量産型より「専用」であるべきです!

最近「量産型〇〇」という言葉、良く聞くんですけれど・・・調べてみました。あれ? アニメの「機動戦士ガンダム」などに出て来る量産型のモビルスーツ的なニュアンスのようで、ある意味「そのまんま」の意味でした。

 

主人公メカのような際立った個性がなく、その他大勢として描かれてしまう没個性な存在・・・それを「女子」というワードにくっつけるって、どうなんでしょうか? 「量産型女子」

 

どこにでも居そうな・・・いや実際に、街で観察していると本当に同じようなメイク、フアッションの若い女性で溢れていますね〜! そんな量産型女子ですがたしかに皆可愛らしい「雰囲気」で、集団で行動しているのを見るとみんな同じように可愛く見えるのも「量産効果」の一つらしいです。

 

SNS世代の特徴である、「みんなと一緒なら安心♫ 」という気持ちや、お互いを「可愛い〜!」と褒めあっている彼女たちの姿は、何というかピンク色の「雰囲気」に包まれているかのようなを覚えるほどです。

 

しかし、女性同士の集団から一歩離れ、一人の女性として男性と付き合う時にはその「量産効果」が足かせになることもあるようです。

「あのグループにいつもいる彼女、ええと何ていう名前だっけ・・・?」

といった風にしか、男性から認識してもらえないと寂しいものですよね。

 

そこで男性の気持ちをぐっと引き寄せる「何か」というのは、量産型の仮面を取り去った後に現われる「個性」なわけですが、ご自身の個性は常日頃から意識していないと、すぐに表現が出来ないものです。みんなとの差別化のために用意する「個性」ではなくて、

「これがあるから私は他の誰とも違う「私」であるんだっ!」 

というものを、常に研ぎ澄まして胸の奥にしまっておきましょう。

 

そして、婚活をしている女性たちは活動中の多くの場面で、「相談所の指導」による男性の好むファッションにならざるを得ません。

中には、普段の自分は滅多に着る事のないような「婚活ファッション」を纏った彼女たちは、「量産型婚活女子」などと言われてしまう事も・・・

 

しかし、男性だって「スーツ一辺倒」なのでよっぽど「量産感」が強いのも事実です。お互いに没個性な第一印象のお見合いの場で当たり障りのない会話を度々することに、意味を感じられない場合もあるでしょう。

 

でも、男性も女性も「私は結婚を望んでこの場所に立っています」「自身をさらけ出して真剣に臨んでいます」という意思を持って活動していればこその「スタイル」なので、安心感にも繋がっていることを忘れてはいけません。

 

でも、「もっと本当の私を知って欲しい」アピールしたい! と思うのも当然です。そんな方のためにIBJのシステムではアピールフォトをアップロードする事ができるので、日頃の「趣味活」やプロフィール写真とは違った貴方の「魅力」も発信できるのです。

 

もちろんお相手候補のフォトも見る事ができますので、今は使っていない機能だけど・・・という方も一度トライしてみてくださいね! 

 

婚活においては、「量産型」であって良いはずはありません。お互いに、「専用」の存在になっていきたいハズですから! 

PageTop