まわりを気にすることなかれ

「〇〇って、婚活してるんだって?」と同僚や友人たちに冷やかされる、そんな自分が「カッコ悪い」なんて思って居ませんか?

 

周りの同性の友人たちは結婚に興味がない人ばかりだとしたら、こんな心無い言葉を投げかけられることもあるかもしれません。でも、それはその人たちの想像力がないだけです。

 

まさかその人たちは「一生結婚しないで過ごす」と決めているわけではないはずです。「そのうちなんとかなる」と、まるで他人事のように考えているからそんな言葉が出てくるのでしょう。

 

きっとその友人たちは、わざわざ婚活をしなくても、そのうちいい人に出会えるだろうと思っているのかも?

 

でも、人生を共に過ごせるようなお相手に出会うことは、決して簡単ではありません。だから、周りの雑音なんて気にしている暇はないのです。

 

自分の人生の重要なターニングポイントで、わざわざ他人の意見に振り回される必要は全くありません。

 

そう、すべては自分の人生のため。そして、婚活をすることでいつもの生活環境では出会えない人、思想、価値観に触れる機会をたくさん持つことができます。

 

いろいろな生き方を知ることで、自分の生き方についてもじっくり考える機会となります。自分を客観的に見ることが求められるのも、婚活の良いところです。他人からどう見られているか? そして、どうしていけば良いのか・・? 

 

他人の意見に耳を傾ければ、必ず周りからの貴方の評価は上がります。そして、それが自覚できれば自信を持って他人とコミュニケーションがとれるようになってくるもの。

 

良い循環を作って人と触れるスキルをちょとづつあげていけば、異性からも意識されるようになりますよ。

 

そんな貴方の姿を友人たちが見たら、きっと婚活に向き合わなかったことを後悔するはずです。でもその時には、貴方はずっと先を走っているのです。

 

 

PageTop