていることがあります・・・。それは、確定申告の準備です。毎年マメにまとめておけばよいものの、つい溜め込んでしまった領収書の束を確認しながら会計ソフトに入力し始めるのがその時期なのです。

 

 そんな中、カフェやホテルのラウンジで発行してもらったレシートの数々を見て実感したのが、

 

「たくさんお茶を飲んだなぁ〜」・・・ではなく、

「本当にたくさん、人と会って話をしたな」ということです。

 

 仲人カウンセラーとして無料相談や会員様との定期面談などは、ほとんどがカフェでお茶を飲みながら行うため、自ずと飲むお茶の数も多くなるのは当然・・・大事なのは、どの様に会員様とコミュニケーションを深めていくか?ということです。

 

 入会を検討中のお客様へ接する際には、相談所での活動のメリット、デメリット両面をしっかりとお伝えしようと心がけているのですが、最初は緊張からか「言葉少なめに」お話をされる方が多いものです。

 

 おそらく、「結婚相談所の無料相談だから、強く入会を勧められるんだろうな・・・」と警戒されているはずですし、初対面の私たちに対していきなり心を開けるはずもありません。

 

 でも、そんな緊張するお客様が話す際に、選ぶ言葉や私たちへの接し方など、初対面での印象はとても大切な情報を含んでいます。

 

 初めてお会いするお見合い相手にどんな表情で、どんな言葉遣いで接するのかが「私たち自身で体験できる」のが、この「場」なのです。

 

 それは、その後その方が入会して下さった際に、どんなお相手を薦めるべきか? そして何を伸ばし、何を変えていった方が良いのか?

 

 そういった活動の方針を立てるのに重要な判断材料となってくれるのです。

 

 そして、活動がスタートするまでの準備期間でもなるべく会ってお話をする機会を多く設けるようにしています。例えば、プロフィールの写真撮影でスタジオに同行したりもします。

 

 私たちとの待ち合わせで時間通りに会えるか? どんな表情で、どんな声で挨拶をするのか、歩く姿や店員さんとの会話など・・・全てが貴重な情報なのです。

 

 会員様の事をよく知り、私たちの考え方や人間性も知ってもらうためには時間がかかるものですが、用事が終わってからのお茶の時間に何気ない会話をたくさん交わす事で、お互いに信頼関係が築いていけるのです。

 

 そして、その方の人付き合いの距離感や感性を掴み、お相手との交際時には適切なアドバイスをするのが私たち仲人カウンセラーに期待されている事ですから。そのためには、お茶の10杯や20杯なんて・・・決して手間を惜しむことはしませんよ! 

 

 だからこそ、こう思う事にしています。毎年確定申告の時期にカフェのレシートの束と格闘するのは、「仲人としてしっかり仕事をした証だと」・・・それはそれで幸せな事だと思います。