乗り切ろう! 今年の「熱帯夜」

先日からいよいよ夏の気候になってきましたね! 最高気温は都心でも35度を記録するほどの暑さがやってきました。婚活で毎週末朝から頑張っている皆様にとっても辛い季節となりました。

 

気分の方は開放的になるので、出逢いにとっては良い条件なのですれど・・・如何せん、体力面で辛いです。継続していく事が求められる婚活を、夏の間もしっかり続けていくためには何に注意したら良いのでしょうか?

 

 それはズバリ「睡眠」です。

 

良い睡眠は熱帯夜の続く季節にはとぉ〜っても貴重です。熱帯夜の定義というと、夜間でも25℃を下回らず明け方まで高い気温が続く状況を指します。下手をすれば夜でも30℃に達することも...それは寝苦しいですよね。

 

しかし、寝苦しさの原因は「暑さ」だけではないようで・・・やはり「湿度」も深い関わりがあり、高い「湿度」が夜通し続くとベタベタと不快感が続き、「快眠」を遠ざけてしまうのです。

 

また、高い気温が続くと体温も高い状態で安定してしまい、快眠に重要な副交感神経が優位に働かなくなってしまいます。だから寝苦しさも倍増なわけです。

 

そんな辛い熱帯夜でも「快眠」を得るために、「絶対してはいけない眠り方」があります。

 

それは、布団に入る前にエアコンで部屋をキンキンに冷やすこと。眠ってしまえばあとは気にならないと、先考えないタイマーのセットの仕方も良くありません。

 

文明の利器である、エアコンさえあれば万事OK〜!と思ってしまいがちですが、それは危険です。エアコンに依存するだけではない、効果的な方法があるのでご紹介します。

 

それは、自身が体感する温度を下げる、というものです。

 

どういう事?かというと・・・通常は眠りにつく時から徐々に体温が下がっていき、目覚めの時は体内も冷えているものなのです。しかし、熱帯夜の場合は外気温が高いままのため、いつまで経っても体内の温度がさがりません。

 

それが「寝苦しさ」を生んでいるので、それを逆手にとってはどうでしょうか?

 

それは眠る前に38度くらいのヌルめのお湯に浸かって、「身体の温度を引き上げてしまう」というもの。外気温より高く身体の温度を上げてから布団にはいる事で、「涼しいと感じる状態」で眠りに入る事が出来れば「快眠」が得られるでしょう。

 

ちょっとした工夫で、暑さによる体調不良から身を守る事が出来るなら、実践してみても損はありません。なにより、せっかく気分が開放的になる「夏の婚活」を体調不良が理由でお休みしてしまっては勿体ないですからね! 

 

 

 

 

 

PageTop