選別より感じ取って欲しいのです

婚活中の皆さんは、お相手を探すのに「プロフィール」を頼りにしていると思います。

 

そこに記載されている情報を見て、ご自身で決めた条件で何万人もの登録会員の中から条件に合う人を選別する、という方法は確かに効率的かもしれません。

 

ただ、あたかも条件によって選別された先に残った中から結婚相手を選べば安泰...という思い込みは危険です。

 

作業として「検索結果の中からさらに条件を絞る」という事を繰り返していると、作業の先に結果が保障されていると錯覚しがちなものです。

 

しかし、本来望ましいのは、人と人が感性を働かせてお互いに「ご縁キラキラを感じ取れるやり方...。

 

データのマッチングを否定するつもりはありませんが、プロフィールの見方が表面的であったり、先入観を持ったりするのは、せっかくのご縁のチャンスを失ってしまいかねません。

 

多少条件が合わなくても、何か気になる記述があったらお会いしてみると良いと思います。

 

 

 

プロフィールシートにある、多岐にわたる条件の「平均点」がちょっとくらい高いよりも、お互いに「一つ」だけでも魅力が際立っている・・・そんな要素があれば、実はそこから強く惹かれ合う事もあるものです。

 

「欠点と美点」は際だったものでもいい、何故ならそれらは表裏一体であるという事はとても多いものです。

 

今までいろんな人と会ってきたけど、決め手がないまま時間ばかり過ぎてしまった...そんな方は、もう一度「感性」を活性化してから、新たな視点でお相手選びをしてみませんか?

 

ぜひとも常々意識していただきたいのは、数々のお相手候補を「選別」するのではなく、「ご縁キラキラをプロフィールシートから感じ取ることです。

 

いくら、効率的だからとはいえ「消去法」では幸せな結婚を手にすることは難しいのではないでしょうか?

PageTop