梅雨が明ける前に!

最近はブログを書いていて「梅雨」とか「ジメジメ」といったワードばかり出番が多くなってしまいます。だから気分を変えるために、「夏」を先取りした内容でいきたいと思います。

 

婚活においては気分も開放的になれる「夏」だからこそ、積極的にアクションを起こしたいですよね〜! そんな「夏の婚活」では、婚活パーティーやお見合いなどで何を着ていくとお相手からの印象が良いのか? と、女性ならば誰でも悩むと思います。

 

女性のファッションは男性と違って、スカートなのかパンツスタイルなのか、それともワンピースがいいのか?などと選択肢が多いものです。

何を選べは良いのか? と悩みはつきず、暑さや湿気で汗もかきやすいためそもそも夏の外出自体が苦手・・・という方も多いかもしれません。

 

でも男性からしてみれば、たとえ厳しい季節にでも、「ファッションを楽しむ心の余裕」が持てる女性というのは、魅力的に感じられるものです。だから、ダルい〜アツい・・・と言わずに、ポイントを押さえてファッションを楽しみましょう。

 

そんな訳で「これならば大外れは無し!」という「夏の」婚活ファッションをご紹介します。


まずは重要な要素である「色」についてですが、どんな色がいいの〜? ズバリ、水色などの「涼しげ」や「爽やか」といった印象を持たれる色は暑い時ほど好印象を与えます。

 

また、パステルカラーなら、ピンクなどの暖色系の色でもそれほど暑苦しい印象にはなりません。男性受けの良い、ある種「定番」ではありますが「婚活の場」での効果は保証されていますので、あえて外す必要はないでしょう! 

 

 

同様な理由で、素材感も軽やかに見える素材が良いでしょう。シルクとか、シフォンなどの柔らかい雰囲気が男性の心をグイッと掴みます。

そして、暑いからといって過度に露出が多いのは婚活の場では適しません。特に婚活の場で肌の露出が多いと、「男慣れしている」と受け取る男性も多いのです。

 

異性の目を引く事だけにとらわれず真剣に恋愛、結婚を意識する場にふさわしい節度を持った服装を意識しましょう。

 

もちろん、肌を露出するのが全ていけない訳ではないので、スカート丈、胸元の開きなどは「爽やかさ」を与えられるかで判断しましょう。

 

また、アクセントとしてアクセサリーを身につけることは女性らしさをアピール出来て効果的ですが、あまりハイブランドのものを揃えて身につけると、結婚後の金銭感覚のギャップを心配されたりと、過度なものは禁物と心得ておいてください。

 

とにかく、夏の婚活ファッションでのキーワードは、「爽やか」「清潔感」「涼しげ」です。ぜひ梅雨が終わる前に、ご自身が自信を持ってお相手に会える服を探してみてください♫

 

 


 

PageTop