過去よりも未来を・・・

今回は幾度となく(?)語っている「男性と女性の違い」についてのお話です。男性のみなさんは婚活をしていて、こんな経験はありませんか? 

お見合いで、女性と楽しく会話が出来ていて「今回のお見合いは大成功だな♫」と思っていたのも束の間、お見合い後にすぐ「お断り」の連絡が・・・。

 

「一体何が起きたの? 」と、男性はきっと訳がわからないかもしれません・・・しかし、これには理由があるのです。このパターンでは、男性特有の「自分語り」が過ぎてしまっていた事が原因だと思います。

 

というのも、男性は昔の自慢話とか武勇伝を語るのが大好き! なものです。過去、すごい体験をした事や趣味や仕事での実績を、気になる異性に知って欲しいのです。

 

もちろん「婚活の場」であるからには、「そこそこ」はアピールしておかなければならないのですが、その範囲の内容ならば「プロフィールシート」に書いてあれば、それだけで事足りてしまうもの。

 

それでも、お相手の女性が「聞き上手」だったりして「上手〜く」質問をしてくれたり、「凄いですね!」とか褒めてくれるもので、つい気分が良くなって語り続けてしまうのは注意しなければなりません。(慣れている女性は実に自然に振舞います。たとえイヤイヤでも・・・?)

 

良く言われる事ですが、男性は「女性にとって最初の男キラキラになりたくて、(その女性に自分より以前の男の記憶は要らない!) 女性は「男性にとって最後の女ラブラブになりたい、(その男性の未来はいつも自分がそばに居る!) と思っているものです。

 

これをもっと違う言葉で表現するならば、男性は過去のことへと、女性は現在と未来のことに目が行きやすい、こだわるといえるでしょう。

 

話は戻りますが、男性が過去の話を延々としてしまうのは、まさにこういった性質によるものです。これは、自分の事だけに留まりません。

 

お相手の女性についても、過去の事に興味を持ちます。しかし、なかなかお見合いの場で女性の過去について質問をするなんてマナー違反だと感じている人も多いため、つい自身の過去にスポットライトが当たってしまうのです。 (女性は全く興味がなかったとしても・・・)

 

自分が、過去どんな女性と付き合っていたか? などといった、「過去の恋愛バナシ」を延々としてしまうのは、緊張から話題が見つけられない事もあるでしょう。

 

しかし、何度も言うようですが、女性はそこまで男性側の過去の婚活話などを聞きたいとは思っていないのです。

 

それでは反対に、女性はその時にどう考えているのでしょうか?女性は男性とは反対に、現在と未来の出来事に興味を持つというのは先ほど述べましたが、それを当てはめてみると? 

 

「過去はすごかったみたいだけど、現在はどうなの?将来性は・・・?」というのが女性の聞きたい本当のところでしょう。

 

そして、その思考は近い未来の想像だってしちゃいます。「今このお見合いが終わったら、違う女性とのお見合いが控えているんじゃないの?」と・・・。

 

だから、お見合いの後は交際を希望するなら少しでも早くお返事をしないと、他にお見合いを組んでいると思われてしまい、いざ交際に入ってからも不信感をもたれてしまうので男性はご注意を!  

 

「今日の女性は素敵だったなぁ〜💕」などとお見合い後、帰宅してからのんびり余韻に浸っている場合ではないのです。

 

男性と女性が同席していても、それだけ考えている事が違うのです、男性はできるだけ女性の思考に寄り添って、今目の前のことや、これから先のことを話題にあげて女性の興味を満たしてあげてください。

 

 

 

 

PageTop