振り回されることなかれ

来月の今頃はクリスマス・・・・えっあと1ヶ月しかないの? そうです。婚活パーティーなどもクリスマスまでにお相手をゲットだぜ〜! という感じで、開催の告知なども盛んになってきます。

 

「聖なる夜に運命の出会いを・・・キラキラなんて、街もクリスマス一色になったイブ当日に開催されるパーティーは実に「ロマンチック」なイメージですよね! 


でも、クリスマスイブ当日に開かれる婚活パーティーって、実際はどうでしょうか? どんな人が集まってくるのか、少し不安な気もします。

 

というのも、もともとお相手のいる人は参加しないし、直前まで頑張ってお相手が出来た人もクリスマスイブの婚活イベントには参加しないでしょう。となると突発的に「その気」になったというタイプの人か、「直前まで頑張ったけど結果が出ない」という人が集まりがちです。


男性側の体験談などを調べてみても、クリスマスイブ当日の婚活パーティーで魅力的な女性に出会えることは少ないようでした。話をしてもイマイチ盛り上がりがない、表情が暗い・・・そういった人たちが多いようです。


どうしてなんでしょうか?それは、女性特有の行動パターンによるものだと考えられます。

 

 

クリスマスイブに向けて婚活パーティーなど、出会いの場が賑わいを見せはじめます。すると女性たちは

 


「今(1ヶ月前)には動き始めないと、今年もクリボッチ〜(怖)」と思うのです。

 

 

「クリスマスイブの婚活パーティーで運命的な出会いをして・・・」なんて想像するのは男性「脳」の思考で、女性はこう考えるものです。「初対面の男性とある程度仲良くなるためには、最低でも1ヶ月前くらいは必要」だと。

 

標準的なイメージはこうです。婚活パーティーで出会う、初デートで様子を見る、2回目のデートで距離が縮まる、3回目のデートで告白される・・・というもの。


大抵の女性は、これくらいのペースで「コト」進めて欲しいと思っています。女性は男性のように「一瞬でMAXまで好きになる」わけではありません。じわ〜っと、時間をかけて相手の男性について知っていき、そして「好き💕」になっていくものなのです。これも、女性「脳」の仕組みなのです。


そんなわけで、女性がクリスマスイブに恋人をゲットしようとすれば「一ヶ月先」を考えるわけです。だから、今、行動を起こしている女性は、きっと「クリスマスイブを一緒に過ごせる相手」を探しているはずなので立候補する男性は「心して」かかりましょう。

 

これからの一ヶ月間は、女性たちが積極的にパーティーへ参加する時期というコトで、競争も激しくなっていきます。今週末がダメでも来週末があるさ! それでもダメなら、その次で・・・ついには「駄目もと」でクリスマス当日のパーティーに賭ける・・・。

 

すこしでも早く「お相手が欲しい」という気持ちは良く判りますが、「婚活」においては、あまりクリスマスに振り回されないように一歩引いた目で楽しむのが大事だと思います。

 

 

 

 


 

 

PageTop