住みたい土地のイメージ

先日、所用で出かけたのが「サンリオ・キャラクター」の聖地、多摩センターでした。この地域は大学も多く、若者や若い世帯も多く住んでいる印象です。

 

また多摩地域の交通の「要」である立川から多摩モノレールで一本、そして私鉄の京王線、小田急線も乗り入れており交通の便も良いところです。

 

個人的にも馴染みの深い多摩センターですが、この日は「多摩センターこどもまつり」が開催されていて、パルテノン多摩へ向かう道には多くの露店が並んで多くのフアミリーで賑わっていました。

 

今日5月5日は「こどもの日」ですし、ここ多摩センターには「サンリオピューロランド」もあって連休のお出かけにはうってつけなわけですね〜♬

 

そんなファミリーで溢れる多摩センターでしたが、結婚して新居を構えるとしたらどんな所が住みやすいのでしょうか?

当所の会員様の多くがお住いの東京都下にスポットを当てて調べてみました。

 

その結果、意外だと思われるかもしれませんが京王線沿線の「仙川」の人気が高いようです。聞いたことがない、という方もおられるでしょうが一体なぜでしょうか?

 

理由としては、まず交通の便が良い事。京王線沿線は言うに及ばず、国道20号線が並走していて少し走れば環状8号線と交差するなど、電車と車両方の便が良い事。

 

 

次に、駅前商店街に加えて高級スーパーや温泉施設もあり、様々なライフスタイルに対応できる懐の深さもあります。また、カフェもたくさんあったり楽しい生活をイメージしやすい地域といえるでしょう。

 

次に人気なのが中央線沿線の「阿佐ヶ谷」です。近所の高円寺は若者に人気の街として良く登場しますが、30歳前後の新婚夫婦の年齢層にマッチした落ち着いた雰囲気の街として、地味に見えても注目する価値のある街です。

 

長いアーケードに多くのお店が軒を連ねる商店街にも活気があり、新宿まで10分という立地も好条件です。

 

最後にご紹介したいのは、やはりここは外せない「立川」です。交通の便の良さは4路線の乗り入れがある事でいうまでもありません。そして通勤で都心へも、休日のレジャーで郊外にも・・・どちらに向かうにしても都合が良い、ここ「立川」は結婚後の生活の幅がぐんと広がります

 

そして「住みたい街ランキング」の上位ランク常連の「吉祥寺」や、大学の誘致など再開発で大きく街のイメージが変わってきた「北千住」なども上位に名を連ねています。

 

独身時代に、新婚で、子育てなら、老後には・・・と人生の様々なステージで住みたい場所も変わってくると思います。

 

その時々に一番住みやすい土地は変化していますので、情報収拾は怠らないようにしたいですよね!  

 

「一緒に生活したい場所」のイメージを、お相手といつでも話し合える様に、しっかり準備しておきましょう。

PageTop